私目線。

きょう出会った街の景色、心の景色

京都嵐山 天龍寺にて

2016-10-29 15:53:32 | 京都
10月13日撮影 天龍寺 

京都旅行3日目は天龍寺へ。
大原は人が少なかったですが、ここは紅葉シーズン前と言うのに、
特に外国人観光客で賑わっていました。

写真1枚目は方丈の廊下(広縁)から部屋をはさんで向こうの景色。



襖絵「雲龍図」。
曾我蕭白が描いた墨絵の大作、、、のデジタル複製だそうです。
それで撮影禁止の札がなかったのですね。
本物はボストン美術館所蔵。
幅が10.8メートルもあり、カメラでは収まりきらなかったので、
スマホで撮影しました。
ここに限らず、天龍寺では撮影禁止の場所がほとんどなかったような気がします。
外国人グループが、和気あいあいと楽しそうに写真を撮っていたのが印象的でした。
自由に写真が撮れるって嬉しいですよね。
特別参拝の法堂(はっとう)の天井画「雲龍図」は撮影禁止でした。



↑これも廊下から。
本物以上に鮮やかに映っている庭の色に気を取られて
撮っている時にはまったく気づきませんでしたが、
この襖にも何か描かれているようです。
この角度ではまったく分かりませんが、、、。



書院の広縁から曹源池を眺めたところ。
お天気がイマイチ。


 LUMIX GM5 + M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都大原 実光院の不断桜、... | トップ | 天龍寺のアサギマダラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。