若草物語

妻と二人で愛車プリウスに乗って、あちこち出かけ、デジカメで撮った写真が中心のブログです。

みなとオアシス・大洗海岸に行き、港と海鮮丼と大洗磯前神社で癒す

2016年09月18日 | ドライブ


9月12日(月)妻と二人で大洗海岸へ日帰りドライブに行って来ました。

我が家からは佐野で国道50号線に乗り、小山、笠間、水戸を走って3時間半ほどで到着です。



ネットで調べると「大洗リゾートアウトレット」という初耳のアウトレットがあったので、そこに

車を停めることにしました。



このアウトレットは2011年に発生した東日本大震災により、店舗に津波等の被害が発生し休業を

余儀なくされました。

被害額は約40億円、復旧に16億円を費やし、震災から約4ヵ月後の2011年7月16日に営業を再開

したそうです。



本日のドライブの目的はこれです。

涼しくなって食欲全開の妻が「海鮮丼が食べたい!!」ということで片道3時間半をかけてここに

やってきたのです。

アウトレット内の「海のおもてなし」という店で「特上海鮮丼」1580円が何と・・・1280円です。

出された見事な海鮮丼を二人で一気にむさぼり食いました。

食べ終わってから「あっ・・・写真を撮るの忘れた!!!」

美味しかった海鮮丼の写真を載せられなくってゴメンナサイ・・・🙇



お腹一杯になった二人は周囲を散策。

アウトレットのすぐ隣が地上60mのマリンタワーです。

最上階からは遠くに富士山や日光・那須の連山を望み、近くには筑波山や水戸、勝田、日立などの

市街地が見渡せます。



大洗港には有名なサンフラワー号が停まっていました。

フェリーターミナル付近まで寄るとあまりの雄大さに圧倒されました。



本日の大洗海岸ドライブのラストは「大洗磯前神社」です。

大洗磯前神社の社殿は1690年に水戸藩の2代目藩主、水戸黄門で有名な水戸光圀により造営、起工

されました。

また、ガールズアンドパンツァーというアニメの舞台にもなっていて、新たな観光スポットとして

近年注目度が高まっています。



拝殿から長い階段を降りて「二乃鳥居」をくぐり、車道の向かいの小道を海側へ入ると、大洗海岸

に出ますが、撮影スポットとして人気の高い「神磯の鳥居」は海岸の磯の小島に立っています。

「あらいその岩にくだけて散る月を 一つになしてかへる月かな」

徳川光圀公が神社参拝の折に、この景観を称え、詠まれたとのことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東北自動車道羽生PA上り線の... | トップ | 浪花のまちと小京都・飛騨を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。