隙を作ってあげる女の強さ

2017年08月04日 18時31分48秒 | 日々の日記
渋谷区・港区あたりをメトロで移動していますが、仕事終わりでバッチリ着替えてこれから遊びに行きまぁす!という格好の29歳位の女性2人組がいます。なんというか、隙が感じられ、妥協はあるかもしれないけど彼女たちはきっとパートナーを得るだろうなと。
男は、良いなと思えた女性を見つけても、正面突破できる人だけではありません。むしろ真逆でたいていの男性は否定に弱いもの。がんばって声をかけたのにそっけない態度だったら嫌だなとかグルグル考え声をかけられない訳です。(愛情くんは見た目はやや草食みたいですが余裕で正面突破できる貴重な男子です(笑)もじもじする友人や部下のために何回女の子を「調達」したことか(笑))

だから結婚したい女性は、答えは簡単です。
毎週金曜夜にクラブやバーなど出会いを求めて男女が集まる場所に、ちょっと隙のある雰囲気で遊びに行けば良いのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 育児で大切だと思うこと | トップ | 霧雨の中の、フェルマーの最... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しつこくコメント載せて申し訳ないのですが (ようすけ)
2017-08-05 13:26:44
同僚や後輩のために、女の子を調達してあげるのは、他の男性にはなかなかできないことです。僕もある先輩から、1度していただいたことがありましたが、本当に感謝しました。今でもその恩を忘れられないでいます。その先輩は、女性の扱いがうまく、女性に困ったことなど1度もありませんでした。男から見ても、いい男でしたね。
しかしたいていのモテる男は、「女を紹介してくれ」、などと頼んでも、「男なら自分で見つけろよ。」で終わってしまうもの。(本音は紹介したくないだけなのです)
だからこそ、愛情くんは、できる男なのですね。なお、これは仕事面でも大いに活用されたらいいです。愛情くんに嫉妬したり、意地悪する先輩(IT化についていけず、お荷物状態の50代後半の男性陣やあこぎな派閥争いに明け暮れた団塊世代ではないかと推測します)にも恩をしっかりと売っておけば、愛情くんの存在がなくてはならないものになり、彼らも妨害しにくくなると思います。僕もこの手を職場で使っています。
Re:しつこくコメント載せて申し訳ないのですが (愛情くん)
2017-08-08 00:04:21
なるほど。恋愛などの技術を、仕事のおじさんたちに応用すれば良いのですね。試してみます。

思うのが、仕事での否定は、向き合った真剣な時間や仕事のセンスへの否定ですが、恋愛での否定は、自分の存在そのものへの否定のため、よりきつく感じるのかなと。
でも失敗をたくさん乗り越えた人はやはり魅力的なので、私もその域に行きたいです。
もっと修行します(笑) (^ ^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。