第二部~美島優の物語~


JuneBrideに憧れて








第二部-小さな未来










  ・・・あれから、3年が経ち。 俺たちは無事高校を卒業した。






 向こうの親も、俺の事を認めてくれてるようで、 杏奈の頼みもあり、来年 6月に入籍する予定まで決まっていた。









今はまだ9月。



  半年以上時間がある・・・ まだ「同棲」しているだけだが。



 

  実家の仕事をさせてもらえるようになった俺は、毎日働いて、休みの日には杏奈と町に遊びにいったりなんかしてた。




     平和な毎日だった













  そう ついさっきまでは。









    ほんの数分前の事になる












 突然、杏奈が倒れた。

   公園でのんびりしてた杏奈が、急にだ。

 話しかけても返事をしなかったので、すぐに救急車を呼んで、病院へ向かった・・・。


 杏奈が、悪ふざけでこんな事するはずもない・・・。


    俺は心配でパニックに陥っていた。






 9月16日

   

   青空が綺麗に澄み渡っている日だった。


















 手術室の明かりが灯る。


  


   ・・・杏奈は 大丈夫だろうか・・






      ──ついさっきまで、あんなに元気そうにしてたのに・・・。




 さっきまで笑っていた、確かに杏奈は元気そうだった。









    ずっとそんな事が頭の中を駆け巡る


 何時間か経ったのか、部屋から、一人の医者が出てくる...






  「先生! あいつは・・ 杏奈は大丈夫なんですか!?」







     医者は、表情を少し曇らせこう言う・・・。








        「一命は取り止めました・・・、でも・・・」






  
          「そう、長くは持たないかも・・・しれません...」




             「──残念ながら・・・。」











   長くても3ヶ月 と、そう聞かされた。









         「本人には言わないでください。 症状が悪化してしまう事もありますので…」










    ──さっきまで元気そうにしてた人間が・・・そんな…








  カタカナで小難しい病名は覚えられなかった、けど。



      未だにはっきりとした治療法が見つかっていない、難病だと言う事


         そして、余命が告げられた事







これだけを覚えてる












  意識は戻ったようだが、次 いつまた発作が起こるかもわからない。


     その発作が起きた時・・・ それが最後になるだろう、とそうも言われた。










 杏奈は、しばらくその病院に入院する事になった・・。







    意識もはっきりしていて、こんなに元気そうなのに

  






       会えなくなるかもしれない


 そう思うと 言い知れない悲しみが身を包んだ。












  「・・・ねぇ、優くん?」


        「──ん?」



  「どうしたの? 深刻な顔して・・・、 私、大丈夫だよ?」




    杏奈がこっちを見て微笑みかける・・。




  『コンコン・・・』


      誰か来た様だ、病室の扉が開く・・・。









         「あれ、真也と・・・柴咲さん・・」





   「こんにちは、亜子ちゃん、柳川くん。」



               「杏奈ちゃんが倒れたって聞いたからさ、飛んできちゃったよ・・・。大丈夫なの?」


             「ぁ、これ・・・ お花持ってきました・・。」




  「柳川くん、ありがとう  綺麗だね。 私は大丈夫だよ。」



               「そっか、よかった・・。」









   あの時以来、この4人で会う事は多くなっていた。





  「そういえばさ、私、二人がどうやって付き合うようになったのか聞きたいなぁ・・。」




     「こ、こら杏奈・・。」



        「んー・・・、私はいいけど、真也君 話してもいぃ?」


           「うん、いいよ」




     「ったく、まぁいいけど・・・」




         「えっとね・・・」






   柴咲さんは、ゆっくりと話し始める・・。








  (なんか、俺たちのと似てるなぁ・・・。)





             「でさ、名前と誕生日を・・・」




  「ぁ・・・ それ! 私も・・・やろーと思ってたんだ♪」



 杏奈は、恥ずかしそうに鞄から小さなメモを取り出す・・。



      「杏奈・・・ それ、もしかしてずっと持ってたの・・・?」




  「ぅん! 大事な思い出がつまってる・・。」




    俺の名前と、誕生日の下に、杏奈の名前と誕生日が書かれてる・・。





              「へぇ~、いいなぁ~・・。 私のは、燃やしちゃったからなぁ・・。」


                  「僕は、燃やさずにあるよ。燃やす勇気がなかっただけなんだけど。」




              「でも、思い出ってさ、やっぱ残しときたいじゃない?」










   (大事な思い出・・・か...)


     俺は、杏奈の持ってる小さなメモを見つめ、心の中でそうつぶやいた...











  そろそろ、面会時間が終わるようなので、柴咲さんと真也は帰らせる事にした。



       「じゃあ、僕たちは帰るね。 お大事に・・・。」



  「ぅん! 来てくれてありがとうね。」


            「杏奈ちゃん、また遊ぼうね!」


  「ぅん!」




      「じゃあ、とりあえず俺も手続きだけ済ませてくるよ。」


  「うん! 待ってるね♪」








     俺たちは、そう言って病室を後にした・・。









 「でも、杏奈さん 元気そうでよかったね。」


      「ほんと、安心したわ・・。」








    ・・・こいつらには、言わないといけない気がする・・・。








         「あの・・・さ、その事なんだけど・・。」










    「どうしたの? そんな顔して・・」





   たった一言話すだけなのに、こんなに悲しい感覚に襲われるなんて・・・。


          口を開くと、自分がわからなくなるような辛い感覚が身を包んだ・・。











   「あいつは・・・ 杏奈は、もう長くないらしいんだ・・・。」



         ・・・3ヶ月、  杏奈といる時間に確かに俺は、「永遠」を感じていた。


   でも、こんなの・・・。









     「ど、どうして!? あんなに元気そうだったのに・・・。」




   もしかしたら杏奈は、俺たちに心配かけさせないように 元気に振舞っていただけなのかもしれない。

  本当は苦しいのに、辛いのに・・。









   「──それで、後どのくらい・・・?」







        「持って、三ヶ月・・・」



  




    しばしの間、沈黙が流れる・・。







   「もう、どうにもできないの・・・?」





      


    俺は、涙をこらえるのに必死で、ただ、黙って頷く事しかできなかった。









  まだ、自分でも現実を受け入れられない。




    深い悲しみだけが、俺の世界を優しく包んでいった・・。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« JuneBrideに憧... 第二部~和泉... »