たんぽぽの心の旅のアルバム

自死遺族です。赤毛のアンとプリンスエドワード島が大好き。自分史・旅日記・観劇日記・日々の思いなどあれこれと綴っています。

一週間が無事に終わりました

2017年06月30日 | 日記
 金曜日の夜、蒸し暑いですね。長い長い一週間、なんとか無事に終わりました。働くって辛いです、契約終了すればまた社会から孤立するのかと思うとそれも辛いです。初めて尽くしのことをやっているわけではないとはいえ、知らないことばっかりだし、人と場所の勝手がまた違うのでやっぱり慣れなくって緊張しています。初対面の人ごとに緊張しています。キホン、人に緊張するのでね、緊張しています。援助職のはしくれが何言っているんだって感じですが、人に緊張します。自分の部屋に帰ってきてもこれまた緊張するしで、疲れちゃいます。二週間以上が過ぎましたが、まだ健康保険証もらえません。くれないのかなあ、くれずはずだと思っていましたが違ってたのかなあ。社保に加入できる働き方かそうでないかの違いはすごく大きいのですがどうなんでしょう。医者に行かなければならないって言うのがいやなのでもう少しだまって待ってみることにします。といっても胃の薬がなくなったので明日はかかりつけの内科に行かねばならずどうしましょうっていう感じです。全額自己負担でまた払い戻しかなあ、それとも国保で受診になるのかなあ。細切れでこんなこと繰り返しているのも疲れちゃいますが、今はまだリハビリの時なので仕方ないです。これからどうしていくんだろうなあ。終わってから考えましょう。過去のことも先のことも考えても仕方ないとは相談窓口の方の言葉。まあそうなんでしょうね。考えてもわからないことを今は考えてもしゃあない。通勤だけでもけっこう疲れちゃって、二日連続で夜も外食したので今日は歩き回った末、帰りたいけど帰りたくない部屋に帰ってきました。ネットがつながるとはいえ、カフェのほとんど具が入っていないパスタに800円前後のお金を出すわけにはいかない。写真では具がいっぱい入っているのに実際には麺と香辛料だけでほとんどなんにも入っていないの、高過ぎよ。お米買って、せめてごはんを炊く生活に戻られねばなあ。一回落ち着かなくなると全くできなくなってしまいました。体によくないのでなんとか取り戻していかねば。自分、ほんと何ほどのものでもないんだなあと思いながらの一週間、つまらない自己顕示欲とかはもうない、そんなのいらないから普通の生活を送り続けていきたいです。そしていつかまたこの世に間にプリンス・エドワード島に行きたいです。明日は休みか、そういえば雪組東京宝塚劇場千穐楽のライブビューイングの先行抽選に外れました。早霧さんの人気のすごさをあらためて実感。大劇場の千穐楽ライブビューイングに当たっただけよかったってことか。8月の花組東京宝塚劇場を楽しみに生き延びていく日々。観劇と旅は心のエネルギーチャージ。休日はまた何かしら書けるといいと思いますがどうでしょうか。

 徒然日記でした。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 役に立っていれば | トップ | 秋のプリンス・エドワード島... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。