裏の裏は裏?

どんな事にも表と裏があります。裏の世界へようこそ。

「自然災害をエネルギーへ」、台風を発電所代わりにする発想

2016-12-28 18:29:19 | 日記
地球温暖化で日本でも頻発・巨大化して被害が急増している台風ですが、その莫大なエネルギーを利用して発電しようという動きが加速しています。現在の風力発電では、風車が風のエネルギーに耐えられず、破壊されてしまうというのが現実。しかし、「大型台風1つのエネルギーは世界の発電容量の半分に相当する」エネルギーを利用しようと、「マグナス力」を利用した風力発電が開発されているのです。これが実現すれば、人類は化石燃料に頼らない、巨大なエネルギーを手にすることができます。しかも、台風の被害を軽減できるというオマケ付き。「禍を転じて福と為す」というワケですね。


「台風発電」発達中 嫌われ者がエネルギーに
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO10895220Q6A221C1X11000/?dg=1



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 底なし沼に入り込んだ中国人... | トップ | いまだに残る「人海戦術」、... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL