勝浦市議会の新しい体制が決まりました!

2015年05月23日 00時04分58秒 | 議会報告
皆さんこんばんは!
日本映画で初めてのキスシーンが銀幕に登場した記念日である今日、皆さん如何お過ごしでしょうか。

さて、18日に5月臨時議会が開催され、正副議長・監査、委員会等、改選後の新しい議会における役割について、下記の通り決まりました。

役職:氏名(所属会派)

議長 :寺尾 重雄(自由改革クラブ)
副議長:佐藤 啓史(新創かつうら)
監査 :黒川 民雄(誠友会)

議会運営委員会

委員長 :末吉 定夫(誠友会)
副委員長:岩瀬 洋男(新創かつうら)
  委員:黒川 民雄(誠友会)
  委員:佐藤 啓史(新創かつうら)
  委員:鈴木 克己(新創かつうら)
  委員:土屋 元 (自由改革クラブ)
  委員:松崎 栄二(無会派)
  委員:丸 昭  (無会派)

総務文教常任委員会

委員長 :土屋 元 (自由改革クラブ)
副委員長:磯野 典正(新創かつうら)
  委員:岩瀬 洋男(新創かつうら)
  委員:岩瀬 義信(自由改革クラブ)
  委員:黒川 民雄(誠友会)
  委員:照川 由美子(無会派)
  委員:藤本 治 (共産党)
  委員:丸 昭  (無会派)
 
産業厚生常任委員会

委員長 :鈴木 克己(新創かつうら)
副委員長:松崎 栄二(無会派)
  委員:久我 恵子(無会派)
  委員:佐藤 啓史(新創かつうら)
  委員:末吉 定夫(誠友会)
  委員:高梨 弘人(誠友会)
  委員:寺尾 重雄(自由改革クラブ)
  委員:戸坂 健一(新創かつうら)

議会報編集委員会

委員長 :戸坂健一(新創かつうら)
副委員長:磯野典正(新創かつうら)
  委員:久我恵子(無会派)
  委員:高梨弘人(誠友会)
  委員:土屋 元(自由改革クラブ)
  委員:照川由美子(無会派)
  委員:藤本 治(共産党)

私は引き続き、議会報編集委員会の委員長を拝命しました。
慮外の大役に身の引き締まる想いですが、引き続き議会広報の改革・充実に努め、市民に開かれた明るい議会の実現に向けて、邁進して参ります。
また、常任委員会は「産業厚生常任委員会」に所属となりました。

今議会から議員定数が2削減となった事にともない、これまで教育民生・建設経済・総務の3つであった常任委員会の数を、2つに減らす事となりました。
これにより各委員会の取り扱う仕事は拡大し、これまで以上に常任委員会における各議員の果たす役割が重要となってきます。
私もしっかりと所属委員会で頑張って行きたいと思います!

追伸:活動報告                                                          

今日は勝浦市災害予想地上空視察に参加しました。
これは勝浦市における津波などの災害発生予想地域を上空から確認し、防災計画に資するため市が企画したものです。
陸自木更津駐屯地からCH-47輸送ヘリをお招きし、市執行部・市議会議員・防災関係者や各区長の皆さんと共に、上空から勝浦市の災害予想地域を視察しました。
平地が少なく、山間部が多い勝浦の実態(実は市域の90%が山地)や、人口密集地域・土地利用の実態等もよく分り、大変有意義な視察となりました!
我が家もちっちゃく見えるかな??






追伸2:当選後のあいさつ行為の制限について                                            

我々市議会議員は、当選後にお礼の挨拶回りをする事が法律によって制限されています。

選挙活動に関する禁止・制限事項について(松伏町HPより 公職選挙法第178条の解説)
http://www.town.matsubushi.lg.jp/www/contents/1334795153149/index.html

ご支持頂いた皆さんには大変な不義理をしてしまい誠に申し訳ありません。
しかし私は今後も法令遵守を尊び、市政をより良い方向に変えていく所存であります。
頂いた御恩は必ず仕事でご恩返しをしていきたいと思いますので、何卒ご理解ご賢察頂きますよう宜しくお願い致します。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

勝浦市議会議員選挙 二期目当選のご報告

2015年04月29日 05時54分27秒 | 議会報告
皆さんこんにちは!

たくさんの方々から温かいご支援を頂き、お陰さまで2期目の当選を賜ることが出来ました。
改めて、身の引き締まる想いです。

投票して頂いた有権者の皆さんのご期待を裏切らないよう、また、勝浦市政の発展のため、これまで以上に頑張ります。
そして選挙期間中、皆さんの前でお話した政策提言を、必ずひとつひとつ実行していきます。

今回、素晴らしいスタッフにも恵まれました。若さと情熱、団結力で戦い抜くことが出来ました!





追伸:今回の選挙では、新しい選挙のかたちを示すべく、また、新しい勝浦市の可能性を示すべく、様々な取り組みを行いました!

出来るだけ多くの市民の皆さんに政策を訴えたいと思い、市内106箇所で街頭演説を実施させて頂きました。




初の試みとなった個人演説会には50名以上の方にご参加を頂きました。


会派「新創かつうら」所属候補合同での街頭演説を実施しました!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あたらしい勝浦を創るために

2015年04月18日 23時53分22秒 | 議会報告
皆さんこんばんは!

いよいよ明日から勝浦市議会議員選挙が始まります。
選挙に伴い当ブログの更新は出来なくなりますが、Facebookは選挙期間中も更新を続けていますので、左メニューからFacebookの更新をご確認下さい。

地方創生が叫ばれる昨今、地方議員の役割はますます重要となってきます。
今こそ、過去のしがらみを捨て、「政策」で、そして「行動力」で議員を選ばなければ、地方の未来はありません。
新しいアイデアと行動力で現状を打破出来る議員こそが求められています。

選挙権は、我々自身の未来を決める大切な権利です。
他の誰でもない、皆さんご自身の手で、市政の代弁者たる市議会議員を「選び」、民主主義に参加していく事こそが重要なのです。
勝浦市の未来は、皆さんおひとりおひとりのものです。他の誰かに決めてもらうようなものではありません。
我々議員がしっかり働く事が大前提ではありますが、皆さんの意志こそが政治を動かす力であり、有権者が変われば政治は必ず変わるのです。
次回の選挙で勝浦市の政治がより良い方向に進む事を信じています。

勝浦市の新しい未来を創る為に、そして日本国のために。
市政の更なる発展に向け、私も精一杯頑張ります!

追伸:

政策提言、政治信念などを動画にしてみました!
テーマ毎にまとめてみたので是非ご覧下さい!

戸坂健一 新たなる挑戦



戸坂健一議員へのインタビュー① 立候補の理由とは?



戸坂健一候補へのインタビュー② 政策提言:教育改革



戸坂健一候補へのインタビュー③ 政策提言:地域活性



戸坂健一候補へのインタビュー④ 政策提言:環境政策



戸坂健一候補へのインタビュー⑤ 市議会とはどうあるべきか? 市議会議員に求められる資質とは?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議員にとっての政策提言の大切さとは!

2015年04月04日 21時35分15秒 | 議会報告
皆さんこんばんは!
大変ご無沙汰をしております。
前回の更新からまるまる1ヶ月が空いてしまいました。
季節の変わり目、気候の寒暖が激しい今日この頃ですが、皆さん元気にお過ごしでしょうか。
桜は今が花盛りですが、今年も花見は無理かなあ…

市内某所の桜




さて今日は、私の後援会ご入会案内と、後援会パンフレットの紹介をさせて頂きたいと思います!

「戸坂健一とあたらしい勝浦を創る会」ご入会案内

1ページ 表紙・市政報告(画像クリックで拡大)


2ページ ご入会案内・政策提言(画像クリックで拡大)


PDFファイルダウンロード(下記リンクをクリックしてください)
https://play.google.com/books/reader?printsec=frontcover&output=reader&id=4Z48BAAAAEAJ

パンフレットでは、4年間の議会での活動・市政報告と、議会外でのボランティア活動などを写真付きで紹介すると共に、4年前の立候補時に掲げた政策提言を再検証しています。

選挙公約は政治家の命です。
市民の皆さんからの信任により議席を賜った身である以上、任期の間、有権者に約束したことを実現するために努力し続けなければなりません。
実現出来た政策、検討中の政策、残念ながら実現出来なかった政策など色々ありますが、自らの言葉に責任を持ち、掲げた政策をしっかりと再検証し、次に活かす事が大切だと考えます。

「選挙期間中、空気は演説で満ちあふれ、演説は空気で満ちあふれている」

政治シミュレーション「トロピコ3」の中で紹介される格言です。
政治家は政策あってこそではありますが、選挙の時だけ、その場限りの耳障りの良い言葉を発してはならないとも思います。
公約は少なめに、実行は多めに。今後も嘘偽りのない政策提言をしていきたいと考えます。

