あるある大辞典ポリアミン納豆で若返り:ぴーかんバディ!あるある大辞典速報

今週のあるある大辞典はポリアミン納豆が旬なキーワード。あるある、ぴーかんばでぃ、他、話題のダイエット、美容情報をお届け。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

しもん茶ダイエット

2006年09月28日 | しもん茶
ダイエットコンバット芸能人ペアやせ対決!! を見てますが、面白いですね。

正蔵&友近ペアのしもん茶が簡単でよさそうですね。

しもん茶は、食物繊維が多く、ダイエット効果が高いようです。
ビタミン、ミネラルも多く健康的に痩せるようです。
試してみたい所です。


30日間ダイエットバトルの結果は?

●長州小力
体重 7.8kg減 (79.1kg ⇒ 71.3kg)
●やくみつる
体重 1.8kg減 (64.2kg ⇒ 62.4kg)


しもん茶&食事制限なしダイエット
●友近
体重 2.8kg減 (55.8kg ⇒ 53.0kg)
●正蔵
体重 5.2kg減 (78.0kg ⇒ 72.8kg)


●武蔵丸
体重 15kg減  (239kg ⇒ 224kg)
ウェスト172.5cm⇒164.5cm

と武蔵丸親方がマイナス15kg減と優勝でした。
コメント (27)   トラックバック (147)
この記事をはてなブックマークに追加

納豆ポリアミンたっぷり食べ方体験記

2006年07月31日 | あるある大辞典
昨日のあるある大辞典でやっていた、ポリアミンの効率的な納豆の食べ方で、納豆を食べてみました。冷蔵庫にあった納豆を調べてみたら、極小粒。一応大丈夫かな・・・

納豆を取り出して、100回かき混ぜてみた。
卵を入れてまた、念のために100回かき混ぜた。
そして、ラップをかけて、しばらく放置。(20分くらいかな)

確かに、納豆をよく観察してみると、いつもと違う。
何が違うかって?言葉では表現しにくいです

食べた後の感想・・・
どことなく、体が熱くなって軽くなった感じ(本当か?)

納豆を食べるのがしばらく楽しみです。
コメント   トラックバック (138)
この記事をはてなブックマークに追加

ポリアミン

2006年07月30日 | あるある大辞典
納豆には、人間を老化させない

若返り成分・・・ポリアミン

細胞にポリアミンが多いと、花が美しいまま。

ポリアミンが多いのは、納豆。


人間も、ポリアミンが多いと若さを保つ。
ポリアミンが少ないと細胞が分裂できなくなる。
ポリアミンは、細胞を作るうえで欠かせない物質。
さらに、DNAからの細胞分裂の情報のコピーが
できず、古い細胞が残ったままになる。

人間は、体内で作るポリアミンの量は減ってきます。

ポリアミンを効率よく取る方法
あるある流食べ方13.17mg>小粒7.00mg


◎あるある流納豆の食べ方

・納豆は、小粒か、大粒を買ってくる。
・卵を入れる。
・50回以上かき混ぜる
・食べるまで、しばらく置いておく。
*しょうゆとカラシは、食べる直前に加える

納豆嫌いの方は、ポリアミンは発酵食品に多いとの事。
お味噌、漬物、キノコ(シイタケ)

ポリアミン高濃度配合のサプリメントかな。こんなものもありました!
★☆★若返り成分ポリアミン高濃度配合!【送料無料】(国内産大豆使用・無添加)濃縮納豆パウダ...

もっと詳しく内容です。
Q1)どんな納豆を食べたらいいのか?
A:大粒か小粒がお勧め、どうしても「ひきわり」を食べたい方はご自宅で・・・
大粒(15nmol/g)>小粒(13.5nmol/g)>ひきわり(9.5nmol/g)
と、一週間の食べ続けた人のポリアミン増加量の平均値(テレビ画面からの推定値です)

また、大粒(7.11mg)>小粒(7.00mg)>>ひきわり(5.11mg)
と、1パック辺りのポリアミン量に違いがありましたね。
(その理由は?)
ポリアミンは、水溶性の物質。製造段階で水に触れて溶け出してしまいます。
皮のないひきわりは、ポリアミンの溶け出す量が多い。
(ひきわりで食べたい方は)
自宅で、包丁で叩いて、ひきわりにすると、よい。
⇒表面積が増え、納豆菌の繁殖力が増える。
大粒159.4cm2>ひきわり369.0cm2
と1パック辺りの表面積比較に違いがありました。

Q2)納豆に卵を入れたらいいのか?(管理人の私は、入れません)
A:卵を入れる(10.8mg)>卵を入れない(7.00mg)
と、1パック辺りのポリアミン量に違いがありました。
(どうして卵を入れると増えるのか?)
卵のたんぱく質が納豆菌の大好物。より納豆菌が繁殖。

Q3)納豆を何回混ぜたらいいのか?50回未満、50回以上。(管理人の私は、50回未満)
A:50回以上が、よい。
A:大粒(20nmol/g)>小粒(18.5nmol/g)>ひきわり(13.5nmol/g)
と、一週間の食べ続けた人のポリアミン増加量の平均値(テレビ画面からの推定値です)

また、100回(4250億)>50回(4000億)>10回(3250億)
と混ぜる回数によって、1パック辺り納豆菌の数に違いがありました。

納豆菌の繁殖には、酸素が必要。多くかき混ぜる事により、全てに酸素が行き渡る。
。酸素がいきわたり、納豆菌が繁殖しやすい。


Q4)冷蔵庫から納豆をどれくらい時間をおいて食べたらいいのか?
すぐ食べる、しばらくしてから食べる。(管理人の私は、すぐ食べる派です)
Q:
すぐ食べる(6.93mg)>30分置いて食べる(9.47mg)
と、1パック辺りのポリアミン量に違いがありました
(どうして?)
10℃以下では、納豆菌が繁殖しない。
(要注意!)
おしょゆは、食べる直前に加える。しょうゆの塩分が繁殖力を衰えさせてしまいます。

ポリアミン比較
あるある流13.17mg>小粒7.00mg
細胞の違いは、あるある流1054億個>小粒560億個の細胞の働きの違いとらしいです。
コメント (74)   トラックバック (216)
この記事をはてなブックマークに追加

夏バテ対策:7月23日あるある大辞典

2006年07月23日 | あるある大事典
台湾の人は、夏バテした事がない。

体質に合った食事をしているので、夏バテしない。
漢方の考えで、寒体質、熱体質を分けている。

熱体質・・・過剰に活性
寒体質・・・不活発

◎体質をわける方法
汗をかきやすい・・・熱体質
汗をかきぬくい・・・寒体質

熱体質は、ラーメンを食べても、汗をかく。
寒体質は、ラーメンを食べても、汗をかかない。

体の熱のこもり方に違いがある。
熱体質は、体が熱くすると、時間がたっても体温が下がらない。
⇒熱体質の人は、たまった熱をなかなか放出できない。
疲れやすい。疲労物質が多い。
たまった熱を放出しようと、体が常に活動して、疲れやすくなっている。

寒体質は、体を寒くしたら、すぐに体温低下が起こる。
(熱体質は、体温を維持している)
⇒身体が冷えても、熱を自分で作り出せない。
太りやすい。基礎代謝が低い。
胃腸の働きも落ちている。便秘。下痢気味。


