たんぽぽの心の旅のアルバム

自死遺族です。赤毛のアンとプリンスエドワード島が大好き。自分史・旅日記・観劇日記・日々の思いなどあれこれと綴っています。

初日、終わりました

2017年06月13日 | 日記
 雨の一日、涼しいぐらいでしたね。外気が入りづらい大混雑の場所は蒸し暑いし、場所によっては冷房が効きすぎていてすごく寒いしで何を着ればいいのかわからなかったです。結果的に冷房が効いているところではちょっと寒いなあという服装になりました。緊張の初日、言いか月半ぶりの仕事でしたが、なんだかもっとブランクがあるような感覚、自分の部屋に安心していられない日々は限界でした。平日はお仕事用の黒のパンツをはいていないとなんだか落ち着きません。居場所がわかりません。ほんとね、参りましたね。関係ないのに、引きこもりのオッサンがご近所にいるとは、働いていた時からなんかいつもいるなあという感じはありましたが外に出ることはほとんど皆無らしき引きこもりとは参りましたがな。昨日も今日も朝7時前に外階段を、大きな音を響かせて誰かが降りていく足音。ご自身は朝早い出勤なんでしょうが、わたしは今日から出勤なのでいいですが、シフト制の仕事しているなどはまだ休んでいる時間かもしれないのに、集合住宅はむずかしいです、ほんと。片付けは進みませんが、昼間の居場所が別にあるのは必要なことなんだなあと思います。

 初出勤日、心配していたとおり緊張でアラームより早く目が覚めましたが眠っている間はまあまあ熟睡できたかな。余裕をもって早めに部屋を出発。起きてから準備している間、音楽を聴くのもヘッドホン使用。疲れてしまいますが仕方ありません。電車の中ではイヤホンしてスマホでダウンロードした音楽を視聴。いやはや。4カ月間の就労場所と違って上り方向に向かわなければならないので、どちらのルートを使うにしろ駅のホームに人があふれかえり。すっごいです。早めに出たので慣れてきてもう少しおそく出てもよくなったら、もう少しすいているのかなあ。たぶんまだ一番混む時間帯。乗り換えのターミナル駅で1本か2本見送らないと電車に乗れません。いずれにしてもすごい人、人、人。帰りの最寄り駅のホームがこれまた人、人、人であふれかえっていてびっくり。通勤が大変だなあ。明日はまだ涼しいようですが暑くなってくるときついだろうなあ。朝が早い分、まだ陽が沈みきらないうちに部屋に帰ってくるのいやだなあ。今がいちばん陽が長い時。夏至を過ぎればまた少しずつ、陽が短くなっていくので辛抱、辛抱。まずは明日がまた無事に過ぎていきますようにと思います。生産性を追い求めるカイシャとは違うので大丈夫、大丈夫。カイシャで働くことはもうできなくなったわたしの居場所・・・。

 徒然日記でした。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日から大丈夫かな | トップ | なんか、疲れまするね »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。