審査の厳しさについて

2017年05月03日 20時13分09秒 | 日々の日記
愛情くんは精子提供に際し国内でも有数の審査の厳しさを設けています。それは経験則に基づく、同じ失敗を絶対に繰り返さない決意です。
せっかく私を頼ってくださった女性を突き放したい訳では決してなく、むしろ優しく歓迎させていただきたいのですが、ある一線は冷徹に引いておかないとお互いが破滅してしまうこともあり得るため、今年に入ってから、互いのためにあるご判断の領域を設けています。
どうしてもその内容に理解が難しい方は、他の提供者の方を頼っていただくなど、他の選択肢を選んでいただいています。



更新が連続110日を超えました。
これが出産のご成功につながるとか、重要な何かの指標と連動する訳ではありませんが、前もって下書きしておいての予約投稿も確か15回以内で、本当にその日にいつもblogを投稿していましたので、継続させる力や忍耐力、仕事への力は証明できたかなと思います。たった110日の間でも、結構色々な出来事が本当は起こっていました。皆様にはその様なことは微塵も感じさせなかったと思います。なぜなら私は精子提供の「プロ」ですから^^
皆さんに光を感じていただくことは、私の新たな勇気そのものとなります。自信もまた少し深まりました。

これからもこのblogを読んだどなたかに、一筋の光を感じていただけることがありますように。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« へとへとくたくた | トップ | GWな一日 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の日記」カテゴリの最新記事