NPO法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター 公式ブログ

東日本大震災から6年。今も孤児遺児応援、石巻市牡鹿半島十八成浜ボランティア等、現在進行形で被災者応援活動を行っています。

愛知ボラセンの活動予定

宮城県十八成浜ボランティア

■旅行内容:宮城県十八成浜ボランティアツアー
■日程(予定):以下の日程で調整中です。
  7月14日(金)~16日(日)
  9月15日(金)~17日(日)
  12月8日(金)~10日(日)
■主催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)
■旅行代金:20,000円
■食事:SAにて購入 ※活動日(2日目)昼食お弁当有り
■最小催行人数:35名
■お申込み(株式会社 中部キャラバンHP):http://ccc.sc/?catid=2&itemid=13
■協力:特定非営利活動法人 被災者応援愛知ボランティアセンター

ワンコイン・サポーターズ事務作業

4月22日(土)13:00-16:00 東別院第一和室
5月27日(土)13:00-16:00 東別院第一和室
6月17日(土)13:00-16:00 東別院第一和室

愛知ボラセンTV

運営会議

次回会議:未定

東日本大震災犠牲者追悼式あいち・なごや2017

2,500名の皆様にご参列いただき閉会いたしました。 運営協力をいただいたボランティアの皆様、ありがとうございました。


(最終更新日:2017年4月20日(木)

なごみクラフト出店のお知らせ

2017年04月27日 20時54分57秒 | ボランティア
皆様、こんにちわ。スタッフ石田です

4月29,30日10時〜16時の間、に高蔵寺サンマルシェにてなごみクラフトが出店致します

お近くをお通りの際は、ぜひお立ち寄りください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【4/14-4/16】第154回東日本大震災宮城県石巻市十八成浜ボランティア活動報告

2017年04月25日 08時37分31秒 | 宮城県牡鹿半島十八成ボランティア

みなさん、おはようございます。

スタッフ徳倉です!

名古屋では桜の木々が新緑の葉をつけはじめました。

さて、昨年11月ぶりのボランティアバスを出すことができ、無事に活動も終えましたので、

ボラセンの活動を振り返りつつ、石巻の近況も交えながらご報告したいと思います。

【出発式】
久しぶりの出発式、東別院さんをお借りして、参加メンバーを待ちます。
この日はちょうど、花を咲かせた桜が、みなさんを迎えてくれました。
ソメイヨシノはやや葉桜になっておりましたが、アーモンドの花が咲いているかな?
と、みなさんの期待大!
 

 

 

お見送りやお出迎え、そしてバナナを差し入れてくれる、そんな森林を守るバナナくらぶさん。
バナナくらぶさんのメンバーと桜の下で写真を撮影しました。

 

2011年、石巻まで応援物資をトラックとミニバンで向かった第2回東日本大震災ボランティア活動も、桜の下での出発でした。
※2011年4月1日出発式の写真

東別院お茶所から石巻や十八成浜だけでなく、各地の水害や熊本地震など、
この6年で200回を超えるさまざまな出発式が行われ、バスが出発し、活動を行ってきました。
もちろん名古屋での活動も行っております。

受付の様子です。愛知ボランティアセンターは、ひとりひとりのボランティアをしたいという気持ち。
そして、一歩を踏み出して、参加してみた人に支えられております。
また、年齢制限はなく、「被災者の方のお役に少しでも立ちたい」という気持ちが大切になります。

 出発式、自己紹介で、お互いの顔と名前、そして参加する動機など一言お話いただきます。

そして、バスへ乗車します。

12時間かけて、宮城県石巻市へ

途中、2時間ごとの休憩をします。

【石巻市市内へ】 

朝日が眩しいですが、最後の休憩ポイント春日PAで1枚。
いよいよ石巻市市内へ入ります。

 

石巻市内も様子が変わってきています。
しかし、これは本当に最近の話です。
門脇地区、新しい防潮堤が工事されていました。
また、復興公営住宅らしきアパートメントも完成しておりました。

【がんばろう石巻の看板前にて】
少し場所が移されていたがんばろう!石巻の看板。

地震や津波、それにともなう火事で犠牲になられた方を悼みます。

【牡鹿半島へ入り、十八成浜へ】

憩いの家に到着!…ではなく、くぐなり会館の前へバスは停車しました。
恭一さんの熱いハグで、出迎えられました!

そして、朝のミーティングが始まりました。

恭一さん、邦子さん、ぬまくらさん、めぐろのご主人、ぶんごさん、ふきこさん、
ひでおさん、と十八成の方の温かいお出迎え!
そしてそして、若いAさんファミリーが十八成浜へ最近移住をされてきました!
新しい家族が十八成浜に増えましたね!お出迎えに来ていただき、本当にありがとうございます!
赤ちゃんって本当にかわいいです。

そして、小学生の時から、参加している華ちゃんのヴァイオリン演奏。
十八成浜の方がこの朝が一番集まるということで、演奏をしていただきました。
華ちゃん、高校生になり、とてもとても素晴らしい演奏、言葉にならない本当に涙が出てくる演奏でした。

いつもお出迎え、お見送りに来ていた川端さんが天国から見守ってくれているのかななんて思いながら、
華ちゃんも、川端さんのためにと演奏をしてくれました。

2011年11月 仮設住宅の集会所で演奏する小学生の華ちゃん

 

【活動開始!】

今回は、「桃源郷プロジェクト~アーモンド園整備~」「心配り・心拾い班」と分かれて、活動を行います。

「桃源郷プロジェクト~アーモンド園整備~」の班

なんと、アーモンドは花を見事につけておりました!
 

