goo

愛西市は、約9億円の請求をすべき

 ◆3月議会、議案質疑。「交付金、9億円の請求をせよ!」
    (平成18年度予算案について)


 昭和54年から平成15年までの間に、サマージャンボ宝くじの交付金として、受け取れるべき交付金約9億円(私の計算)を、そのまま会費として愛知県市町村振興協会に納めていた問題をとりあげ、振興協会に交付金の請求するよう質問をおこなった。


質問の概要は、以下の通り


議案 平成18年度予算案(事前通告)
●P31 諸収入・雑入・雑入「市町村振興協会新宝くじ交付金」
              「市町村振興協会基金交付金」
      1.愛知県市町村振興協会の交付金と会費等負担金はどうなっているか?
      2.設立からの会費納入の実績と経緯は?
      3.愛西市にとって、どんな役割を担っているか?


    ──────────────────────         
(当日質疑原稿)
1. 縁故債の借入先であり、会員である「市町村振興協会」ですが、平成16年に税務調査で、税務署調査で指摘を受け、また私は、運営に問題が有るのではないかと思っていますので伺います。
  昭和50年代に、宝くじ収益を都道府県と政令指定都市だけが収益金を受け取るのは不公平だという市町村の意見が出始め、昭和54年に市町村が収益金を受取る権利を持つサマージャンボ宝くじを、平成13年からはオータムジャンボ宝くじが出来、これら収益金は按分で一旦都道府県に入り、県議会の議決を得て市町村振興協会に交付されています。
  オータムジャンボ宝くじについては、協会は全市町村に一般財源として配分しており、それが「市町村振興協会新宝くじ交付金」です。
  しかし、サマージャンボ宝くじ収益の交付金は、市町村にほとんど配分されていません。
   そこで、まず1番目に、愛知県市町村振興協会の交付金と会費等負担金はどんなしくみになっているか伺います。
   
2.2点目として、設立からの会費納入の実勢と経緯について伺います。
3.3点目に、愛西市にとってどんな役割を果たしているのか伺います。

再質問1)昭和54年度から平成15年度についても会費を徴収したことにして、今までの基金を会費にあてる手続きを紙切れ2枚で相殺手続きがされているかと思います。市町村に配布すべき交付金の額は、31.17%が市町村分で案分、残りが人口割りですので、愛西市の場合、合併がありましたので、総額9億円から10億円の金額が交付金と会費で相殺されていると思われます。その後もその手続きの仕方は変わっていないと
思います。議会の了解を得ずに、交付金と会費などの相殺ができることは、たいへんな問題と考えますが、現在このような事例はないのか、また、この方法について市長の見解を求めます。


再質問2)次に、公益法人としての内部留保額の問題ですが、「指導監督基準」において、「内部留保」は公益事業の適切かつ継続的な実施に必要な程度とされ、総務省は、県内の標準財政規模の30%以下であることが望ましいとしています。平成15年で計算すると、適正な留保額は約29億円になりますが、実際には、443億円の多額の資産が保有されており、基金でためた資金のうち297億円を市町村に利子付きで貸し付け、残りは国債や愛知県債の購入等に当てています。自ら貯めたお金を利息付きで市町村は借りていることになります。また、愛知県市町村振興協会は、20%を全国市町村振興協会に上納しており、全国で1兆円を越す基金を貯め込んでいます。そこで、市長に伺います。基金を一部残して、市町村に一般財源として配分するよう協会に求めてはどうかと思いますが、市長はどう考えますか?また、この市町村振興協会の基金残高のこ
とをご存じだったかもお伺い致します。


市長答弁:市町村振興会に1兆円ものお金があるということで・・・、勉強していきたい。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

アイアンクレー埋め立て現場に行ってきました

 四日市市が、石原産業の酸化チタン廃棄物「アイアンクレー」の埋立について発表するというので、市民活動の仲間たちと一緒に6カ所の現場を訪れました。

 最初に行ったのは、もう何度も訪れている吉崎海岸の「衛生センター」。この敷地の下には、アイアンクレーが埋め立てられており、あちこちで表面にその姿が確認できました。放射線量は、前回同様、1μSv/hを越え、この数値は、放射能問題で活動している人たちが「測定したら避難する」と決めている数値だそうです。

 その次に行ったのは、すぐ近くのグランド。その上で、少年達が野球を楽しんでいました。アイアンクレー埋立現場には、既に住宅も建っており、その近くの空き地では、アイアンクレーがむき出しになっていました。ちょうど、地域の方が通りかかり、話しを聞くことができましたが、市からの説明会は、区長さんと副区長さんだけが対象。放射能の話しは全くなかったとのこと。安全だとの説明のみ。フッ素はでているそうで、アイアンクレーの成分については、これから調査すると説明があったとのこと。

 正規(?)のにフェロシルトであっても六価クロムが生成されるのですから、私は、化学についての知識はありませんが、フェロシルトと同じ原料が含まれているアイアンクレーなら、六価クロムの問題があるでしょ?と思うのですが、どうなんでしょう?フェロシルトも、調査する場所で検出値に大きな差がありました。きちんとした調査が必要です。

 でも、三重県にどれくらいの現場があるのでしょう・・・。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 2 )