I'm yours (僕は君のものさ)

2017年06月15日 20時50分08秒 | 日々の日記
黒人の友人(または仕事の関係のつながりの人)の影響で、聴き始めた曲です。
南の島の白いビーチの、穏やかな夕暮れのさざ波の中ウクレレが聴こえてくるような曲調で、のんびりゆったりしたい時にオススメです。
愛情くんはものすごく仕事で殺気だった時に、深呼吸して心を鎮めるために聴いていています。

とってもハッピーで、良い曲です。


I'm yours(youtube)

歌詞



以下、上記サイトの翻訳と歌詞のまま引用させて頂きました。
---
Well you done done me and you bet I felt it
君には本当に参ったよ、君もそれに気づいてるでしょ
I tried to be chill but you're so hot that I melted
冷静さを保とうと頑張ったけど、君があまりにも情熱的すぎて僕を溶かしてしまったのさ
I fell right through the cracks, now I'm trying to get back
全く気づかなかったけど、今は平常心を取り戻そうと必死だよ

Before the cool done run out I'll be giving it my bestest
冷静さを全て失う前に全力を尽くすよ
And nothing's going to stop me but divine intervention
神の干渉以外には何も僕を止めることはできない
I reckon it's again my turn to win some or learn some
また僕の番が来たみたいだ、何かを勝ち取るか、じゃなければ何かを学ぶための

But I won't hesitate no more, no more
でも僕はもうこれ以上躊躇ったりはしない
It cannot wait, I'm yours
もう待てないんだ、僕は君のものさ

Well open up your mind and see like me
さぁ心を開いて、僕みたいに見てごらん
Open up your plans and then you're free
やりたいことを始めてみなよ、そうすれば自由になれるよ
Look into your heart and you'll find love love love love
自分の心を覗いてごらん、そしたら見つけるだろう、愛を

Listen to the music of the moment people, dance and sing
今この瞬間に生きる人々の音楽を聞いてごらんよ、踊って歌って
We're just one big family
僕たちは一つの大きな家族なのさ
And it's our God-forsaken right to be loved loved loved loved loved
そして神に見捨てられた僕たちには愛される権利がある

So I won't hesitate no more, no more
だから僕はもうこれ以上躊躇ったりしない
It cannot wait, I'm sure
もう待てないんだ、確かだよ
There's no need to complicate, our time is short
複雑に考える必要はない、僕たちの時間は限られているから
This is our fate, I'm yours
これは運命で、僕は君のものさ

D-d-do do you, but do you, d-d-do
But do you want to come on
こっちに来ないかい?
Scooch on over closer dear
お尻を少しこっちに近づけて、ディアー
And I will nibble your ear
そしたら僕は君の耳を少しかじるよ

I've been spending way too long checking my tongue in the mirror
僕はあまりにも長い間、鏡の前で自分の舌をチェックしてた
And bending over backwards just to try to see it clearer
もっとよく見ようと後ろに大きく反り返って
But my breath fogged up the glass
でも自分の息で鏡が曇ってしまったのさ
And so I drew a new face and I laughed
だからそこに新しい顔を描いて、僕は笑った

I guess what I be saying is there ain't no better reason
たぶん僕が言いたいのは、これ以上にいい理由はないから
To rid yourself of vanities and just go with the seasons
うぬぼれや虚しさから脱出するためにはただ季節の流れに身を任せ過ごす
It's what we aim to do, our name is our virtue
それこそが僕たちのすべきことで、僕たちの名前が美徳なのさ

But I won't hesitate no more, no more
でも僕はもうこれ以上躊躇ったりはしない
It cannot wait, I'm yours
もう待てないんだ、僕は君のものさ

(I won't hesitate)
Open up your mind and see like me
心を開いて僕みたいに見てごらん
(No more, no more)
Open up your plans and then you're free
やりたいことを始めてみなよ、そうすれば自由になれるよ
Look into your heart and you'll find that the sky is yours
自分の心を覗いてご覧、そしたら空が君のものだって気づくから
(It cannot wait, I'm sure)

So please don't, please don't, please don't
だから、決して、決して
(There's no need to complicate)
There's no need to complicate
複雑に考えすぎないで
(Our time is short)
'Cause our time is short
僕たちの時間は限られているから
(This is our fate)
This is, this is, this is our fate
これが、これが僕たちの運命
I'm yours
僕は君のものさ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 初めての方へ | トップ | ご面談しました »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。