gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

街頭ビラ配布で国庫負担肩代わり反対訴え―健保連(医療介護CBニュース)

2010-02-19 01:32:44 | 日記
 健康保険組合連合会(健保連)は2月12日、全国5都府県のターミナル駅前などでサラリーマンらにビラを配布し、来年度予算案に盛り込まれた全国健康保険協会(協会けんぽ)の国庫負担を健保組合などが肩代わりする特例措置への反対を訴えた。

 特例措置では、後期高齢者支援金の負担方法を、現在の「加入者割」から組合ごとの総報酬に応じた「総報酬割」に切り替える。これにより協会けんぽの負担が減る一方、健保組合などの負担は増えることになる。
 健保連は、▽高齢者医療の問題はじっくり議論して決めるべき▽国庫補助を「肩代わり」させるのは国の責任放棄▽協会けんぽの国庫補助拡充は全額国費で賄うべき―などと訴えている。

 この日東京では、東京駅丸の内北口で午前8時頃から、平井克彦会長ら本部役員が先頭に立ち、約30人体制で配布を始めた。小雨が降る寒空の下、出勤途中のコート姿のサラリーマンらに、1000枚のビラを手渡した。
 街頭ビラ配布は東京のほか、神奈川、愛知、大阪、福岡で実施。全国で約7500枚を配布する予定だ。

 


【関連記事】
国庫負担肩代わりに反対運動展開へ-健保連
協会けんぽ保険料年2.1万円アップ―平均年収の加入者
健保連、国庫負担肩代わり「極めて遺憾」―協会けんぽ国庫補助引き上げで
協会けんぽへの国庫補助拡充を要請-健保連など3団体
支援金負担、健保・共済組合による肩代わり提案―厚労省

検察「窃盗」弁護側「横領」真っ向対立、鯨肉裁判(読売新聞)
<人権活動家>中国へ出国 成田空港に抗議の滞在(毎日新聞)
ごみ収集車など8400台リコール(時事通信)
<灯ろう祭り>陶器に幻想的な明かり 佐賀・武雄「飛龍窯」(毎日新聞)
バス運転手意識失い乗客がブレーキ、救命措置も(読売新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 折り畳み自転車に注意、ハン... | トップ | <開府400年>記念展に荒... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。