相場師朗ブック

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

資金運用商品

2017-07-01 10:29:06 | 日記
そのとおり、第二種金融商品取引業者(一種業者とは業として行う内容が異なる)が独自にファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を開発し、なおかつうまく運営するためには、気の遠くなるほど大量の、業者が「やるべきこと」、そして「やってはいけないこと」が事細かに法律等により定められております。
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった平成22年9月14日、日本振興銀行が破綻(倒産)という事態に陥った。そして、ついに未経験のペイオフ(預金保護)が発動し、全預金者のうちの3%程度とはいえ数千人の預金が、初適用の対象になったのではないだろうか。
原則「銀行の経営というものは銀行自身に信用があってうまくいく、もしくはそこに融資するほど値打ちがない銀行であると審判されてうまくいかなくなる、二つのうち一つである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
紹介のあった、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、健全な運営を続けるためには、大変たくさんの、業者が「やるべきこと」それと、「やってはいけないこと」が法律等により定められているわけです。
たいていの上場している企業であるならば、企業活動の上で、資金調達が必要なので、株式だけでなく社債も発行するのが普通。株式と社債の最大の違いは、返済する義務の有無と言える。
【重要】株式というのは、社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、その株の企業は出資した(株式を購入した)株主に対する返済する義務はないのである。それと、株式の換金方法は売却である。
きちんと知っておきたい用語。スウィーブサービスとは何か?通常の銀行預金口座と証券の取引口座間なら、株式等の購入・売却代金などが自動振替されるぜひ利用したいサービスである。同一金融グループ内での優良顧客を囲い込むための戦略なのだ。
小惑星探査機「はやぶさが話題になった平成22年9月13日、日本振興銀行の経営が破綻してしまった。これによって、ついに未経験のペイオフが発動して、日本振興銀行の全預金者の3%程度、それでも数千人が、上限額適用の対象になったと考えられる。
BANK(バンク)という言葉はイタリア語で机やベンチを意味するbancoに由来している。ヨーロッパ最古である銀行。それは15世紀の初め(日本は室町時代)に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァで誕生し、政治的にも重要だったサン・ジョルジョ銀行という説が有力だ。
この「銀行の経営がどうなるかは銀行自身に信頼があって軌道にのる、もしくは融資する値打ちがあるとは言えない銀行だと判定されて失敗する。どちらかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)
この「失われた10年」→国全体であったり地域における経済活動が約10年超の長い期間にわたる不況と経済停滞にぼろぼろにされた10年を意味する語である。
覚えておこう、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債(国債、社債など)や短期金融資産で運用して利益を求める投資信託のことを指す。気を付けよう、取得からすぐ(30日未満)で解約するような場合、その手数料には罰金分も必要となるという仕組み。
【用語】外貨預金って何?銀行で扱う外貨建ての資金運用商品の一つを指す。円以外の外国通貨によって預金をする事です。為替変動による利益を得られる反面、同時に損をするというリスクもある(為替リスク)。
2007年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行から受けることができるサービスのうちほとんどのものは郵便貯金法(平成19年廃止)の規定による「郵便貯金」の定義による取り扱いではなく、銀行法(1981年年6月1日法律第59号)によって定められた「預貯金」を準拠した扱いのサービスなのです。
多くの株式市場に自社株を公開している上場企業なら、企業運営のための資金集めのために、株式だけでなく社債も発行することが多い。株式と社債の違いは何か?それは、株式と違って社債には返済義務があるということなので気をつけたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経営が破綻した | トップ | 予期せぬ金融機関 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。