風なくとも香る花こそ愛調和

神は愛、愛は調和、調和こそ人間の本性

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

胡散臭いもの

2017年07月01日 | 助言
自分の我欲を満たすために
他人を自分勝手に利用しておいて
自分だけ幸せになることはできない。

そのことを自分事として
本当に理解している人は
そう多くないのではないだろうか。

愛してる。
大事に思っている。

それで世間は騙せても
神の法則は欺かれない。

絶対にだ。

いくら人の気を弾く言葉を並べ立てても
その言葉に宿る波動は
偽ることは絶対にできない。

たとえそれが愛の言葉であってもだ。

胡散臭いものは
胡散臭さを香らせる。

此の世では
それが真実になるのだから
何が真実かは問われることもなく
埋もれていくばかりとなるのだろう。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 此の世人に笑われようとも | トップ | それが憎しみであっても »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

助言」カテゴリの最新記事