あほねんのブログ

日々の出来事や関心のあることを綴ります。

国務省第7階の人々「影の政府」

2017-03-20 07:51:41 | 海外交流
アメリカ核戦略を立案し長年一貫して国防を支配してきたアンドリューマーシャルが国防総省総合評価局長をしていたことはよく知られていますが、アメリカ外交を支配してきた影の政府の存在が明らかになってきました。

浅川嘉富氏のブログから転載します。


トランプ大統領が当選して、トランプ大統領の指南役と見られるキッシンジャーが推薦して国務長官に任命されたティラーソンにより国務省第7階の人々が次々に解雇されています。

彼らは政権交代でもアメリカ外交の一貫性を守ってきた第一級の高級官僚たちです。

彼らの基にCIA、NAS、マスメディア、ジャパンハンドラーが繋がり日本政府の外務省や自民党が支配されてきた。

今その崩壊が起こっている。森友学園事件もその影響でしょうか。

日本会議もしかり。

※浅川嘉富の世界記事より
http://www.y-asakawa.com/Message2017-1/17-message26.htm

関連記事
※高島康司氏の記事より
http://www.mag2.com/p/money/161267/3

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月19日(日)のつぶやき | トップ | 3月20日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。