アイドルブログ

最近のアイドル事情

米国大統領選挙で「世紀の泥仕合」が現実味、前倒しされる「第二次世界恐慌」

2016-11-07 10:52:33 | 政治・経済
米国大統領選挙で「世紀の泥仕合」が現実味を帯びています。もはや世論調査も「誤差」となり、どちらが勝っているのかさえ分からない状況。クリントン氏優勢で決まりかけた大統領選挙を、FBIが面白半分に介入したばかりに、「第二次世界恐慌が前倒しされる可能性が高くなった」のです。政治家は勢力争いのつもりでしょうが、99%以上を占める一般人にとっては実に迷惑な話です。ただでさえ「暗黒の10年」に突入し、何が起こっても不思議ではないというのに、わざわざ地雷を踏む意味が理解できませんね。ちなみに、トランプ氏が大統領になると米国が内向きになるので、100年以上にわたって人類の進歩が止まり、食糧危機が深刻化し、地球温暖化による異常気象が加速するという、悲惨な状況が続きます。当然、貧困層は現状よりも貧乏でみじめな人生を歩むことになります。「格差」で文句を言っていますが、それでも「世界全体が貧乏よりは、はるかにマシ」なのです。


現実味帯びてきたトランプ氏の大逆転、3つの必勝シナリオ 泥仕合の大統領選
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161105/frn1611051530002-n1.htm
“オクトーバー・サプライズ”で米大統領選番狂わせも ヒラリー氏「私用メール問題」で勢いづくトランプ氏
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161102/frn1611021530006-n1.htm
トランプ氏が1ポイント差で肉薄、ヒラリー氏のメール問題再捜査が影響か 米大統領選http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161101/frn1611010830004-n1.htm





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 崔順実氏に「替え玉疑惑」、... | トップ | 「公職選挙法違反」「国籍法... »

コメントを投稿

政治・経済」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事