恭一さんの指示に従いながら、
アーモンドの樹々に肥料をつけたり、これから夏にかけての草ぬきのために、石拾いを行いました。
ひとつずつ、丁寧に、すこしでもアーモンドが大きくそだつように。
また、斜面の山桜の方も整備を行っていきました。

中には、こんな大きい石も…

ヤマザクラのところも、整備しました。

【心配り・心拾い班】
復興住宅ができてから、初めて。そして久々の心配りで1つずつお宅を訪問いたします。
留守も多かったですが、くぐなりニュースをポストインし、来たことをお知らせしております。
また、家族のことや近況を、堰を切ったようにお話をされる方や、
「一人暮らしが不安なの」と独居の不安を語るかたなど、さまざまな方がおりました。
また、島岡さんは古沢地区へ。久々の再会に、みなさん心から喜んでおられました。

「孤独死を出さないお手伝い」から「孤独死を出さない活動」をしなければならないと、強く感じる部分を
代表とともに持ちました。

 

【くぐなりの様子】
しばらく、かえっていない方もいらっしゃるかと思い、十八成浜の先週の様子を写真でお届けします。

大嵐山仮設住宅は、「関係者以外立ち入り禁止」のロープが。

 

県道二号線は、橋が仮のものに付け替えられていた。満潮と重なると波しぶきが道路に被ることは減ったかもしれない。

この橋脚に、本橋がつけられる予定である。かなりの大きさである。

十八成浜でも防潮堤の工事が始まっている。

復興住宅を降りていくと、海が見える。

【邦子さんの命の語り合い】
朝「ひとりでも、聞いてくれるひとがいれば私は話します。」 と、邦子さん。
東日本大震災が起きた、その時の話。避難所時代の話。思い出したくないことも、あるけれど、
「助かってほしいから!」と、魂を込めて語ります。
はじめて聞く方、久しぶりに聞く方、、邦子さんの語りは、すっと心に入ってきます。
今回も、本当にありがとうございました。 

【活動を終えて】
感想交流の中で、とあるボランティアさんが
「ヤマザクラの高い斜面から見た時、オレンジのビブスが見えて、それが希望の火種のように見えた。これを失くしてはいけない。」
 とおっしゃていることが非常に印象的でした。
 十八成浜は、県道二号線の工事を主に、トラックも頻繁に出入りし、新しい街になろうとしています。
毎日移り変わりゆく十八成地区を見ながら、住民の皆さんは、どのように思っているのか。
愛知ボランティアセンターは、「仮設住宅から孤独死を出さないお手伝い」から「復興住宅から孤独死を出さない活動」へとシフトする必要があります。
復興住宅ができて、なお今まで培ってきた活動のノウハウが活かせると思うのです。

6年経ち、十八成浜の方々だけでなく、ボランティア参加者の生活スタイルも変化していることと思います。
しかし、6年を経ても初参加の方も見えます。
まだ、これから復興に向けてやることはたくさんあります。

これからもボランティア活動参加者を募り、十八成浜へ帰っていきます。

「ただいま!!」「いってきます!!」の関係が、ずっと続くように。

参加された方、お迎えお見送りの方、バナナを差し入れてくれた森林を守るバナナくらぶさん、
十八成浜の方、東別院さん、中部キャラバンさん、鯱バスさんと様々な方に、御礼申し上げます。

ありがとうございました!!!!

【集合写真】

【おまけ】
恭一さんが「アーモンドの実」をプレゼントしてくれました。
 

 


ちなみに…

次回以降は、以下の日程で調整しております。

■旅行内容:宮城県十八成浜ボランティアツアー
■日程(予定):以下の日程で調整中です。
  7月15日(土)~17日(月)
  9月16日(土)~18日(月)
  12月8日(金)~10日(日)
■主催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)
■旅行代金:20,000円
■食事:SAにて購入 ※活動日(2日目)昼食お弁当有り
■最小催行人数:35名
■お申込み(株式会社 中部キャラバンHP):http://ccc.sc/?catid=2&itemid=13
■協力:特定非営利活動法人 被災者応援愛知ボランティアセンター



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安城市で、被災地ボランティア活動支援事業開始! 

