あ・い・べ・や

サヤコのたわごとブログ・・・。

星奏学院祭5①

2016-09-18 13:58:34 | ライブ・イベント
遅ればせながら、星奏学院祭5に行ってきました!
千秋楽以外の3公演に参加しました。
今回の公演は、ドラマパートやバラエティーコーナーが順番に繋がっているので、コーナーごとにコメントしていきます。



【ドラマパート】
週末合奏団にクラ男(クラシック男子)コンサートへの出演依頼が来たということで、そのコンサートで演奏する順番で、ドラマパートで主役となるアンサンブルのお話しになるのですが。
練習中に色んな課題やハプニングが待ち受けています。

最初の1日目昼公演は東金、天宮、響也のアンサンブル。
1番目の演奏ということで、観客を惹き付けるパフォーマンスをしようということになりまして。
神南ズみたいな甘いセリフを、天宮と響也が猛特訓することになります。
東金先生はハリセンを手にスパルタ(?)指導。
響也は恥ずかし過ぎてツラい状況、天宮は棒読み(笑)
でも最後はそれなりに成功してました。

次の1日目夜公演は律、火積、土岐のアンサンブル。
ゲームの4にもありましたが、土岐は他の熱血2人組のハードな練習を嫌い、二人が気持ちよく弾けるように、実力を出さずに二人に合わせた演奏をします。
それを東金が他の二人に指摘して、何とか3人の気持ちを一つにしなくちゃ、ということで、みんなで何故かカレーを作ることになります。何とかそのお陰かどうかは定かじゃないですが、最後はまとまったかな。

次の2日目昼公演は大地、八木沢、七海のアンサンブル。特にケンカしなさそうな3人ですが、どんなトラブルが起こるのかと思いきや。
七海が八木沢と長嶺が一緒に何かを話してるのを見て、長嶺が八木沢を脅してアンサンブルを壊そうとしていると勘違いしてしまいます。
その後で、今度は長嶺と大地が親しそうに話しているのを見かけて、大地が長嶺の仲間になったと、またまた盛大な勘違いをして、夜も眠れないほど悩んでしまいます。そのせいで、リハで倒れてしまいます。
大地は長嶺の参考書を通りすがりに拾ってあげて、自分も同じの使ってるんだ、みたいな話をしてただけで、名前も知らないレベルなのですが。
そして長嶺が壊そうとしているのは、吹奏楽部のことだった…という真相をようやく知り、七海は何とか立ち直って、アンサンブルは成功しました。

そして最後の千秋楽。冥加さん&ダブル水嶋(笑)
どんなカオスだったのか。この続きはDVDで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新作情報! | トップ | 星奏学院祭5② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライブ・イベント」カテゴリの最新記事