あひる製作所

チビっこいバイクをいじったり乗ったり、くだらん工作したり~
さらにボートで海釣り行ったり、山でも遊んだりで大忙しだ~♪

新しいエゾ鹿ナイフ

2013-05-10 12:35:33 | ナイフメイキング

さて、新しいナイフがまた1本できました

っと言っても、先日紹介したバッキーバールハンドルのナイフと同じ時期に出来てたんですけどね・・・

全長190mm、刃長90mm

ATS34の4mm厚をホローグラインド、ミラー仕上げ

ヒルトは洋白

ボルトは洋白&真鍮のイーグルアイ

ハンドルは染色したエゾ鹿のツノでレッドのスペーサー入り

なかなか良い具合の色に染まったんじゃないかな~

今まで自分で作ったナイフの中では、けっこう良く出来た方だと思ってますが

実際に手に取ってよくよく見るとやはり残念な部分もあるわけでして・・・

『ちょっと、これ見てよ~』と胸を張って人に見せられるようなナイフってのは、なかなか出来ないもんですな~

 

 

シースも今まで作った事のない形の物にしてみたです

まあ、失敗部分はあっても全体としては悪くない出来栄えなんで、お気に入りの1本かな~

 

 

さて、まだ作りかけが数本あるんですが、ちょっと興味のある新しいネタが・・・

以前にスタッグのナイフを購入した山本宣弘さんというメーカーさんのブログで、インテグラルナイフの製作工程が紹介されてました

今までインテグラルには特に関心なかったんですが、山本さんのブログを見てたら何だか面白そうな気がしてきまして・・・

『どうやって作ろうかな~』なんて脳内では絶賛製作中

まあ実際にはデザインも決めてないし、すぐに作り始めるわけじゃないですが近いうちには挑戦してみたいな~

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GW後半 | トップ | 今シーズン初出動!! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヤスオッチ)
2013-05-10 13:03:11
インテグラルナイフってなんだ?とちら見しました。
一体構造タイプのナイフなんですね。
これを作るには金属切削可能なフライスとコンタ(帯鋸盤)が無いと無理なんですね。
ナイフビルドも設備投資が大変ですねぇ。
Unknown (あひる)
2013-05-10 17:22:47
ヤスオッチさん>
そうなんです、一体構造でハンドル材以外は削り出しで作るナイフなんです
まあ、時間をかけてコツコツやれば加工機械無しでやれない事もないかもしれませんが、
やはりある程度のフライス等を使わないと難しい作業になると思います・・・
うちの場合はせっかく設備あるし、機械加工は割と得意分野だしやってみようかな~って感じです
Unknown (ものずき)
2013-05-10 20:57:58
こりゃいい具合に染まりましたね。
蝦夷鹿もなかなかいいですね。
Unknown (gfd)
2013-05-10 22:50:25
シース背中のベルトがいいですね。
こういう造りがあったのか!と考えさせられます。
わたしもシース、というかドロップを完成させねば~(と言いつつドロップはちょっと飽きてる^^;)
Unknown (Rock)
2013-05-11 18:07:50
カッコいいですね~。
写真を見た瞬間、あひるさん作ではなく、あひるさんのコレクションかと思いました。

実はインテグラルのデザインしてあるんですよ~。
今年のコンテストの候補だったんですが、材料の確保に難があったので・・・ナローorコンシールドになりました~。
Unknown (あひる)
2013-05-13 11:41:34
ものずきさん>
WA染料の黄色と茶色を1:3~4ぐらいで混ぜた物をガッチリ塗って、乾いてから茶色を軽~く塗ってみました
エゾ鹿、ワタシはけっこう好きなんですけど、髄の部分が大きいので取り方が悩みます・・・




gfdさん>
このシースはカナイさんのスキナーザウルスのシースを見て
『おっ! なんか面白そう!!』って思いまして、背中側から入れてベルト留めの構造をマネっこしました~
それほど難しくないですし、けっこう気に入ってますよ




Rockさん>
ありがとうです~
なんと! インテグラル考えてましたか!?
しかもコンテスト候補でしたか~

入手に難のある材料は鋼材ですか?
ワタシは厚板で簡単に入手できそうなのがSLDだけだったので、それで作ってみるつもりです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む