たんぽぽの心の旅のアルバム

自死遺族です。赤毛のアンとプリンスエドワード島が大好き。自分史・旅日記・観劇日記・日々の思いなどあれこれと綴っています。

月曜日、一週間始まりました

2017年06月19日 | 日記
 梅雨の晴れ間、暑かったり寒かったりの繰り返しで、晴れると炎天下の夏晴れ、冷房の効き過ぎと外気との温度差が体にこたえる日々。きんきんに冷房効いている所で、きんきんに冷えた水を出されるの、体に悪くって仕方ないです。つらい季節の到来。今度の就労先は朝も帰りも駅のホームの人混みが半端なくって蒸し暑い夏はとりわけきついなあと思います。一番蒸し暑い季節だけの就労。大丈夫でしょうかね、わたし。久しぶりといっても一か月半ですが、五日間フルタイム稼働の一週間。長いだろうなあ。まだ月曜日ですがこつこつやっていると息詰まるなあっていう感じです。お昼休みに外に出られるからまだいいですが息詰まる感はあります。それでも日中の居場所があるのはありがたいと思います。部屋の中は相変わらずぐちゃぐちゃ、片付けはなかなか進みせんが、大事なものの電子化もなかなか進みませんが、いやー、部屋の中にいるとなおさら息詰まる感のこの頃です。陽が長いのでね、まだ明るいうちに帰ってくるのいやでしゃあないです、オッサンの引きこもりがご近所に棲みついているような集合住宅、最寄り駅にたどり着くと帰りたくないなーって思います。でも宝物があるし、荷物もあるし休む場所だし帰ってこないわけにはいかないので帰ってきますけどね、緊張します。自分の部屋で緊張するの、疲れちゃいます。まだまだある荷物を少しずつ、少しずつ整理しながらなんとかやっていくしかないですね。仕事はわからないことをしつこいぐらい確認しながらやっています。短期間で人の対応しなければならないの、緊張します。明日あたりは怒りっぽいところがあるので要注意と引き継いだ方がいらっしゃる予想。不慣れなままやっているわたし、大丈夫でしょうか。緊張します。だらだらと動画を楽しんだりしたいですが片付けて休まねばね。明日は降水確率ゼロパーセント、陽がながくっていやだなあ、落ち着かないです。夏至が過ぎてまた少しずつ陽が短くなっていく日を指折り数えて待ちながらの、明日は火曜日。3.11以来の不安神経症で、部屋を出る時鍵をかけたか何度も確認してしまうの、前に住んでいた部屋で神経質だって隣の女性に噂されたみたいに、オッサンに噂されているんかねえ、丸わかりなんでね、いやですね。明日の朝も、電車に間に合うように部屋を出るべくがんばりませう。一日、一日ね、緊張しながらもなんとかやっていきませう。

 徒然日記でした。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『木靴の樹』シナリオ(18) | トップ | 火曜日の夜 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。