吹けよ風!呼べよ嵐 2018/JAPAN エターナル速報

現在タイムラインはバックトゥーザフューチャー「3」悪徳商人が鍵を握ってるなんて!破壊と退廃*次元の壁を突き破る意志パワー

トランプ氏、暴露本 ☆米国の闇権力終了までを予測=関ヶ原決戦後〜大阪の陣シンクロ

2018-01-08 20:38:35 | 世界と日本ニュース/多次元パラレル視点と仮説

★「命数を測る」というエターナル究極単語がある。。

世界を闇支配した1%が終了までの期間を計算してみた。

トランプ氏が大統領選挙で勝利した日に、予想。

仮説☆日本雛型論をベースに置く。

それが「関ヶ原」と後日の「大阪の陣」の最終結果までの期間と シンクロしてると仮説をたてた。

現代〜アメリカを再び建国すると 就任式に宣言してたが、内乱状況は たぶん跡を引く、長引くとみて計算した。

その結果は、解釈次第で 416年前の関ヶ原 当時と 現代の 速度差を 考慮し計算。

すぐ わかった。そもそも、アメリカ大統領選挙の当日が2016年11月8日だったかな。

奇しくも 関ヶ原は西暦にすると、1600年10月21日になる。

投票日の2週間前の金曜日、この同日、2016年10月21日に 雌雄を決することは 予測できた。

大統領選挙の勝負は ついた**********

細かい計算とか、日本史との 現代の時間速度倍率を だして 書いた部分が 全部 消えた??

あとで 補足します。

関ヶ原勝利1600年. 江戸幕府開始が1603年.なんと 1615年 大阪の陣まで かたがつかない。

とにかく、大統領選挙当選から、就任式1月20日まで 2ヶ月と少し。

江戸幕府は、関ヶ原勝利から 3年かかってた。だから、関ヶ原から 大阪の陣終了まで

15年かかりで勝利しても なお、ギリギリ勝負での大阪の陣。

つまり トランプ大統領も 当選したもののギリギリの攻防でかかり際どい目にあいながらも、雛型に ある

日本史で 徳川幕府が 確実に成立したのと シンクロする。

江戸幕府開始まで 3年が、トランプ大統領 就任式まで 2ヶ月。

大阪の陣終了まで 15年は、現代時間では 約12ヶ月、1年❗️とみた。

 

ところで奇しくも大統領選挙2016年11月8日から1年後〜。さてトランプ大統領は

どこに居たでしょうか?日本に来日してた❗️実に 最強スケジュールで来日された。と思います。完璧な雛型神事です。7日まで日本滞在し、韓国〜11月8日は中国に居た?この日11月8日→中国、という決定は

NICE👍優れた能力者がいますね。

 

米国に 長年、巣食ってた寄生虫を完璧駆除するためには、体内浄化が必要。国内外のクリーンUP作戦、

 

沖縄~米軍基地で軍機トラブル続出★

いつまでグダグダ抵抗するのか。往生際の悪い旧体制 好戦派。バノン氏も首席補佐官だったのが 立場を追われたとしても、何故 ?旧体制派に 味方してしまう。この際忠臣蔵、武士道

でも学習したほうがいいかと 思います。主君 

に従う。西洋にも、騎士道 精神 があるはずなのに。オカシイ。

にほんブログ村 その他日記ブログ さとり世代へ
にほんブログ村

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

トランプ氏、暴露本に過剰反応=バノン氏は影響力失墜

 【ワシントン時事】トランプ米政権の暴露本「炎と怒り」が予定を前倒しして、5日に発売された。トランプ大統領は取材に協力した元側近のバノン前首席戦略官・上級顧問を非難、著者らに対しては出版差し止めを求めた。過剰反応気味のトランプ氏の対応がかえって注目を集めている。

暴露本、品切れ続出=著者とトランプ氏が応酬-米

 著者のマイケル・ウルフ氏は200人以上への取材を敢行したと主張。内容の一部を報じたニューヨーク・マガジンによると、大統領に当選した夜にトランプ氏が当惑のあまり「幽霊でも見たかのような表情だった」ことなど、内部でしか知り得ないエピソードが多く盛り込まれている。さらにバノン氏は本の中で、トランプ氏の長女イバンカ補佐官を「大ばか者」と酷評している。
 トランプ氏は4日夜、ツイッターで「『インチキ本』の著者に取材は認めていない。ウソばっかりだ」と非難した。
 トランプ氏は、弁護士を通じて出版の差し止めを求めたが、ウルフ氏側は応じない姿勢だ。4日のツイッターで発売前倒しを明らかにし、「あす(5日)になれば読めます。ありがとう大統領」と逆に便乗している。
 一方、暴露本でトランプ氏の親族らを批判し、大統領から「決別」を言い渡された形のバノン氏は、急速に政治的影響力を失いつつある。
 ワシントン・ポスト紙によると、バノン氏の有力支援者とされた富豪のレベッカ・マーサー氏は4日に出した声明で「彼の行動や発言を支持しない」と、絶縁を宣言。バノン氏が会長を務める右派メディア「ブライトバート」の創業者一族も、バノン氏の解雇を検討していると報じられた。
 窮地のバノン氏は4日掲載されたブライトバートのインタビューで、大統領について「偉大な男だ。どこで演説しようが毎日支持している」と持ち上げてみせた。しかし、トランプ氏は4日、記者団に「『偉大だ』とは急に調子が変わったな」と冷ややかに語り、「彼とは話さない」と3回繰り返した。 (2018/01/05-23:50)

【米トランプ政権記事一覧へ】 【アクセスランキング】

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吹けよ風、呼べよ嵐!2018JAPAN | トップ | 《農薬〜必要な農家”自滅”願... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界と日本ニュース/多次元パラレル視点と仮説」カテゴリの最新記事