空と君との間に

2016年11月02日 19時16分15秒 | 日々の日記
中島みゆきさんの「空と君とのあいだに」のカバー曲が流れていて、心にしみわたりました。

君が笑ってくれるなら
僕は悪にでもなる

その通り。
愛情くんも優先順位が明確な時、社会通念はあっさりと破るでしょう。捨てる時ははっきり捨てます。
法律は守りますが意図して、解釈で許されるギリギリの灰色を選ぶことはあります。
きれいごとを述べる人々は、突き詰めると、その人たちにとって本当は大切な存在なのに、それらを何も守れていないことを実感することを何度か体験しました。

社会的に叩かれる悪を選んでもどうしても守りたいことや存在、価値観はあると、愛情くんは思うのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 20歳の頃のことと、今のこと... | トップ | 焦って強引な女性には提供い... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の日記」カテゴリの最新記事