2017年04月12日 16時33分30秒 | ボランティア

久田です。

安城市の寺部さんから、安城市民の皆さんへ朗報をいただきました。

今年の4月15日から、安城市では災害ボランティア活動をする市民の方々に助成金が出ることになりました。
これまでは災害直後の助成はあったと思いますが、
今回の安城市の助成は、今の東日本大震災、熊本地震のボランティア活動にも適用されます。
したがって、愛知ボラセンの今週末の十八成ボランティアも対象になり、15,000円の助成金が出ます。
詳しくは安城市役所HPをご覧いただき、安城市役所でご申請ください。
因みに寺部さんは、助成第一号とのことです。 

私としては、他の団体とも話し合い、愛知県内の他の自治体でも同様の助成がでるような活動をしていきたいと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【十八成浜ボランティア】引き続き募集しています!! & 【運営会議】次回日程のお知らせ

2017年04月09日 10時02分04秒 | 東日本大震災犠牲者追...

こんにちは。スタッフ田中です!!

十八成浜ボランティアバスの出発が決定しましたので、

次回運営会議を、バスが帰ってきた16日(日)10:00-12:00に東別院の大会議室にて行います!!

追悼キャンドル・追悼式の総括、今後についてのミーティングです。

ボランティアバス参加者の皆さん、バスのお出迎えを頂く皆さん等、是非ご参加いただきご意見を頂戴できたら嬉しいです。

お力添え宜しくお願い致します!!!

 

また、今週末14日(金)に出発するボランティアバスのメンバーを引き続き大募集しております。

予定が空いたよ!!という方、悩んでいて参加を見送っていた方、

今からでもお申込みいただけます。

 

次回ボラバス予定は当面ありません。(秋に出せたらいいなぁ~と思っています)

できるだけ多くのメンバーと一緒に十八成浜へ帰りたいと思います。

もちろん初参加の方も大歓迎です!!

当日の活動内容はこちら→http://blog.goo.ne.jp/aichiborasen/e/9e63c615a95fc6afc98f24f02ba9cbe1


■旅行内容:宮城県十八成浜ボランティアツアー
■日程:4月14日(金)~16日(日)
■主催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)
■旅行代金:20,000円
■食事:SAにて購入 ※活動日(2日目)昼食お弁当有り
■最小催行人数:35名
■お申込み(株式会社 中部キャラバンHP):http://ccc.sc/?catid=2&itemid=30
■協力:NPO法人 被災者応援愛知ボランティアセンター

 

■集合場所 東別院境内 お茶所(〒460-0016 名古屋市中区橘二丁目8-55 東別院)

■時間 

受付 18:00~18:15 ※受付時間に間に合わない方は、080-4530-3117までご連絡ください。

自己紹介 18:15~18:30

出発式(事前説明) 18:30~18:45

バスに荷物詰め込み 18:45

東別院バス出発   19:00


■持ち物・服装

・活動中の飲み物
・小雨や雪が降った場合に備えての、フードつきのジャンパー
・雨具(傘・合羽・長靴)
・軍手(必須)

・帽子(必須)
・日焼け止め等
・長靴(必須)

・バス中履き替えようのくつやスリッパ(必須)
※長靴が汚れた際はバスに持ち込めません。
 活動中の服装は、怪我等を防止するため、長袖長ズボンが必須です。
 動きやすい格好でお越しください。
 ご用意がない方は、活動にご参加いただけない場合がありますのでご了承くだ さい。
 ※作業後の着替えは可能です。

■保険に関して

保険未加入は大変危険です。

任意加入ではありますが、お近くの社会福祉協議会にてボランティア活動保険の加入を推奨いたします。

※29年度になったため、ボランティア保険は改めて加入が必要です。お気をつけください。

名古屋市16区社会福祉協議会の所在地についてはこちらでご確認ください。→http://www.nagoya-shakyo.jp/16ku/16ku_list.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月14日~16日 十八成ボランティア実施しますが、まだ申込みは25人です。

2017年04月03日 11時35分13秒 | 東日本大震災犠牲者追...

代表の久田です。

見出しの通りに、来週の十八成ボランティアは実施することにしました。

しかし、4月3日(月)午前11時現在のお申し込み人数は、25人です。
最低催行人数の35人には、まだまだ達してはいません。
が、あと10日間に10人増えることに賭けました。

今回、十八成へのボラバスを出せないとなると、
これから先、ずっとボラバスを出せないのではないかという不安が私にはあります。

アーモンドはちょうど咲きそうな感じです。
復興住宅での心配り・心拾い活動は、十八成復興住宅の皆さんにはとても大切な活動だと思っています。

どうぞ、ご参加くださいますようお願いします。

 

概要

■旅行内容:宮城県十八成浜ボランティアツアー
■日程:4月14日(金)~16日(日)
■主催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)
■旅行代金:20,000円
■食事:SAにて購入 ※活動日(2日目)昼食お弁当有り
■最小催行人数:35名
■お申込み(株式会社 中部キャラバンHP):http://ccc.sc/?catid=2&itemid=30
■協力:NPO法人 被災者応援愛知ボランティアセンター

お申し込みは中部キャラバンさんのサイトからお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

活動予定カレンダー