覚悟ある医師の強さ

2017年07月16日 18時51分36秒 | 日々の日記
最新のプロフェッショナルで、生体肝移植の医師の話を観ました。毎回書いている様な気もしますが、涙がたくさん出ました。(本当にこの番組はファイトの源です。)
1歳の赤ちゃんの手術に失敗した時、親から胸ぐらをつかまれ、助けてくれるって言ったじゃないかと言われ、何も言えなかったそうです。
それから毎日、勉強を重ね、8時間など長時間の手術の後も手書きの記録と反省を重ね、術後生存率90%かつ術数世界一の医師となったそうです。
世界一になろうが、毎回手術の前に、ロッカーに飾ってある亡くなった子たちの写真に手を合わせ、力を貸してねと祈ってから、手術に臨むそうです。

これがプロですね。
血のにじむ努力があって初めて、本当のプロになれる。
ICUや緊急を要する外科が全てと思いませんが、愛情くんは、覚悟ある医師を尊敬しています。

愛情くんも人からここまで頼りにされるプロになっていきたいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 僕はやるぞ | トップ | 選択的シングルマザーについ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。