第二部~和泉杏奈と皆の物語~

JuneBrideに憧れて








最終話-悠久の絆








   二人を帰らせた後、俺は手続きを済ませて病室に戻った。

     俺は一瞬、病室の前で立ち止まった・・






  ・・・杏奈、 咳き込んでる・・?



     「ぁ、杏奈? 入るぞ?」



  「ぁ・・・ 優くん、おかえり...」


          ・・この笑顔も...

               声も、いつか聞けなくなる・・。



          ──そんなの、俺には耐えらんねー。





   「どうしたの? 優くん・・・?」


       よっぽど苦しいんだろうな・・・ 俺から遠い方の手が、微かに震えてる・・


         「杏奈、もう・・・ 隠さなくていいよ。」


    「え・・・?」



         「辛いの、我慢してたんだろ・・・?」



  長い間、一緒にいたからわかるんだ・・。

    俺たちのために、無理して表情作って・・。

       ほんとは、死ぬほど痛いんだろ・・?







         「いい子だよ、お前は・・・」


    

      俺は、杏奈の頭をなで、 手にそっとキスをした。

















        ──それから2週間が経って、杏奈は再び意識を失った・・・。



































   「ただ、覚悟はしておいてください・・。」



        その言葉だけが、静かに響く・・・。




    もしこれで助かっても、治るわけじゃない...

  ただ、永らえるだけ・・・。



         このままだと、杏奈は死ぬ・・・。









  今更だけどさ、ほんとに、これで最後なのかも って思う。



   今まで、色々あった。

     杏奈に会ってから、毎日が楽しくなったのは、全部あいつのおかげなんだ・・。
















     ──でも、俺はあいつに何もしてやれてない。


 そうだな..。


    JuneBrideって言ったっけ・・・


        せめてあいつが、6月まで生きられたら・・・。














 TheLastName.和泉 杏奈





 


   杏奈が倒れてから10分、真也と柴咲さんが駆けつけてくれた。


  「あぁ、真也、柴咲さん・・。」



     「杏奈ちゃんは・・・?」




     だめだ、声が出ない・・・


         手術室の灯りだけが、俺たちを照らす・・・。




       「そっか・・・もう、会えない・・かも・・なんだね・・・。」




   ──最後に交わした言葉はなんだったかな・・。

      そんなことを考える・・・



  そういや、杏奈に最後に... 



         そう思って俺は、おもむろにポケットからある物を取り出した。



      「あ・・・それ・・・」



  杏奈が最後に俺にくれた物・・・ それは、あの時・・・ 三年前に杏奈が書いた、おまじないのメモだった・・・。




  「杏奈が、最後にくれたんだ・・・。 『持ってて』って・・・。」



        ──これがきっかけで、俺たち付き合い始めたんだよな・・・。




   ふいに俺は立ち上がる・・・



       「ちょ、ちょっと、どこ行くのよ!?」



  「ちょっとだけ、外の空気吸ってくるよ・・。」




             「でも・・近くにいてあげないと・・。」



  ─そりゃ、一緒にいてやりたい・・けど・・・













      あいつは、こうしてほしい って言ってる気がするんだ・・・。





   俺は、外に出て 杏奈がくれたメモともう一枚の紙を取り出した・・。



       ──俺が書いた「おまじない」だ。


     「──これで、いいんだよな・・・」




   俺は、その二枚に火を着ける・・。






         2枚の紙は、小さく、でも確かな輝きを放って夜の闇に消えていった・・。





  ・・・天国に行っても、また会えますように・・か、、、


























JuneBrideに憧れて...








ストーリー:kira-mizuki







キャラ提供:sinziro-suzuki








製作:楓の幻灯








SpecialThanks


見てくれた全ての読者様




























         ──可能性として、極めて低い物ではあるが・・・。









        「優くん・・・。」



   「あ・・・杏奈? 大丈夫なのか・・・?」







       ──それを同時に、同じ炎で燃やす事があれば...









  「うん! もう、苦しくないよ!」




        「そっか・・・ よかった・・。」





           ──両者の寿命は、書いた時点での両者の平均寿命をとって決められ・・・







           「信じられん・・。あれほど悪化していたというのに・・。」










               ──両者は 「同じ場所」「同じ時間」「同じ原因」で死ぬ...









         「ここまで回復していれば、退院も近いですぞ!」


  「やったぁ!」










       運命ですら変えるその力は。




             ほんの少しの勇気と


        小さな偶然・・・。












   2つの力が合わさって、芽生えた物なのかもしれない・・・。























   『──おしまい、おしまい。』



       『お父さん、もっとお話しして!』


     『ほら、お父さん 疲れてるんだから・・・ 信次郎には、私がお話ししてあげよっか』



        『うん! お母さん、あのお話しして?』


      『もぉ・・・ しょうがないわね・・・  ──あれは、私が高校生の頃・・・』















   ──JuneBrideに憧れて[最終話] -完-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 第二部~美島... -番外-:遠... »