遊び・おもちゃの工夫

2017年04月04日 19時00分00秒 | 日々の日記
お金なんてかけなくても、楽しい遊びはたくさんしてあげられます。

まず、お風呂に空のペットボトル。これは鉄板ですね。浮力ロケットの完成です。ごぼごぼごぼ〜発射!
赤ちゃんはキャハキャハ喜ぶでしょう。

あと、晴れた公園の芝生で素足で歩かせます。イチロー選手は確かお父さんが毎日の様に足の裏をもんであげていたのでしたよね。

それから、男の子なら、晴れた日に最寄りの駅に入場券で入って、端っこで30分、行き交う電車の往来を眺めると、顔に出さなくても心は大はしゃぎでしょう。できれば地下鉄でなく、地上の路線が良いですね。ラッキーな時は車掌さんが手を振ってくれるかもしれません。

砂場では、少し成長した月齢なら宇宙開発ネタを話題にしてあげても良いかもしれません「ぎゅりぎゅりぎゅりり〜 キュリオシティ(NASAの火星探査機)だよこれは!」とか。穴を深く掘ると水が出てきたりしますので「マリアナ海溝だぞー」とかも楽しそうです。
そういえば、つくばのJAXAに行けば千円位で歴代のロケットや実験棟きぼうのツアーも回れたはずです。直通バスやTXで東京とも近くなりましたよ。※HPで確認してくださいね。

女の子なら◯◯ごっこですね。この遊びは脳をたくさん使うそうで想像力がつくそうです。レストランのお客さんとウエイトレスさんごっこも良いと思います。
あとは、

男女問わず、じじばばに郊外の牧場に連れて行ってもらっても良いでしょうし、丘でピクニックだってハッピーです。

良いデザイナーや高級なメーカーの高価なおもちゃを与えなきゃとか、パパがいなきゃダメなんてことはありません。確か尾木ママが言っていましたが、体験が豊かなら豊かな心の子供になる、経済的な豊かさによる体験だけじゃないと。親の想像力の高さや、何事も前向きに楽しもうとするその姿勢そのものが子供に垂直に伝播するのだと思います。ダメなのは、お金がないからと、スマホやタブレットを与え、いつも室内で遊ばせること。お金は関係ないです!仕事の疲れや今日は肌寒いな、とかちょっと面倒でも少しの踏ん張りで外に連れて行ってあげましょう。大人は子供の太陽であってあげたいです。

女性1人でもできる、子供の体重を使った遊びもたくさんありますよね。紹介本は書店に行けば雑誌も含めていくつも出ています。
天才を創るかは特に3歳までが勝負と思いますが、10歳位まで身体的な能力や知力は良い刺激を与えてあげればいかようにでも開花するでしょう。

仕事のタイミングさえ合えばの約束ですが、ご依頼者様親子から強い要望があれば、半日のキャンプファイヤーなどはぜひしてあげたいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ノブレス・オブリージュ | トップ | 結婚は万能ではない »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。