また現在後援会では、事務所ボランティアスタッフを募集しています。
性別、年齢は問いません。もちろん大学生も大歓迎です。
将来政治家を目指している方や、政治に興味のある方は、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

後援会ご入会ご希望の方、ボランティアスタッフに興味のある方は、左側メニューの「メッセージを送る」のフォームからお問い合わせ下さい。
皆さんからのお問い合わせをお待ちしています!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成27年勝浦市議会3月定例会が開催されます!(会期日程表・議案一覧・一般質問順序表など)

2015年02月26日 23時50分51秒 | 議会報告
皆さんこんばんは。
まだまだ寒い日が続きますが、皆さん如何お過ごしでしょうか。
気が付けばあっという間に2月も終わり。慌ただしい日々が続きます。

さて、明日2月27日(金)から勝浦市議会3月定例議会が開催されます。
前回の選挙で市民の皆さんから議席を賜ってからはや4年。いよいよ、勝浦市議会議員一期目として最後の議会となります。
3月定例会は新年度の予算案が審議される重要な議会です。
これまでと変わらず、しっかり勉強して議会に臨みたいと思います。

会期日程、および審議される議案は下記のとおりです。

平成27年3月勝浦市議会定例会会期日程表
https://www.city.katsuura.lg.jp/div/syomu/pdf/nittei/kaikinittei27.03.pdf

平成27年3月勝浦市議会定例会議案一覧
https://www.city.katsuura.lg.jp/div/syomu/pdf/shingi/gianitiran27.03.pdf

また、私は今回も一般質問を行います。
今回の私の一般質問のテーマは、「これまでの一般質問の再確認」です。
これまでの議会一般質問において、執行部から検討、あるいは調査研究する、とのご答弁を頂いた事項について、重要なものについて再度質問を行います。
それぞれ、どのように検討がなされ、どのように政策に反映されたか、また政策実現に向けて今度どのような方策を考えているかを質問していきたいとおもいます。

私の一般質問は、3月5日(木)、順序表によれば1人目ですので、午前10時からの登壇予定となります。
4年間の締めくくりとして、また来期にも繋がるような、明るく前向きな質疑・政策提案が出来ればと思います。

議会の傍聴はどなたでも可能ですし、難しい手続きも要りません。
市役所5階に来て頂ければ簡単に傍聴可能ですし、途中退室も可能です。
皆さん、是非お気軽に議会傍聴にお越し下さい!

一般質問順序表
https://www.city.katsuura.lg.jp/div/syomu/pdf/ippan-shitsumon/ippansitumon27.03.pdf



追伸:今月の活動報告について、主なものを紹介します!


2月26日(木)

今日は千葉地方連絡本部における自衛隊協力会事務局長会議に出席しました。
様々な資料を精読し、より良い事務局体制づくりに向け様々な課題を協議しました。
おやつにチョコレートとソマリア・アデン湾派遣の土産だと言う「ナツメヤシ」の実が出ましたが、とっても美味しい!
干し柿とクルミを混ぜたような甘みと食感。遠い砂漠の国の空気を感じました。




2月20日(金)

いよいよこの日からリニューアルされた議会だよりが配布されることとなりました!
新しい議会だよりの名前は「みんなのギカイ」。
市民の皆さんに愛され、親しまれる議会だよりになるように、願いを込めて命名しました。
また、市政発展に向け、今後も進化を続ける議会だよりにしていきたいと考えています。
皆さんからのご意見、ご感想をお待ちしています!




2月11日(水)

この日は会派新創かつうら第15回市政報告会を開催しました。
あたたかいご意見、厳しいご意見など様々な提案や質問を頂き、市議会議員として身の引き締まる想いでした。
市民の皆さんからの信頼や期待を裏切らぬ様、今後も頑張っていきます!


