NPO法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター 公式ブログ

震災から5年を迎えた今も、孤児遺児応援、石巻市牡鹿半島十八成浜ボランティア…、現在進行形で被災者応援活動を行っています。

愛知ボラセンの活動予定

宮城県十八成浜ボランティア

■旅行内容:宮城県十八成浜ボランティアツアー
■日程:4月16日(金)~19日(日)
■主催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)
■旅行代金:20,000円
■食事:SAにて購入 ※活動日(2日目)昼食お弁当有り
■最小催行人数:35名
■お申込み(株式会社 中部キャラバンHP):http://ccc.sc/?catid=2&itemid=30
■協力:NPO法人 被災者応援愛知ボランティアセンター

ワンコイン・サポーターズ事務作業

3/25(土)13:00-16:00 東別院第一和室

愛知ボラセンTV

運営会議

次回会議:未定

東日本大震災犠牲者追悼式あいち・なごや2017

2,500名の皆様にご参列いただき閉会いたしました。 運営協力をいただいたボランティアの皆様、ありがとうございました。


(最終更新日:2017年3月17日(金)

公益財団法人 大和証券福祉財団様より助成金をいただきました!!

2017年03月21日 16時23分12秒 | でらえぇ~友達つぐっぺぇ笑顔プロジェクト
こんにちは!田中です★

一応、ここだけなおしました。
ブログ直す?
今日は朝から公益財団法人 大和証券福祉財団様の助成金贈呈式に行ってきました!!!



東日本大震災から6年経ち、助成金を出してくださる企業様が少なくなっている中、
被災地ではなく名古屋で活動する私たちに助成していただいたこと、感謝しかありません。

また、お話の中で、
たくさんの団体がいる中、これからも続けて活動していける団体か否かを基準に助成をしたと伺いました。

企業様や、ボランティアさん、サポーターさんの
たくさんの信頼や期待を裏切ることなく、
これからも精一杯、被災地の応援活動を続けていきます。

引き続き応援よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東日本大震災犠牲者追悼式あいち・なごや2017のダイジェスト

2017年03月17日 20時44分00秒 | 東日本大震災犠牲者追...

こんばんは。スタッフ田中です。

愛知ボラセン、カメラマンの智恵さんが、東日本大震災犠牲者追悼式あいち・なごや2017のダイジェスト

を作成してくださいました!!

当日会場に来られた方も、来られなかった方も、是非ご覧ください。

 

■ダイジェスト動画

https://youtu.be/zKvnzsNCfrw

 

 

テレビ愛知 様
東日本大震災から5年 名古屋でも追悼式

中日新聞 様
「できるのは、まず忘れないこと」 中部各地で追悼行事

メ~テレ 様
東日本大震災から6年 名古屋で追悼式 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十八成浜心拾い・心配り&アーモンドお花見&アーモンド苑整備ボランティア参加者募集(4月14日~16日)

2017年03月15日 17時02分15秒 | 宮城県牡鹿半島十八成ボランティア
代表の久田です。

3月11日に開催しましたあいち・なごや追悼式。
終日では2,000人近くの方々にお越しいただき、犠牲になられた方を追悼することができました。

愛知ボラセンでは、10月末から約4ヶ月間、毎週金曜、土曜、日曜に追悼キャンドルを製作し、
久屋大通公園でキャンドルの灯をともすことができました。
製作日数約60日、のべ約1,000人もの方々が心を込めて一本ずつ手作りしたものです。
 

十八成浜復興住宅にお住まいの阿部邦子さんが、3月13日のフェイスブックで以下のような投稿をされました。
 
29年3月13日
6年が過ぎたのか・・・・・ピンとこない
ふり返ってみればあっという間だったような気がする
避難所時代 とにもかくにも忙しかった
仮設住宅時代 住民たちに仲間意識があった
そのどちらの時も 愛知ボランティアセンターが寄り添ってくれていた
今 高台住宅  仲間意識はかなり希薄になっているような気がする・・・
こんな時 『心配り班がいてくれたらな』と思ってしまうのは甘えでしかないのだろうか。
被災者同士は自分の辛さは話しにくい
辛いことは話すことによってかなり緩和できる。
6年たとうと心の中の固まりはまだみんな抱いている。
「生き延びてしまってよかったのだろうか」と呟く人さえいる。 
「もう6年もたったのに」 
その6年は 被災者にとって決して癒しを得られる6年ではなかったということなのだ。 
避難所時代 仮設住宅時代 愛知ボラセンがどれだけ力をくれたことか。 
仮設住宅時代 心を閉ざしていた住民が 
心配り班の人たちと笑顔で話している光景は 美しかった。
まさに 一枚の絵画だった。
日中 独りで家にいると 話し声ひとつ聞こえない高台住宅団地。 
荒野にでもいる気分。 
そこにまた さわやかな風を吹かせていただけたら 本当に嬉しいんだけどな・・・・・
寒い夜の独り言。
 
 

昨年6月に復興住宅が完成しました。
それから9ヶ月。
復興住宅に住む方々の集まりはほとんど開催されていません。

4月14日~16日開催する予定の第154回ボランティアでは、
復興住宅にお住まいの皆さんへの心配り・心拾い活動も実施します。
これまでに心配り活動に参加された皆さん、出番です!
6年たった被災者の声に耳を傾けたいと思っている皆さん、その機会です!