消化器系の働き
寒体質は、身体が冷えやすい、小腸がすぐに影響を受ける。食欲不振になる。


熱体質と寒体質は、体内水分量がちがう。
適正値
男性60%
女性55%

適正値より、多いと寒体質。少ないと熱体質。

漢方では
水毒・・・水分量が多い。
水虚・・・水分量が少ないと分けられている。

体内の水分は、体温を下げる冷却水の働きがある。
水分が少ないと、体温を下げられない。
水分が多いと、熱を奪い体温を上げられない。


ただ、水分をたくさん飲むだけでは解決しない。
同じ水分量をとっても、体内水分量は違う。
寒体質は、熱体質より多く取り込んでしまう。

体内の水分量:汗や尿など出て行く量に違いがあった

水分を出しやすい体質、出しにくい体質が問題。

まとめ
熱体質:熱を放出しにくい。睡眠不足。疲れやすい。
寒体質:熱を逃がしやすい。夏カゼ、夏太り。
(さらに食欲不振。便利。下痢。)

夏バテしにくい体質は、水分量がほどよい状態になっている。

台湾の人は、どのように夏バテしないようにしているのか?

実は・・・夏バテ対策食材を食べていた。

熱体質・・・緑豆スープ。(青小豆)
カリウム(1.24g/100g)が豊富。
寒体質・・・鵜骨鶏(うこっけい)スープ(薬膳料理)
ロイシン(1.98g/100g)



熱体質
体内水分量が少なく、血液中の塩分(ナトリウム)濃度が高くなっています。
それで、体がその濃度を薄めようと、細胞の水分が血管中に流れ込みます。
その結果、血液中の水分が多くなると、尿や汗として排出されます。
(カリウムの役割)
カリウムは、余分な塩分を排出。血液中の塩分濃度の保つ働きがあります。
その結果、細胞から血中への水分流出を防ぐ、バランスを保ってくれる。


寒体質
体内水分量の多く、血中と細胞との水分量を調節するアルブミンが減っています。
その為、血液中の水分が細胞に染みこみやすい。たぷたぷ状態になっている。
(ロイシンの役割)
アミノ酸の一種ロイシンが肝臓で作られるアルブミンを増やします。
その結果、細胞から血中への余分な水分の溜め込みを防ぎます。

◎日本で簡単に取れる夏バテ防止食材
枝豆・・・カリウム含有量抜群。(0.59g/100g)
蒸すとさらにいい。
トウモロコシ・・・ロイシンが豊富。(0.34g/100g)

一週間後の体内水分量チェック:
熱体質51.3%⇒53.2%
寒体質57.1%⇒55.0%、58.7%⇒55.6%
と改善されてましたね。

その他の、お勧め体質改善食材

熱体質改善食材:トマト、スイカ、ナス、
寒体質改善食材:ネギ、ニンニク、ショウガ
コメント   トラックバック (129)
この記事をはてなブックマークに追加

キノコキトサンde最強の腹ヤセ法

2006年06月25日 | あるある大事典
6月25日今日のあるある大辞典は、「夏に間に合う!最強の腹ヤセ法▽2週間で13センチ減!?内臓脂肪燃焼(秘)プログラム▽キノコでビール腹撃退」と題して、
2週間でおなかのぜい肉を減らす方法を紹介されるようです。

気になるおなかのぜい肉の原因は、内臓脂肪、皮下脂肪、腸の下垂で、これらの複合タイプの人もいるという。前半1週間は1回3分の運動と食生活の面から内臓脂肪を徹底解消。後半の1週間は、皮下脂肪を燃やす新たな運動を加える。さらに、脂肪燃焼効果を上げるために追加すべきお薦めの食品を伝える。


こんな内容で放映されそうです。

脂肪燃焼効果を挙げる成分は、どうやらキノコキトサンのようです。

結構巷では知る人ぞ知るダイエット成分のようです。
またまたキノコキトサン・ダイエットブームが起こるでしょうか。
楽しみですね。

簡単にキノコキトサンが取れるサプリメントを紹介しておきますね。
【キノコキトサン9000】夢のウエストー18,6cm!? 憧れのクビレを実現!2個なら送料無料![送料無料は、後日反映します]【金のたまご】
キノコキトサン
コメント   トラックバック (140)
この記事をはてなブックマークに追加