2月5日(木)

この日は第4回となる「千葉県海洋再生可能エネルギー導入可能性研究会」に出席しました。
今回は最終回ということで、これまでの課題の再検討や、千葉県における海洋再生可能エネルギーによる産業および地域の振興に係わる今後の方向性について話し合いました。
首都圏に近く、また豊富な海洋エネルギーを利用できる環境にある勝浦市にとって、海洋再生可能エネルギーの活用・導入は、産業創出、雇用拡大、漁業振興、観光振興など様々なメリットがあり、勝浦市にとってまさに起死回生の一手となり得ます。
また勝浦市の地の利を活かした「海の力」を使った地域活性策は、地方の個性を活かすという地方創生の理念にも繋がります。
今後は、海洋再生可能エネルギー導入のメリット・デメリットや漁業協調策などの幅広い分野において、関係者への積極的かつ丁寧な検討や説明が不可欠です。
夢の実現に向けて、私も一歩ずつ進んで行きたいと思います!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あたらしい市議会だよりが発刊されます!(&先月の活動報告)

2015年02月05日 00時03分07秒 | 議会報告
皆さんこんばんは!
天気予報によれば明日は関東に大雪が降るとのこと。流石に寒いですが、風邪等引かぬ様十分にご注意下さい。

所用が重なり、日々慌ただしい状態からようやく落ち着きました。
ご心配頂いた方々から心温まるメッセージを頂戴し、本当に有り難う御座いました。
新年のご挨拶も無いままに長期の更新停止となり申し訳ありませんでした。お陰さまで元気にやっております!

さて今日は、議会報編集委員会に出席しました。
議会報編集委員長として、これまで議会だよりの改革に取り組んできましたが、本日の委員会で新しい議会だよりの最終案をご承認頂き、いよいよ、今月20日に全編リニューアルし生まれ変わった議会だよりを皆さんのご家庭にお届けすることになります!

これまでとは違った、全く新しい議会だよりになったと思います。
議会報編集委員会の各委員をはじめ、ご協力頂いた全ての関係者の皆さんに対し、心からお礼と感謝を申しあげます。

市民の皆さんからの反響やご意見が楽しみでもあり、また不安でもありますが、ひとつ肩の荷が下りた気持ちです…
皆さん20日の発行を楽しみにお待ちください!

新誌面チラリズムです




追伸:活動報告

1月から現在までの活動について主なものを掲載します。


2月2日(月)

この日は「勝浦ロケーションサービス」キックオフシンポジウムに出席しました!
ロケツーリズムとご当地グルメによる街おこし、シティセールスを行う事を目的とし設立された勝浦LS、通称「ちいかつ」ですが、いよいよ本格的に動き始めることになります。
窓口対応やロケ地の選定、制作者との交渉など、大変なこともありますが、夢と可能性に満ちた事業であることは間違いありません。
私もサブリーダーとして、佐藤リーダー、メンバーの皆さんと共に、前向きに取り組んで行きたいと思います。

この事業の成功は、経済効果はもちろん、文化的にも大きな意義があります。
良作を誘致し、勝浦を舞台とした作品が何十年もファンに愛され、語り継がれ、勝浦も共に愛され、また市民にも誇りに思って頂きたい。
そんな作品や制作者と巡り会えるような誘致活動をして行きたいですね。

シンポジウムの様子


ロケなび!勝浦ロケーションサービス
http://locanavi.com/facility/katsuura-ls/


2月1日(日)

この日は遠くタイから旅行雑誌の取材。
勝浦ロケーションサービスとして取材に同行しました。
まず松の屋旅館を訪問。国指定文化財でもある同館の歴史や宿泊施設などを取材後、飲み処佐良屋にて勝浦タンタンメンの試食。
その後街を歩き、中央商店街の紹介を行いました。
勝浦市とタイは実は縁が深く、市内には数十名のタイ人技能実習生も暮らしています。
これを機会に、タイからの観光客が増えると同時に、文化交流も進むと良いですね!

松の屋旅館にて取材


勝浦タンタンメンの試食。タイ人の口にも合う様で嬉しいです!



1月23日(金)

この日は勝浦市商工会地域力活用新事業実行委員会に出席しました。
本日はグルメ漫画「孤独のグルメ」原作者である久住昌之さんがゲストとして来訪。
私は漫画の大ファンなのですが、なんと久住さんからサインを頂きました!家宝にします。
久住さんには商店街を歩いて頂き、勝浦の様々な名物を体感して頂きました。
いつか孤独のグルメに勝浦が登場してくれたらこんなに嬉しいことはありません。

勝浦ロケーションサービスもいよいよ立ち上がり、ロケ地誘致や特産品づくりによる街づくりを進めるべく活動しています。
私もサブリーダーとして、この活動が市民に普く広がるよう頑張ります!

