点滴ニャンコと暮す家族の日記

慢性腎炎のニャンコ『ゴン』と過ごした時間。ベンガル猫、ソマリ、サモエドの4ニャンズ+ワンコとゴンパパの趣味の話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東北日本海側1周 -中編-

2006-08-28 22:22:00 | ゴンパパのぶっちゃけ!
道の駅「三森」から後半戦は出発です。
まず、向かったのは12湖でしたがあまりにもたいしたことないので軽く流しました。
全国的には青湖というのが有名なようですが、ここだけ駐車料金とるんですね。
なんとも、嫌気が差して見に行きませんでした。

次に向かうは、「不老不死温泉」
国道を走るも、事前看板は無いので要注意です。
南からあがると、大きい看板がありますが、北から下ると小さい看板しかないので地図を見ながら注意が必要です。

国道から看板を頼りに曲がると程なく見えてきます。
開けるは一面の海。
気持ちがいいですよ。
受付を済ませるとお金を支払った証拠に手首にあるものを巻きつけられます。

そしていよいよ温泉場へ!



いやいや
見渡す限り海ですわ!


露天風呂全景&お風呂に入っての目線

ここからは夕日が見えるそうで、想像するだけでいいですなー
泉質は鉄分強く、当然のごとく塩分強いです。
内風呂もあり、そこからも外が見ることができます。
よく体を拭かないと、この鉄分が体に付着したままなので衣服が黄色く染まるので要注意です。

この温泉を名残惜しみいながら、一路竜飛崎へ向かいます。
海沿いを走るといたるところに焼きイカの看板が!
このあたりは焼きいかが名物のようなのでまたまた道の駅に寄り、早速焼きイカを食べました。
肉厚でやわらかくて、でも歯ごたえがありこれまたまいうー

軽く腹ごしらえをして、竜飛崎に向かう途中十三湖という道の駅に寄りました。
この十三湖はシジミの名産地だそうで、名物のシジミラーメンを頼みましたが・・・



ぜーんぜん味がしないのです。
ほのかにシジミの出汁の味がするかなー位で・・・
ゴンパパは醤油を入れて食べました。

会計の時に「味が全然しなかった・・・」と話すと
実は塩ラーメンでそのタレを入れ忘れたとか・・・
なんともお粗末な話です。
ラーメン代は勿論タダ。
発想を変えれば純粋なシジミエキスが飲めたんですが、たいしたこと無いなー
というのが感想。

そんなハプニングありましたが、気を取り直して一気に竜飛崎へ。



日本海側から竜飛崎にアプローチするにはかなりの昇りを覚悟しなければならない。
小さい排気量の車両は遠慮するべきだろう。
それほど、人も機械も選ばれし場所なのだ。
ひたすら急勾配な道を上って開けた丘から撮った写真が上のものだ。
海を挟んで奥に見える山々は北海道。
ある意味、竜飛崎よりこの場所にいたほうがその雄大さ、感動は得られると思う。
色々な意味をこめて、日本海側からアプローチすることをお勧めする。


何故か竜飛崎の一番上の駐車場では蛸の日干しが売っていた。

有名な歩く国道の標識の前での写真を撮り(郵便局の職員さんありがとう!)
一路青森へ



青森港から見る夕日は綺麗でした。。。

この晩
八甲田山、山腹の駐車場に泊まりましたが夜空が綺麗過ぎました。
小学生の頃はよく、渋谷のプラネタリウムを見に行きましたが。。。。
やばいです。
天の川くっきり。
都会で味わえない時間を過ごす事ができました。

旅の続きは後編で。。。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

東北 日本海側1周 -前編-

2006-08-21 12:32:14 | ゴンパパのぶっちゃけ!
夏休みを利用して東北地方へドライブに行ってまいりました。
全工程2100キロ。
4泊5日。全て車中泊。
今回はその前編であります。

関越道で新潟まで行き、そこから北陸道で北へ。
高速道路は着々と建設されているんですね。
北へ行けば行くほど夏休みといえど、車の往来が少ない少ない。
交通量の多いところだけのバイパスみたいな道路で十分と感じました。
税金の無駄使いですな。

さて、そんな事はさておき。。。
高速道を下りてひたすら日本海側の国道を使い北上。
目指すは秋田県の象潟(きさかた)。
ココは何やら岩牡蠣の名産地らしい。
道の駅でそれが食せるとのことなので自然と右足に力が入るゴンパパ。


道の駅「象潟」に到着するなり速攻で岩牡蠣を!
写真は450円、レモンつき。
大きい、歯ごたえあるし、味もしっかり
まいうーです
岩牡蠣を食べれるお店は2軒並んでいます。
向かって右側のお店がレモンつき。
左側のお店は何もついていません。
お値段も若干違い、食べ比べるのも良いと思います。


日本海側は各地で夕日がとても綺麗に見えるのです。
この「象潟」もごたぶんにもれず、夕日が大変綺麗に見えました。


ココの道の駅の良いところは、食堂やお風呂からも夕日が堪能できるのです。
建物の海側が全て大きいガラス張りとなっているのであります。
ちなみにココのお風呂は温泉。
舐めるとしょっぱく、塩分を多く含んだ泉質です。

