12章~真実のその先に~

この先にどんなに深い闇が待っていても・・・


それでも 僕は歩いてく・・。











-水無月- 12章~真実のその先に~




   宿泊学習の後、すぐテストがあり 5月はすぐに過ぎ去った・・・





      ──6月・・・

         最初の夢に出てきた月・・・









  確かに 11月に僕の周りに吹く風は変わった。

     








      ──水無月

         ──大切な人・・



  光を・・・ 守る力・・・。








  僕が選ぶんだ・・ 全て・・・。












  ─6月15日



     世界に衝撃が走った












   全世界の電波放送がジャックされ、ラジオ、テレビその他で同一の文章が流された











  「──全世界の人間に告ぐ・・。」





 「私の名前は霧影白夜。」


    「私は今、日本という国にいる。」




      





     「もし私を6月24日の午後10時までに見つけられなかった場合。」




  





  「私は日本で」




    「私の考えうる最悪の形で力を行使するだろう」







  「平民よ、せめて祈れ。」


 「全てが終わるそのときまで。」













  僕は家でこの放送を見ていた。


     考えうる最悪の形で力を使う



  



 ──白夜は、核を個人で開発して過去に指名手配されている。



     もし、それを日本で使ったら・・・?















   放送には続きがあった









  「例え、私を見つけられたとしても」


 




  「私を倒せるのは、世界でたった一人の少年だけだ。」










     「そして、彼の選択肢によっては」








  「それもまた、最悪の結果を生む事になるだろう。」













    音声は、白夜の高らかな笑い声と共に途切れ



  最後にテロップでこう流れた


















  ──6月24日 これが最後の分かれ道だ。














  ジャックされていた電波は元に戻り、さっき見ていた番組から、ニュース番組に差し変わっていた。















    ──光を目指せ

     ──影を恐れるな


   


  ──輝きを失わずに 


   ──未来を導け

 
    ──蒼い海は、どこかで空と交わる日を待ってるから・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 11章~春・そ... 12章~真実の... »