「孤独のグルメ」原作者である久住さんと一緒に



1月15日(木)

この日は千葉県南市議会議長会議員研修会に出席しました。
今日の議題は「市議会議員の危機管理について」。
講師に市町村アカデミー客員教授の大塚康男氏を招き、政務活動費や視察について等、法令遵守の重要性について学びました。
昨年は、地方議員の不祥事が相次いだ年でした。
同じ地方議員として情けなく、非常に残念でしたが、我々はこれを他山の石としてしっかり反省し、襟を正し、勝浦市そして日本のために、これまで以上に法令遵守に努め、しっかりと働き結果を出していかなければなりません。




1月13日(火)

この日は勝浦市赤十字奉仕団の新年会に出席。
余興にて三線を披露しました。
曲は十九の春と安里屋ゆんたの2曲。皆さん一緒に歌って頂いたので、私も楽しく弾くことが出来ました!
赤十字奉仕団に入団して2年、これまで震災ボランティアに関する講習会や講演などに参加して来ましたが、勝浦市赤十字奉仕団の活動を周知するためにも、本年は大会などにも積極的に参加して行きたいと思います。




追伸2:

1月8日にgooメールがシステムをリニューアルしたのですが、これが前代未聞の超絶大改悪。
学生時代からgooメールを使用していたのですが、改悪により旧システム上ではメールの送受信が不可能なだけでなく、メールの移行自体が一部不可能な状態です。
事前にしっかりとした案内も無く、メールが使えなくなるなど言語道断です。gooメールを通じて連絡していた方々には大変なご迷惑をおかけしてしまいました。
使用料を支払い、何年もかけて育んで来たメールアドレスへの信用を一気に失うこのシステム改悪は、情報を扱う企業としてあり得ないと思います。
gooメールを管理するNTTレゾナントは問い合わせもパンクし我々使用者は大混乱。関連ページのコメント欄も阿鼻叫喚です。
2010年にも同様の事件があり、批判殺到により新システムと旧システムを両立させるという離れ業で大幅に信頼を失ったgooメールですが、全く反省が無いどころか、残念ながら事態は悪化してしまいました。
信頼していたシステムが一夜にして使用出来なくなるという、現代ハイテク社会の脆さを体感した3週間でした...

本当に大切なやりとりは手紙に限ります。

gooメールからのおしらせ 旧版gooメールへのpopアクセスがしづらい件について
http://blog.goo.ne.jp/goomailstaff/e/900cd6a1bb3a5236df00ebc21929e1cc?st=1#comment-list
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一年間有り難う御座いました!

2014年12月31日 22時57分50秒 | 活動報告
皆さんこんばんは。
あっという間に2014年も終わり、大晦日もあと一時間となりました。

今年一年間を振り返ってみると、迷い、悩み、苦悩し、そして決断を迫られた一年でした。
市民の皆さんから様々なご相談や陳情を頂き、解決出来た事も、出来なかった事もありましたが、とにかく一歩でも前に前進すべく力を尽くしてきました。
今後も勝浦市民全体の利益を常に考え、市議会議員として、市政発展に向けてしっかりと議論を重ね、明るく前向きに進んでいこうと思います。

また、毎年お伝えしている事ですが、年賀状についてひとこと。

我々市議会議員は、公職選挙法の規定により、自筆の答礼文をのぞいては自分から選挙区内の皆さんに年賀状を出すことが禁止されています

公職選挙法第147条の2
「候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む)は、当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域)内にある者に対し、
 答礼のための自筆によるものを除き、年賀状、寒中見舞状、暑中・残暑見舞状その他これらに類するあいさつ状(電報その他これに類するものを含む)を出してはならない。」


勝浦市内の皆さん、年賀状も出せず、不義理をしてしまい誠に申し訳ありません。
しかし、年賀状を頂いた方には全力でお返事をいたしますので何卒ご容赦ください。

一年間、本当に有難うございました。
皆さん、良いお年を!



追伸:今月の活動報告



12月21日(日)

この日は学習院大学弁論部主催の「第八回桜弁会杯争奪弁論大会」に出席しました。
今年度から他大学の弁士も招き、8大学の弁論部や雄弁会が集う盛大な大会となりました。
各学生の弁論は、論旨がしっかりしているだけでなく、それぞれ若者らしく情熱的で、また個性的でアイデアに富み、まさに弁士の名に相応しい素晴らしいものです。
我々市議会議員は、その名の通り「議論」を通して市議会や執行部を動かし、市政発展に資するという役割を担っています。
私は議会において、学生弁士の皆さんの様にまっすぐで情熱的な「議論」が出来ているだろうか、初心を忘れていないだろうかと、思わず反省してしまいました。
学生弁士の皆さんの弁論を通じて、様々な気付きやアイデア、そして勇気を貰いました。
学習院大学弁論部の皆さん、お誘い頂き本当にありがとうございました!