夕日と食事と温泉を満喫して、少しだけ南に下がり別の道の駅「鳥海山」で一泊する事にしました。

ゴンパパはスノーボードへ行く時も個人で行く場合はほぼ車中泊します。

車の中にソファーベットの布団を入れて、シートの下に必要な物を詰め込み出かけるのです。
宿代かからず安上がり
写真は朝の風景。
天気よければ椅子出して、タオルとか干しつつ食事するのです。

道の駅「鳥海山」はパンが美味しかった。
モチモチしていてしっかり味があり満足しました。

道の駅「鳥海山」では朝食販売が朝の6時からやっております。
早めに行動したい方には都合が良いのではないでしょうか。

ゆったり目の朝食を終え、更に北上。
目指すは男鹿半島。
○年前にオートバイで一度訪れた地。
以前に比べ、道は走りやすくなってるし何よりも町がひらけてる。
男鹿半島の入り口にはショッピングモールが建ち並び、ちょっとした地方都市になっているのには驚いた。

男鹿半島でまず目指すのは寒風山。
八郎潟が見渡せ、海岸線も綺麗に見えました。
風も気持ちよくいいところです。


モデルはゴンママです。

そして男鹿半島の先っちょへ向かいます。
途中道路が狭くなったりするのでスピードには注意!

男鹿半島の先っちょの入道崎と言う所は丁度北緯40度であります。
それがどんなもんかとは深く追求しないように。。。


モデルはゴンパパです。

で、丁度お昼時。で、奮発しましたよ---
うに丼食べちゃいました。
ガイドブックに載っていたので狙ってました

すいません。我慢できずに一口食べちゃった後の映像です。

微妙なタレがすでにかかっていてこれまたまいう―

意外と男鹿半島の中で時間を費やしてしまったので、男鹿半島の付け根にある
道の駅「てんのう」で早めのバスタイム。
最近の道の駅にはお風呂が併設されている所が多く、旅人には大変助かります。
途中能代に寄り(高校バスケットで有名な!最近は嫌な事件ありましたな。)夕食を買出し。
今晩の宿泊地の道の駅「はちもり」へ向かいました。

道の駅「はちもり」は規模は大きくないものの、白神山地から流れ出る湧き水があることで有名なのです。
その湧き水の事を「お殿水」と呼んでいます。

その昔、津軽藩公が賞賛したという事でこの名前がついたとか。。。
水質は硬水ですね。
朝早くからココの水をくみに来る人が後を絶たず、人気の度合いが伺えます。
コーヒーの水に使うと良いと水をくみに来た人に教えてもらいました。

この水で顔を洗い3日目スタート。
旅の続きは後編にて・・・・

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴンちゃん 新盆SP?

2006-08-08 10:17:07 | ゴン(点滴ニャンコ)の日記


「ほうほう!」



「そうなんだ



近くで見ると、目が悪くなりまっせ-



「じゃー。ちと離れて見るか。。。なんか内容が面白くないみたいだな。。。」



「やっぱ気になる!!」

ゴンちゃん、在りし日写真です。
新盆スペシャルー。。。
ゴンとの時間があったからこそ、今の3ニャンがいます。。。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

どないしよ

2006-08-04 12:36:11 | 健太のねーちゃん二人に負けないぞ!


悩んでいるんです。
なにが?
健太、去勢するかです。
出来れば傷つけたくないですしね。
でも、やっぱ・・・
毬藻とほんとに異母兄弟かよぉーとか
変に考えちゃってます。
違ったら子供とらせるのになーとか・・・
でもしなくちゃ・・・・
マーキングし始める前に。。
あー!!どないしよ。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

気持ちいい足下

2006-08-03 10:17:32 | ゴンパパのぶっちゃけ!
5~6年前から足下にはいつもグラビスがある。
中でもお気に入りはターマック。



何よりここの親メーカーはあの「バートンカンパニー」
バートンと言えばスノーボードの世界ブランドである。
雪上スポーツの一番のポイントは足下。いわゆるブーツでそのスポーツの心地よさが決まると言っても大袈裟ではないだろう。

グラビスは日本人の足形に合わせて作られている。
というか、日本で販売する正式ライセンス物は日本仕様なのだ。
グラビスはどの種類の靴にもしっかりとしたコンセプトがあり履き心地感全てが違う。

そんなグラビスのラインナップの中でも一番がこの『ターマック』
スニーカーでありながら余裕のスリップオンシステム。
そして何よりも靴の中で足に余裕が生まれるところがいい。
狭すぎず、広すぎず。。。
写真のターマックはなんと自身購入4代目である。
同じ靴を4回も連続で購入するなんてもちろん過去には無い。
日常にこの靴を履いたら○イキなんて履けなくなりますよ。
当然人それぞれ足の形が色々なのでなんとも言えませんが、見かけたら一度試着してみても損は無いと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

並んでZZZzzz

2006-08-01 19:28:08 | ベンガル猫 りんとの時間


梅雨が明けたと思いきや、東京は涼しい日が続いています。

なので我が家の3ニャンはこんな格好で仲良く縦に並んで丸まって寝ているんです。

昔で言う『団子3兄弟』とでもいいましょうか。

常に並びかたもこの順番。

ふしぎですね。何か約束事でもあるんでしょうか・・・
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加