LoveMaker-5-


5章~瀬尾修一~




 裕也にだって、友達はいる。


    私が裕也と出会ったあの居酒屋で、よく一緒に飲みにきてる人がいるんだ。



 その人が、裕也の就職祝いをしてくれるそうなので、私たちはその居酒屋に立ち寄った。



 「お、裕也!遅かったじゃん!」


    ・・彼の名前は 瀬尾 修一。

        もう出来上がっているようだが・・・



    「なんだ、先飲んでんのかよ・・」



 「まぁいいじゃん、就職祝いなんだし 無礼講で!」


     「お前なぁ・・」



          「あ、そういえば どして裕也はうちの会社にしたの?」


     「・・なんだよ急に・・。」



         「いや、気になったんだもん。」


      「・・お前がいるからに決まってるだろ?」


         「な・・」



 「まぁ、それは理由の半分くらいでしかないだろ?」



    「・・・」


        「え、なになに? 修ちゃん何か知ってるの?」


 「こいつさ、愛ちゃんと付き合いだした頃は まだフリーターだったじゃん?」


 「んで俺が、『片や一流企業の美人社員、片やニートじゃ、完全にヒモだよな。』って言ったの。」


         「あはは、確かに♪」


  「じゃあこいつ、マジで頑張りだしちゃってさ。」



            「へぇ~、可愛いとこあるじゃん♪」


        「・・うるせぇな・・」


  「でも、お前ばっかりモテるんだよな、昔から・・」



     「なんだ、まださっちゃんの事怒ってんのか。」



          「・・さっちゃん?」


  「だぁー、言うな言うな!」


     「こいつが好きだった子なんだけどな、その子こいつの目の前で 俺に告ったんだ。」


 「やーめーろー」


    「で、こいつ 自分に告られたと思って 答えてたんだ。」


          「あはは・・」




  ・・お酒が入ると、普段話せないような事でも聞けちゃう、やっぱりこういうのって楽しいな・・




 でも 次の瞬間

  ふと入り口に目をやった私は、恐怖で凍りつく・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« LoveMaker-4- LoveMaker-6- »