12月20日(土)

この日は勝浦市芸術文化交流センター落成記念式典及び勝浦市名誉市民推戴式に出席しました。
勝浦市の文化交流の中心となるKUSTEが、末長く市民に愛される施設となるよう、私も応援して行きたいと思います。



午後はかつうらワクワク会議室のラジオ収録を見学させて頂きました。
ゲストとして横手やきそばサンライ’S代表の田畑さんが出演。とても素敵な方で、お話出来て大変勉強になりました!




12月19日(金)

この日は「勝浦市市民提案型まちづくり事業」公開プレゼンテーションに出席しました。
勝浦市では、市民活動やまちづくり事業の推進を図るため、優秀な市民提案事業に対する補助を実施しています。
今回の応募は10件。各団体がそれぞれ個性的なまちづくり事業を提案されていました。
市にはしっかり審査をして頂き、将来性のある優秀なまちづくり事業を応援して頂きたいと思います。

市民提案型まちづくり事業について
http://www.city.katsuura.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=29262


12月17日(水)

この日は議会だよりの特集記事として、議会報編集委員会と国際武道大学生との対談を実施しました!
いよいよ、次号152号から勝浦市議会だよりが全面リニューアルとなります!
解りやすく読みやすい、そして市民の皆さんに親しまれる全く新しい議会だよりとすべく現在編集作業中ですが、リニューアル後の特集記事として、大学生と市議会との対談を企画し今回実現したものです。
大学生からは、若者らしく瑞々しい意見から我々も感服するような素晴らしい意見まで様々な提言を頂き、充実した対談となりました。
議会報編集委員長として全面リニューアルにはプレッシャーも感じますが、市民と議会との架け橋になるような、新しい議会だよりを皆さんにお届け出来るよう、委員会の皆さんと共に精一杯頑張ります!




12月16日(火)

この日は一般社団法人勝浦いすみ青年会議所2014年度卒業式でした!
卒業生の皆さんおめでとうございます。今後ともご指導宜しくお願い致します。






追伸2:2014年映画個人的BEST3発表!


親友に「けんちゃんのブログが最近真面目過ぎてつまらない」と駄目出しされてしまい、反省したので今後は少しずつ「自分らしさ」も出して行きたいと思います。
もともとこのブログは2004年に映画などの批評目的で始めたもの。その頃からの読者さんもおられます。
という訳で、今年鑑賞して面白かった映画3本をそれとなく発表します!


1位:「Guardians of the Galaxy」(邦題:ガーディアンズオブギャラクシー)
※頭空っぽにして心から楽しめる、痛快な娯楽大作です。いわゆるスペースオペラと呼ばれるジャンルですが、劇中では斬新なアクションや明るくビビッドなSF世界を体感出来るだけでなく、トロマ映画スピリッツ満載のブラックジョークや、7~80年代の数々の名曲も楽しめます。また痛快なだけでなく、キャラクター一人一人が持つ悩みや深い哀しみ等の細かい描写もしっかりなされているため、キャラの台詞ひとつひとつに実は深い意味も込められており、最後にはホロリと感動させられます。
日本では広告作戦で大失敗。なぜか感動もの系&アライグマ一押しのトレーラーに改変されており、予告からは本作の持つワクワク感や楽しさ明るさが伝わらなかったのが非常に残念。隠れた名作です。

Guardians of the Galaxy extended trailer UK - Marvel | HD



2位:「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」
※染谷将太主演、矢口史靖監督作品。大学受験に失敗し林業研修生として田舎に移住した若者の苦悩や青春を描く作品。日々移住者や地域おこし協力隊の皆さんと接している身としては、この作品が、田舎の生々しさや閉鎖的な部分、そしてその先にある「人間の温かさ」を、しっかり描写しているところに甚く感動しました。田舎への移住定住を考える方はもちろん、街おこしに携わる方にも是非見て欲しい一作です。

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』予告編



3位:「Godzilla」(邦題:ゴジラ)
※満を持して登場したゴジラ復活作品。一本の「映画」としてみれば不満点も多々あります。例えば、取って付けた様な津波シーンや、相変わらずの「デタラメ日本」描写、夜のシーンが多いため全体的に暗い事、重要人物の早期退場・脚本の破綻などなど、気になる点はたくさんあるのです。しかし、「ゴジラ映画」としてみればこれは傑作です。監督のゴジラ愛に溢れた、非常に良く出来たキャラクター映画です。前作エメリッヒ監督版ゴジラが人間の用意したサカナを美味しそうに食べているシーンを見て幻滅した身としては、今作の、雄大で、強く、そして恐ろしい「ゴジラ」の復活に心から拍手を送りたいと思います。

