平凡なOLの日記

ペーパークラフトと食べ歩きが趣味のOLの日記です。

ん~ん・・・

2017-05-12 23:35:52 | ささやき
今日は、初めておじゃまするお寿司屋さんに行きました













こちらのお料理をいただきました。





今日は、お料理の話は置いておいて・・・




私の旦那さまは、割と背が高いです。

お店のお手洗いに行った後、席に座ろうとしたら

私たちのテーブルの上の照明に頭が当たってしまいました

その途端、その照明器具がテーブルに

ものすごい音で落下しました。

お料理は飛び散り、お皿は割れて、私はいろいろなもので

ビッショリになりました




すぐにお店の方が別の席を用意してくださいました。

その時に用意されたばかりの茶碗蒸しを

作り直してくださったんですけどね。




なんだか、お店の方々とのコミュニケーションが上手くいきませんでした。

お会計の時に、その理由がわかりました。





私たちの考え方は

当たって照明器具が落ちるっておかしいよね。
他の場所でも、よく頭をぶつけることがあるけど
その物が落ちることはないもんね。
危なかったね~、頭の上に落ちたらケガをしていたかも。




お店のご主人の考え方は

(店員さんは、違っていたと思います。)

お客さんが照明に当たり、照明器具を壊した。
迷惑をかけられた。なんてヒドイお客だ。


だったのです。




私たちは、想定外のお店のご主人の対応に

本当に驚いてしまいました



少し当たったくらいで、落ちるのは
照明が固定されているとは
言わないのではないですか?


っと、頑張って言ってみたら

固定されてました。

っとご主人にものすごい口調で言われました




そして、カウンター席にいらした

常連客の方々の一人に

二度と来ないでね~

っと、手を振って言われました。




大丈夫ですよ~~~二度とおじゃましませんので。

ジャカルタ行っちゃうし~~~




ご主人の対応で、お店のスタンスが

よくわかった出来事でした




なんだかな~~~

皆さま、どう思いますか~~~





私たちとお店の相性が悪過ぎましたね




なんだか、モヤモヤしますが

今日は良いこともたくさんあったので

プラスマイナスゼロということにしましょう

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パスポート | トップ | えっ!!! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それはちょっと (どすこい)
2017-05-15 20:37:23
今回のことは、とりあえずお怪我無かったようで良かったですね。
お店の方の対応も残念ですが、あなた方のお考えも、疑問です。
ご主人の背が高く、何かに当たることが多いのであれば、ご自身も、
低い照明にぶつからないように気をつけなければなかったでしょうし
、他のお客様に迷惑をかけたことは事実なので、照明を弁償するかしないかは別の問題として、謝罪は必要だったと思います。
ご自分達は、全く悪くないという態度で、お店の方に対応されていたのではないですか?
そんな態度だったから、他のお客様に「二度とこないでね」と言われてしまったのだと思います。
何が正解なのかは分かりませんが、私が同じことをしてしまったら、
まず初めにお店の方に謝ります。
そして、その場にいる他のお客様にも、お騒がせしてしまった事に対して、お詫びします。
弁償の話は、そのあとです。
お店との相性が悪過ぎたと言うのとは違う気がします。
コメントどうもありがとうございます。 (きむあい)
2017-05-20 15:39:48
>どすこいさま

コメント、どうもありがとうございます。
感謝しております。
照明器具が落ちたあと、勿論、お店の方々、周りの方々に謝罪をしました。
私たちの謝罪の仕方が、足りなかったのだと深く反省しております。
お店が2フロアに分かれておりましたので、別のフロアのお客さまには、確かに謝罪できませんでした。謝罪に行くべきだったと今は思っております。

主人が、物に当たらないように常に注意しなくてはいけないのは最もですが、私に言った「(照明には)軽く触れただけ」という主人の言葉は信じております。

ブログを読み、不快な気持ちにさせてしまい、誠に申し訳ありませんでした。
本当にすみませんでした。

この度は、いろいろと気づかせていただき、どうもありがとうございました。心から感謝しております。





コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL