あさひホームのちょっこりまじめな社員のブログ!

まじめな社長の下に集まった、
ちょっこりまじめな社員達からの情報発信コーナーです。

将来の安心。。

2017-03-21 20:03:02 | Weblog

皆様、こんばんは。

村上です。

 

『私には、まだまだ必要ないでしょう~。』

いえいえ。今は大丈夫でも、将来10年、20年と経っていったら・・・

 

トイレは、しゃがんだり服を脱ぎ着したり、不安定な姿勢が多い場所。転倒事故を未然に防ぐために、手すりは重要です!

年を重ねるにつれ、今まで簡単に出来てたことがしづらくなる。そんな経験は誰にでも訪れるものです。

トイレでの立ち座りが億劫になることもあるでしょう。

立ったり座ったりをサポートする手すりがあれば、快適に安全に過ごすことができます。

ただし、手すりは付ければよいというものではありません。戸の手すりが良いかは、利用する人によって異なるからです。

立ち座りに引っ張んたり押し上げたりするには、L型手すりがオススメです。取りつける場所は、建て手摺の部分は便座の先端から15~30㎝程度前方、横手すりは便座より25㎝程度上が目安になります。

便器に近すぎると立ち上がったときに手が後ろになり、無理な姿勢になるので気を付けましょう。

・・ご参考に(TOTOより)

さらに、トイレと廊下の段差も無くす工夫をされると良いですね。

年を重ねるにつれ、足の上げ下げが難しい、立ち座りの動作が億劫。。など普段の生活で困難な時があるかと思います。

家庭内事故の原因である”転倒”。一度ケガをすると治るまでに時間がかかったり、重度の場合は動けなくなる場合も・・・そんなことになりたくないですよね!

だからこそ、いつでも安全に暮らせる環境であることが大切なのです!!

あさひホームでは、トイレのリフォーム、手すりなどのバリアフリーリフォームもお手伝いさせて頂いております。

もちろん、キッチンなどの水回りリフォームから、床の張り替え、クロスの張り替え等の内装リフォーム。屋根や外壁の張り替えリフォームなど幅広く取り組んでおります。

小さなお子様からお年寄りまで、家族みんなが安心して快適に過ごせる住まいづくりのご提案を致します♪

お住まいにお悩みをお持ちの方。

ぜひお気軽にご相談下さいね!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地鎮祭 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。