カメラが見た素敵な旅路

素敵な旅の記録を皆さんにも少し教えてあげたい・・・!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国旅行~6 宝鶏→西安→上海

2007-09-16 03:09:38 | Weblog

28月25日(土)今日は慌しく移動して最終泊の上海へ。さすが大都会。やっと日本語のテレビも見られるようになったが明日は日本です。
前々回の内モンゴル(フフホト・包頭)、北京、前回の北京、河南省(安陽・鄭州・洛陽・開封)、今回の陜西省(西安・宝鶏・天水)と行く所々で食べ物も違ったが今回が一番淡白で激辛でもなく美味しかった。内モンゴルは羊の肉が中心でちょっと・・・・でした。北の方は寒さのためか油っぽい料理が多かったようです。西安の歓迎宴で素敵な料理を食しました。写真に収めましたが料理名と合っているかな?
広い国なので機会があったら又行きたいです。

 宝鶏青銅器博物館
太鼓・ドラムに歓迎されて再び博物館へ。中国古文字起源金文展を見学。

 漢陽陵博物館
西安咸陽国際空港の近くにある。漢の景帝と王皇后が合葬された陵園。帝陵は副葬坑に放射状に囲まれている。陪葬坑には武士俑・仕女俑・動物俑(豚、馬、牛、羊、犬、鶏)が、ぎっしりと配列されている。地下遺跡博物館でガラスの上を歩いて見学する。残念ながら照明が反射して写真が上手く撮れない。

        
  宝鶏青銅器博物館の歓迎                 金文文字の展示

           
                               宝鶏市内

 
    宝鶏の人々                    漢陽陵帝陵外蔵坑


 
     序言ホールの模型              武士俑群

 
 
    発掘現場                     復元された漢代文吏


 
    陳列品                          出土品

 

 



         selections of eight appetizers


 
  braised shark's fin soup with                            roasted crispy chicken
             crabmeat and chicken     

 
      braised mixed vegetables                               wok fried shrimps
                    with mushrooms                                 with almond sliced

        
          fried rice with seafood                           grand dessert

    steamed “mandarin”fish in soya sauce ?

 

         毎日の食事より

 
       お豆腐料理               青梗菜はよく出ました

 
  麺類は毎回小さな碗で出ます          とうもろこしもよく食べた

 
   魚は大きなものです

 
  しいたけは美味しかった             とうもろこしの定番

 
   金魚の形です

 
  肉は鶏が多い

              
     ビールも多種有り 

 

 
  すいかも毎回です

                                          

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国旅行~5 宝鶏 | トップ | 八尾 おわら風の盆 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL