ひろせ明子の市議日記

無所属・無会派。
市議として日常で見たこと・感じたことを綴っています。

8億円の撤去費は誰が決めたのか?

2017年02月22日 | 情報公開

8億円のごみ処理費用とは、中身を精査せずに国は認めたわけですかね・・・・?そうだとしたら、信じられない話です。が、似たような対応は地元でもあるのではないでしょうか・・・・?

8億円の撤去費は誰が決めたのか?

 ※「似たような対応」とは、例えば、(昨日、一昨日にブログにUPした議会答弁から)
弁天地区でのこれまでにかかった経費9400万円の市側の説明 ↓
「9,400万円の内訳につきまして、書類では存在してございませんけれども、特定設計施工共同企業体に確認しましたところ、まず純工事費につきましては防音壁や覆工板の準備及び測量に要した費用が約240万円、室内配合試験の費用といたしまして約270万円、受電設備や仮設の水道設備の費用といたしまして約200万円、そのほか防護管の準備費や交通誘導員などの費用として約480万円、合わせて約1,190万円と聞いてございます。
 また、現場管理費につきましては、施工計画書の作成や関係機関との協議、配杭の位置出しや測量などに要した人件費といたしまして約5,500万円、現地事務所などの経費として約600万円、合わせて約6,100万円と聞いてございます。
 さらに、一般管理費や消費税等を合わせまして、合計で約8,430万円と伺ってございます。」

「また、先ほどの9,400万円の内訳につきましては、特定設計施工共同企業体に確認した数字でございます。」

業者が市に伝えてきた数字そのままを市は鵜呑みにしているわけです。

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 液状化対策 12月議会 その3 | トップ | 演説会 »
最近の画像もっと見る

情報公開」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL