~ストーリーテリング「愛依の風」ainokaze~

絵本・素語り・わらべうた
ストーリーテラーやえはたのりこ(やえちゃん)の徒然便り

夏休みも終り

2010年08月31日 | 日々徒然
夏休み最終日の朝ごはん。
娘達の顔は、浮かないの

ぼそっと、最初の言葉は、
姉:「あ~、夏休み最後の日って、どんなに楽しいことがあっても一番やな日だよねぇ~」
妹:「あとプラス10日ひつよー」
母:(わかるよ。その気持ち)

それぞれに、学校の宿題を並べ合い、私も拝見。
環境ポスター、人権作文、自由研究、読書感想文、調べ学習、ドリルやプリントなど、
眺めてみると、なかなか大変そう。
よくやったね(間にあった?)と言って拍手しました。

夏休み新聞や、夏のしおりなど夏を締めくくるものの中には、保護者欄などあって、私もメッセージとサインを書き入れました。
宿題の足あとをたどると、この、暑かった夏の日があれやこれや思い浮かんできました。

私にとって今年の夏は、悲しいこと、楽しいこと、感動したこと、とても目まぐるしかったです。
生と死も隣り合わせ。楽も苦も、喜びも悲しみも隣り合わせ。
心を震わせ、考えた日々でした。

子ども達にとって、大切な大切な夏休み。
充実した夏休みが過ごせたかしら。

三時のおやつは、娘達と一緒にハートのワッフルにアイスクリームを添えたおやつを作りながら、夏の思い出話をしました

夜ごはんの後、
「それにしても今年の夏は、よく、氷食べたね。ずっと暑かったよね。でも、やっぱり夜は、秋の虫がちゃんと鳴き始めてるね。」などと始めて、

「夏、なんかやり残しちゃったことある?」と聞くと、姉が「ないね!」っと元気に即答。
すると、妹が、「あ~。でもやっぱり、なんか明日楽しみ!」

ランドセルぎっしり詰め込んで、二つの手提げパンパンに持ち物を入れ、明日の準備を整えると、きっと思い浮かんだのは、お友達の顔だったのでしょう


夏休みにさよならは言いたくないけれど、
夏の余韻に浸りつつ、季節が移っているのを、いち早く教えてくれている虫の声を聴きながら、明日の準備をしなくてはね。

夏休みは、今日で終り。
明日から9月。

一回り大きくなった子ども達の背中、元気に送り出さなくちゃ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八重洲ブックセンターおはな... | トップ | わらべの会便り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々徒然」カテゴリの最新記事