「GODZILLA」予告



ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの監督ジェームズ・ガン氏にしても、ロード・オブ・ザ・リング3部作、そしてホビット3部作の監督ピーター・ジャクソン氏にしても、現在第一線で活躍されている映画監督の多くは、実は下積み時代にいわゆる「B級映画」といわれるエロ・グロ・ナンセンス映画を撮っていた方々です。
現在の日本の「表現規制」を推進する方向は、作家や芸術家の自由な表現活動を抑制し、才能の芽を摘む結果になりかねません。既に映画や漫画の世界では、表現規制や自粛による様々な表現抑制・悪影響も出始めています。明らかに以前に比べて作品の表現の幅や個性が失われていると感じます。
「思想の自由市場」という言葉があります。あらゆる表現物は、健全な大衆の間で自然淘汰され、劣悪な表現物は自然と消えていく、という考え方です。私はこの考え方に賛成です。
表現というものは根本的に自由であり、一部の権力者や学者が是非を決める様なものではありません。私は今後も自由で健全な表現を応援し、行き過ぎた表現規制に反対していきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民主主義を求め闘う香港の若者から日本の友へ(&議会活動報告)

2014年12月13日 16時38分10秒 | 議会報告
皆さんこんばんは。
いよいよ寒くなってきました。皆さん風邪等引かぬ様くれぐれもご注意下さい。

さて、明日はいよいよ衆議院議員総選挙。

まず、この動画をご覧下さい。

民主主義を求め闘う香港の若者から日本の友へ



この動画は、選挙権を求め香港の民主化要求デモに参加した学生達から日本人へのメッセージです。
投票なんて意味が無い、一票では何も変わらない、と思っている方にこそ、是非一度見て頂きたい素晴らしい動画です。

前回の総選挙のときも書きましたが、皆さん、どうか必ず投票にお出かけ下さい。
選挙権は、我々自身の未来を決める大切な権利です。我々自身の手で政治家を選び、民主主義に参加していく事こそが大切なのです。

たった一票。自分の一票では政治なんて変わらない。だから選挙なんか行ったって意味が無い。そう考える方が多くいる事は解ります。
しかし、本当にそうでしょうか?
3年半、市議会議員として活動してきた今だからこそ解ります。
たった一票、しかしその一票の積み重ねこそが「票」なのであり、市民の「意志」であり、政治を変えるための大切な大切な「手段」なのです。
もちろん、我々政治家がしっかり働く事が大前提ではありますが、皆さんの意志こそが政治を動かす力であり、有権者が変われば政治は必ず変わるのです。

どの党に投票しても同じだ、或いは、どの党に投票していいか解らない。そう言ったご意見もよく伺います。
しかし私たちは実際に選挙を通して意思表示をし、政治に参加する事で社会を動かして行かなければならないのですから、選択をやめることは許されません。
ベストな候補者や党が無いのであれば、よりベターな候補者や党に投票する。そうしてこそ我々は政治に責任を持てるのです。白票にも棄権にも、実際にはあまり意味はありません。

「未来はあなたのものです。他の誰かに決めてもらうのではなく、あなた自身で決めて下さい」
「あなたには国を良くする力があります。そして社会を変える力もあります」
「だから是非投票に行ってください。どうか、投票に行く権利を無駄にしないでください」
「どうか皆さん、自分の意志で、国の行方を決めてください」



動画中での学生の言葉です。
明日の大切な選挙、どうか皆さん投票に参加し、自分の意志で、国の行方を決めてください!


