相場師朗ブック

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

予期せぬ金融機関

2017-07-01 10:29:33 | 日記
きちんと知っておきたい用語。バブル経済(economic bubble)ってどういうこと?不動産、株式などの市場価格の動きが大きい資産の市場での取引価格が過剰な投機により本当の経済の成長を超過してなおも高騰を続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態のことである。
要は「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」以上、代表的な機能をよく銀行の3大機能と称することが多く、「預金」「融資」「為替」といった業務あわせて銀行自身が持つ信用によってこそ実現できているのだ。
この「失われた10年」が指すのは、国全体とかひとつの地域における経済が約10年の長きにわたる不況と経済停滞に直撃されていた時代のことを指す言い回しである。
【解説】FX:簡単に言えば外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出す比較的はじめやすい取引である。外貨預金または外貨MMFなどに比べてみて利回りが良く、さらには為替コストも安いのがポイント。はじめたい人は証券会社やFX会社で購入できる。
【用語】外貨MMFとは?⇒日本国内でも売買してもよいとされている外貨商品である。外貨預金と内容を比べると利回りが高いうえ、為替の変動によって発生した利益は非課税であるという魅力がある。証券会社で購入しよう。
つまりペイオフというのは、予期せぬ金融機関の経営破綻が原因の破産に伴って、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護対象とされている預金者(法人等も含む)の預金債権に、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度である。
【解説】株式について。債権ではなく出資証券(有価証券)なので、株式を発行した企業は出資した株主に対する返済しなければならないという義務は負わないということ。もうひとつ、株式は売却によって換金する。
多くの場合、株式市場に公開している上場企業であれば、企業の活動を行っていく上で、資金調達が必要なので、株式と社債も発行するのが普通になっている。株式と社債の違いとは?⇒、返済義務の存在なので気をつけたい。
日本橋に本部を置く日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では証券会社等の有価証券などの売買等の取引業務を公正に加えて円滑にし、金融商品取引業界全体の堅調なますますの振興を図り、出資者の保護を目的としている。
実は我が国の金融・資本市場での競争力を強化する為に行われる規制緩和だけではなく、金融規制の質的向上が目標とされた取組や試み等を積極的に実施する等、市場環境及び規制環境の整備が常に進められていることを忘れてはいけない。
タンス預金ってどう?物価が高くなっている局面では、物価が上がれば上がるほど現金はお金としての価値が目減りすることを忘れてはいけない。たちまち生活に必要とは言えない資金であるなら、安全で金利も付く商品に変えた方がよい。
将来を見据えわが国内においては、ほとんどの金融グループは、広く国際的な金融規制等(市場や取引)が強化されることも視野に入れながら、財務体質の一段の改善だけにとどまらず合併・統合等を含めた組織の再編成などに活発な取り組みが行われています。
中国で四川大地震が発生した2008年9月、米国の有数の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが突如破綻したことは記憶に鮮明だ。この出来事がその後の全世界を巻き込んだ金融危機のきっかけになったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ばれることになったと言う事情なのである。
つまりMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債、短期金融資産で運用し利益を得る投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)である。注意:取得からすぐ(30日未満)に解約希望の場合、その手数料には違約金が課せられることを知っておこう。
最近増えてきた、デリバティブって何?従来からの金融取引または実物商品・債権取引の相場が変動したためのリスクから逃れるために完成された金融商品の大まかな呼び名であって、とくに金融派生商品ともいわれる。
相場師朗 うねり取り
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資金運用商品 | トップ | 貴重な外貨建て »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。