年上の女性の記憶

2017年05月15日 15時11分02秒 | 日々の日記
先ほど都内のある場所を通り過ぎた際、(DeNA現会長?の南場さんの表現を借りますが、)場所自体が記憶のアイコンとなり、ふと、愛情くんが20歳位の学生の頃に出会った、17・18歳位年上の女性のことを思い出しました。
世界的に評価されていた仕事をされていた、愛情くんが尊敬していた人経由でわざわざまた会いたいと連絡があり、その女性とお会いしました。
どんな店で会ったか、何を話したかも覚えていませんが、はっきり思い出したのは、その女性がしきりに愛情くんと結婚したがったことでした。かなり年上でしたが美人な人で、招かれたその女性の都心の新しいマンションも、良い香りがした記憶があります。楽しそうに働かれていて、今思ったのが、ご実家が裕福なお嬢様だったのかなと。または、この子(愛情くん)は将来稼げるかまだ分からないけど私が最初は何とか出来るし子供を作って育てていくうちに稼ぐ様になるでしょうと考えていたのかもしれません。

懐かしい記憶です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 二人目のご依頼 | トップ | 愛情くんの偽物にご注意ください »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。