goo

◆厳しい運営~愛西市の国民健康保険加入の約半数が、減免&軽減対象者

 国民健康保険対象者は、高齢化にともない、後期高齢者医療制度に移動する人が増え、対象者が減ってきています。

 しかし、退職者、農業者、個人事業主の方もおおく、所得の低い方々の加入が多い保険です。福祉的要素の大きい国民健康保険の存続をどうしていくのかは、大きな問題です。

今日の福祉消防委員会で質問しました。

みつこ:「保険税を軽減されている人は、全加入者の何%か?」

◆ 答 弁
・ 7割軽減は : 世帯数で18.96% 人数で14.78%
・ 5割軽減は : 世帯数で14.50% 人数で15.20%
・ 2割軽減は : 世帯数で14.50% 人数で15.30%

みつこ:「軽減および減免されている人は、全体の何%にのぼるのか?」

◆ 答 弁
・ 世帯数で48% 人数で45.2%だ

みつこ:「減免・軽減対象者が増えるということは、その不足を補う高額所得者がいないといけない。高額所得者の増減はどうか?」

◆ 答 弁
・ 平成27年度じゃ200世帯、28年度は195世帯と減ってきている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ◆まちづくりの... 6月15日(木)の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。