彼女はあの空の向こうに









2章~彼女はあの空の向こうに~


  -message from real sky-








 僕の名前は向日翔、辺りに山しかないような田舎町に住んでいて、今年で17歳になるんだ・・・







  最近、とっても大切な物を失くした・・


    それは、かけがえのない物。

      僕にとって、とても大切な物・・。





 どこに行ったのかも、どこから来たのかもわからない。







  でも、確かに彼女はここにいた。



 そして、確かに感じるんだ・・・




     ──彼女は、この空の向こうにいる・・・。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 始まりの章 それが真実なら »