NPO法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター 公式ブログ

東日本大震災から6年。今も孤児遺児応援、石巻市牡鹿半島十八成浜ボランティア等、現在進行形で被災者応援活動を行っています。

追悼式のご報告とお礼

2017年03月12日 12時30分08秒 | 東日本大震災 追悼キャンドル
こんにちは。スタッフ田中です。
昨日は、栄・久屋公園にておこなわれた追悼式典の運営、およびご参列ありがとうございました。
とてもいいお天気で、例年より暖かいスタートかと思いきや、
気温もどんどん下がり、ビル風によってキャンドルの日が消えていき、
とても大変な1日になりました。
追悼式典には1,000人もの方がご参列くださったそうです。
追悼キャンドルは、風が吹くたびに「あ~」とあちこちで声が聞こえ、
消えては灯し、消えては灯しを繰り返しました。
「つけてもつけてもきえてしまって心が折れそうだ」といった方も何人もいらっしゃいました。それほど、灯し続けることが大変な日でした。
その中で、「きっと簡単についてはいけないんだと思うんですよね。みんなで一生懸命灯していかなきゃいけないと思うんです」と話してくださった方がいました。

私たちは、
東日本大震災で亡くなられた方のことを、
今もまだ行方がわからない方のことを、
大切な人やものをを突然亡くした方のことを、
絶対に忘れません。

まだまだ未熟な団体で、皆さんのサポートなしでは活動は成り立ちません。
ご迷惑ばかりおかけし、本当に申し訳ありません。
そして、いつもありがとうございます。
どちらも、たくさん伝えてきたつもりですが、1年を振り返った時、まだまだ全然伝えたりませんでした。
皆さんからいただいたものばかりでした。


日々サポートいただいているボランティアの皆さん、
様々な地域の方が集まることのできる活動場所として、全面的にバックアップいただいている東別院の皆様、
毎年多額の応援金を子どもたちに寄せてくださるリゾートトラストの皆様、
追悼キャンドル製作を応援くださるペガサスキャンドルの皆様、
ここには掲載しきれないほどたくさんの方々に支えられていることを改めて感じた3月11日でした。

これからも、私たちに出来る事を地道に、精一杯努めていきます。
引き続き見守り、支えてくだされば幸いです。

 
 

テレビ愛知 様
東日本大震災から5年 名古屋でも追悼式

中日新聞 様
「できるのは、まず忘れないこと」 中部各地で追悼行事

メ~テレ 様
東日本大震災から6年 名古屋で追悼式 

 

またお写真等、整理出来次第順次更新していきます。

また、現在、第9回でらえぇ~友だちつぐっぺぇ〜最終日の交流を行っています。 会場である東別院さま、ボランティアドライバーのみなさん、最後までよろしくお願いいたします。

ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【追悼キャンドル】積み込み... | トップ | 十八成浜心拾い・心配り&ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。