あいち沖縄会議

「普天間基地」撤去~辺野古に新基地いらない~
定例街宣~第3日曜日栄スカイル前にて午後4時から~

5.1集会 すごい盛り上がりでした! ありがとうございました!

2016-05-01 | イベント報告

5月1日の集会のクライマックスの様子です。
どなたかが、ユ―チューブに上げて下さいました。

 

辺野古ラインダンス_名古屋、光の広場2016年5月1日
https://www.youtube.com/watch?v=BTqSKMgp_Jg

まさに、名古屋で「ゲート前」を再現。
名古屋でもできる! 全国でできる!

ビデオを見て、元気になりましょう! 

なお、本日話題の売り切れとなったパンフレットは、
「辺野古土砂搬出反対・全国連絡協議会」(阿部悦子、大津幸夫仮共同代表)
のものです。


辺野古の新基地建設を許さない! つながろう愛知から 集会・ライブ・デモ

山城博治(平和運動センター議長)

ミスター・ゲート前
山城博治さん(平和運動センター議長) 


 

「辺野古の新基地を許さない!つながろう愛知から」集会アピール

 

 

 

私たちは本日、非暴力で辺野古・高江の工事阻止を、力強くリードし続けている山城博治氏を迎え、「辺野古に新基地を造らせない!高江にヘリパッドを造らせない!」と、決意を込めて、連帯集会を開催しました。 

辺野古では、安倍政権の圧政が、海上保安庁や機動隊の暴力となって立ち現われ、辺野古新基地建設反対を訴える市民に襲いかかりました。 

しかし、ゲート前でごぼう抜きされる市民の代わりに、ブロックを積みあげて抵抗するなど、辺野古の現場では知恵を尽くした粘り強い闘いが政府を追い詰めました。 

そして、地方自治法の手続きを鑑みることなく、強権的代執行訴訟に出た政府を、司法がたしなめ、裁判の「和解」で埋め立て工事は法的根拠を失い、政府は工事中止を余儀なくされています。 

それにも関わらず、安倍政権は「和解」後、すぐに「辺野古が唯一」と強弁し、沖縄の民意に耳を傾けようとはしません。しかも、こともあろうか、政府は、熊本地方の地震被害への対策にかこつけて、「災害対策基本法」をよそに、人々の人権と自由を圧殺する「緊急事態条項」の制定に言及し、憲法を改悪し、ファシズムによる国家統治への道を急いでいます。 

既に沖縄では、海兵隊による抑止力の嘘や地政学上の戦略的矛盾を突き、経済的基地依存の誤解を解いて、辺野古を唯一とする政府の非合理で根拠薄弱な「安全保障」を指弾し、保革を超えた、オール沖縄で闘いの体制を築いています。そのことは今、戦争法廃止の闘いを進める私たちにも、大きな展望と勇気をもたらしています。 

辺野古埋め立ての土砂採取場となる鹿児島県奄美大島や瀬戸内海各地では「それぞれの故郷を守ろう!」と土砂搬出をゆるさない環境団体や市民が立ち上がり、辺野古の護岸工事の土台となるケーソン製造現場のある三重県からも声があがり、沖縄と本土の現場を繋いだ連絡会も発足しています。

私たちは今こそ立ち上がり、沖縄を含めたオールジャパンの力で辺野古の新基地建設を断念させ、戦争法(安全保障関連法)を廃止へ追い込み、参議院選挙に勝利して、安倍政権から立憲主義を取り戻すまで、全国と連帯して戦い抜きます。

以上、ここに決議します。

2016年5月1日  「辺野古の新基地を許さない!つながろう愛知から」集会参加者一同


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つながろう愛知から 集会・... | トップ | 辺野古のケーソンを作らせな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。