それが真実なら










3章~それが真実なら~


  -What's real...?-







  毎日を、平穏に暮らしている私、

   ふと考える・・・



 私は、ここに来る前、何をしていたんだろう・・・




   私は、何かを失ったのかな・・・?


 私は、誰かに想われてたのかな・・・?




    教会の屋根から、海を眺めながら、そんな事を考える・・。



 冷たい潮風が頬に当たり、その場を通り過ぎて行った・・・。





 



   ──この海の向こうに、私を待ってる人がいるのかな・・・?
















  ──毎日、何かを探すように歩いている・・。



    もう会えないかもしれない、

      もう僕の事を忘れてしまったのかもしれない・・・



 でも、僕は想い続ける・・・


      待ち続ける・・・



  この想いが、彼女の心に届く日まで・・。











 本当の空の下で、二人はいつでもつながってる・・・。







 蒼い、



  蒼い空のその下で・・。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 彼女はあの空... あなたがそこ... »