*':*: ぽっぽこアリン :*:'*

ヨーキーの女の子アリンとユリンの日常を綴った日記です♪ワンコ用リボン、ビーズリードの紹介もさせていただきます♪

不思議体験

2009年08月26日 09時20分15秒 | プリン、コニー
アリンを我が家に迎える少し前まで、ヨーキーの♂プリンと
柴のミックス♀コニーが居ました

今日は、コニーのお話をさせていただこうと思います



お写真に写ってるワン子、誰だか知ってる






この仔はコニーちゃんていうのよ



そうよ

コニーは、暴れ馬のようにやんちゃ娘でしたが、人を噛んだこともなく、
時には甘えん坊で、可愛い仔でした

そんなコニーに私達家族は、危機的状況から、救ってもらったことが
何回かあります。
いわゆる、虫の知らせです



コニーは、散歩が大・大・大好きで、少し具合が悪くても散歩だけは、

欠かした事はありませんでした。

そんな子が、家から300mくらい歩くと、ピタっっと止まって、

動かなくなる時がありました。決まって同じ場所です。

休んでみたり、引っ張ってみたりしても、お座りをして全く動こうとしないんです

そんな時は、 『今日は、気を付けて行動してね』 の合図です。



合図があった日は・・・気を付けて行動します。

例えば・・・ある日の出来事ですが・・・

父(じぃじ)が、出掛けるのに、必ず通る道路が気になり、
迂回して、違う道を通りました。

すると、その道では、同時刻に何台も玉突きになる
大変大きな事故が起きていたのです

家族で、新潟に行かなくては行けない日、給油を済ませ、
関越に乗りました。
コニーの合図があったので、スピードは出さず、左車線を走行。

父の運転ですから、普段ならありえません。
しばらくすると、突然車が止まってしまいました
原因は、給油時に、店員さんが軽油とガソリンを間違えたためです

私達はそんなことは知るはずもないので、高速道路を走行してしまったわけです。
後ろからは、スピードを上げた車がどんどん迫ってきています
本当にパニックになりそうでした

父が冷静に対処し、間一髪で路肩に車を寄せることが出来ました

もし、コニーの合図がなく、普通に真ん中、もしくは右車線を走行し、
突然停止していたら?と思うとゾォ~~っとします

運悪ければ、何人もの方が亡くなる大事故になっていたかもしれません



まだ他にも、病気の予兆だったり、人間関係のいざこざだったり、
危機に直面する前に回避出来たこともあります。

偶然といえばそれまでですが・・・

私達は、コニーが救ってくれたんだって思っています
改めて、コニー ありがとう


アリンちゃんは、コニーちゃんみたいに教えてくれなくてもいいから、
ただ、元気で、側に居てくれるだけでいいからね



コニーとプリンの魂が、安穏であることを日々願っています


遊びに来て下さってありがとうございます
お手数ですが、ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへにほんブログ村

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加