藤原愛子の日常茶飯事

稲城市議・藤原愛子の議員活動報告

死者は多くのことを生者に教えてくれる

2017年06月30日 | その他
 
 今日、六月議会が閉会しました。  

 明日からは、六月議会の報告の通信作成や、議会中に時間がとれなかった様々な集まりや学習会などの参加、それから母の新盆を迎えます。

 
 こうして一年の半分が、過ぎました。 速い!!


 議会が終盤になって、時間にゆとりが生まれたころ、乳がんと戦っていた小林真央さんの訃報を知りました。

 もちろん、お会いしたこともなければ特にフアンということもなかったですが、母の死からあまり日にちが経っていないので、「死」というものに少し敏感になっています。


 そして、胸によみがえってきたのは、26年前、になりますか、私の親友の死です。

 二人の幼い子を残して、30代の若さで逝った彼女は、乳がんでした。 まったく同じケースですね。


 彼女はとても聡明で、気が強く見えても実に繊細な神経の持ち主でした。


 彼女が元気だったらきっと、私ではなく彼女がまず市議会議員になっていたと思います。

 
 自身の死を悟り、ご自宅のベッドに友人が集まって、「これが最後の食事会ね」と彼女が言って、みんなでみつ豆をたべたっけ。

 そして自ら葬儀用の写真を選びました。私も一緒に、「これがいいわね」なんて。

 
 私は何もできませんでしたが、ただひとつ、時々彼女を思い出す。そして決して忘れない。

 

 彼女と私の関係だけでなく、最近旅立った私の母や昔死別した父だけでなく、この世にいなくなった人たちが語りかけてくることがあります。

 「ちゃんと生きてる?」って。


 

 
 


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう紫陽花の季節なんですね | トップ | 梅雨なのに東京に雨は降らず »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。