第154回東日本大震災被災者応援ボランティアを以下の日程で実施します。

【第154回東日本大震災被災者応援ボランティア概要】
【活動内容】
 十八成浜のアーモンドの開花は、例年通りとすると4月10日すぎころ。
 そこで、この時期にあわせて、アーモンドの花見と、
 復興住宅での心配り・心拾い活動
 そして、恭一さんたちと、アーモンド苑の整備をします。
 

【日程】
1日目
 18:00 東別院・境内 お茶所(おちゃじょ)集合
 19:00 出発【バス】途中サービスエリアでトイレ休憩、車内泊
2日目
 8:30 十八成浜着 終日活動:昼食弁当
 17:00 出発【バス】途中サービスエリアでトイレ休憩、車内泊
3日目
 7:30 東別院着

【旅行詳細】
・期間
 4/14(金)〜16日(日) 0泊3日
・旅行代金
 20,000円
・食事
 2日目弁当のみ
・最小催行人員
 35名
・貸切バス会社名
 鯱バス又は同等クラス
・協力
 NPO法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター

・旅行企画・実施
 株式会社 中部キャラバン
 愛知県知事登録旅行業第 2-882号
 日本旅行業協会正会員
 総合旅行業務取扱管理者:渡邉 修
 〒465-0025
 名古屋市名東区上社2-172
 TEL:052-771-5171
 FAX:052-771-5174
 

お申し込みは中部キャラバンさんのHPからお願いします。

追伸
 アーモンドの花の写真を探すために、ずいぶんたくさんの写真を見ました。
 亡くなった方もいらっしゃいます。
 すてきな笑顔もたくさんあります。
 がれきも・・・
キャンドルも・・・
 いろいろなことを思い出し、涙ぐみました・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

追悼式のご報告とお礼

2017年03月12日 12時30分08秒 | 東日本大震災 追悼キャンドル
こんにちは。スタッフ田中です。
昨日は、栄・久屋公園にておこなわれた追悼式典の運営、およびご参列ありがとうございました。
とてもいいお天気で、例年より暖かいスタートかと思いきや、
気温もどんどん下がり、ビル風によってキャンドルの日が消えていき、
とても大変な1日になりました。
追悼式典には1,000人もの方がご参列くださったそうです。
追悼キャンドルは、風が吹くたびに「あ~」とあちこちで声が聞こえ、
消えては灯し、消えては灯しを繰り返しました。
「つけてもつけてもきえてしまって心が折れそうだ」といった方も何人もいらっしゃいました。それほど、灯し続けることが大変な日でした。
その中で、「きっと簡単についてはいけないんだと思うんですよね。みんなで一生懸命灯していかなきゃいけないと思うんです」と話してくださった方がいました。

私たちは、
東日本大震災で亡くなられた方のことを、
今もまだ行方がわからない方のことを、
大切な人やものをを突然亡くした方のことを、
絶対に忘れません。

まだまだ未熟な団体で、皆さんのサポートなしでは活動は成り立ちません。
ご迷惑ばかりおかけし、本当に申し訳ありません。
そして、いつもありがとうございます。
どちらも、たくさん伝えてきたつもりですが、1年を振り返った時、まだまだ全然伝えたりませんでした。
皆さんからいただいたものばかりでした。


日々サポートいただいているボランティアの皆さん、
様々な地域の方が集まることのできる活動場所として、全面的にバックアップいただいている東別院の皆様、
毎年多額の応援金を子どもたちに寄せてくださるリゾートトラストの皆様、
追悼キャンドル製作を応援くださるペガサスキャンドルの皆様、
ここには掲載しきれないほどたくさんの方々に支えられていることを改めて感じた3月11日でした。

これからも、私たちに出来る事を地道に、精一杯努めていきます。
引き続き見守り、支えてくだされば幸いです。

 
 

テレビ愛知 様
東日本大震災から5年 名古屋でも追悼式

中日新聞 様
「できるのは、まず忘れないこと」 中部各地で追悼行事

メ~テレ 様
東日本大震災から6年 名古屋で追悼式 

 

またお写真等、整理出来次第順次更新していきます。

また、現在、第9回でらえぇ~友だちつぐっぺぇ〜最終日の交流を行っています。 会場である東別院さま、ボランティアドライバーのみなさん、最後までよろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【追悼キャンドル】積み込みを終えました!!

2017年03月10日 23時35分36秒 | 東日本大震災 追悼キャンドル
こんばんは。スタッフ田中です!

本日19時半〜追悼キャンドルの積み込みを行いました。


寒い中駆けつけてくださったボランティアの皆さん、ドライバーさん、
立ち会ってくださった東別院石原様、
本当にありがとうございました。

明日は9時に久屋公園へ集合し、皆で作った追悼キャンドルに火を灯します。

会場へ来ることが出来ない方も、14時46分に黙祷していただければと思います。


東日本大震災から間もなく6年。
愛知ボラセンは絶対に6年前の3月11日を忘れません。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

活動予定カレンダー