【総選挙2014】政党の公約を読む(ポリタス編集部)
※各政党のウェブサイトとウェブで読めるマニフェスト、公式ソーシャルメディア、公式動画チャンネルなどをコンパクトにまとめています。
http://politas.jp/articles/207



追伸:これまでの活動報告(更新が滞ってしまい大量です)


12月13日(土)

今日午前中はNPO法人南外房環境クラブの勉強会に出席。講師に安房生物愛好会から小林洋生氏を招き、ゲンジボタルの生態について学びました。
現在、クラブでは市内の耕作放棄地をゲンジボタルなどの希少生物養殖ビオトープへと作り変えるプロジェクトを進めています。
カワニナの生態や好物、ホタルの育成方など様々な知識を学ぶことが出来ました。今後のビオトープ作りにも活かしていきたいですね。

講演の様子


午後からは、勝浦市民読書会に参加。
今日の課題図書は恩田陸著「夜のピクニック」です。自分が普段読まないジャンルの本を読み、参加者と自由に意見交換することが出来るのは、とても良い刺激になります!
来月の課題図書は五木寛之の「蓮如」。
渋い…

課題図書



12月12日(金)

この日は今年度最後となる(一社)勝浦いすみ青年会議所理事会。
全ての審議協議を終え、私の副理事長としての任期も後僅かとなりました。
鶴岡理事長、一年間お疲れさまでした!


12月11日(木)

この日は議会最終日。
12月議会詳細については、今後の会派議会だよりや市政報告会を通じて皆さんに報告していきたいと思います。

議会終了後、議会報編集委員会を経て、午後からは、勝浦市商工会地域力活用新事業実行委員会に出席しました。
会議の内容は、映画やドラマ、アニメ等のロケ地誘致や特産品を利用した新商品開発を軸にした地域活性について。

いよいよ来年から(仮)勝浦ロケーションサービスが立ち上がる事となります!
私は以前からアニメロケ地誘致を議会でも提案しておりましたし、ロケツーリズムの推進はその経済効果も含めて勝浦市の街おこしの有効手段だと考えています。
私もサブリーダーとして、皆さんと協力しながら今後も精一杯頑張って行きたいと思います!

委員会の様子



12月10日(水)

この日は議会休会日。
私は空自峯岡山分屯基地もちつき大会に出席しました。
こちらの基地では、毎年地元の幼稚園や保育所の児童を招いてもちつきを行っています。
大人も子供も一緒にもちつきを楽しみ、子供たちの笑い声も絶えません。素晴らしいイベントだと思います。
私も10年ぶりに餅をつきましたが、腰が入っていないと笑われてしまいました(笑)
午後からは地元のミニ集会に参加しました。

おいしいお餅を頂きます!


餅つきの様子


みんなで一緒に餅つきを楽しみます



12月9日(火)

この日は日中は教育民生常任委員会。
夕方からは勝浦いすみ青年会議所次年度理事会に出席しました。
理事会に出席中、愛用のノートパソコンがまさかのクラッシュ。
残念だけど、4年間、猛暑酷寒、落下や酷使にも耐え、本当に良く頑張ってくれました。感謝。
同じく4年目となる自宅のデスクトップも心配になってきました…


12月5日(金)

この日は市議会にて議案質疑の日。
私は勝浦市芸術文化交流センター「Küste」で実施予定の映画上映事業について質問しました。
Küsteでは県内の映画館と連携し、新作や話題の映画を定期的に上映していく予定です。これは本当に素晴らしい試みです。
勝浦市の文化振興に向け、芸術文化交流センターに相応しい映画、そして芸術性や娯楽性のある良作をしっかり選んで欲しい旨を伝え、委託の方法や上映作品の選定などについて質問しました。
来年公開予定の、巨匠シュヴァンクマイエル爺さんの新作をKüsteで上映出来たら素敵だなあ!

午後からは市執行部と議会でKüste内部を見学しました。
いよいよ20日に落成記念式典が開かれるKüste。この素晴らしい施設を活用するために、我々も積極的にアイデアを出していかなければなりません。

勝浦市芸術文化交流センター









夜は妙海寺で開催された熱血!!勝浦タンタンメン船団企業組合の会議に出席しました。



11月30日(日)

この日は(一社)勝浦いすみ青年会議所主催「若者の声を聞け!中高生討論会」を開催しました!
この地域の未来や、夢、どうしたらこの地域が良くなるかなど、地域の中高生が様々なテーマで議論を交わしました。
参加者の皆さんの瑞々しい主張に、様々な気付きやひらめきを頂くことができました。
「若者にとって、この地域に将来性はあるか」という設問に対し、参加者の7割が「無い」と答えていました。
また、時事通信社の調査によれば、今年の新成人の8割が日本の将来に不安を抱いているという結果も出ています。
我々大人は、この結果を真摯に受け止めなくてはなりません。若者に不安を抱かせているのは我々大人なのですから。
悲観論を語り、若い脳味噌に不安や不信を吸い取らせるのではなく、しっかりとしたビジョンと責任を持ち、正しく、そして前向きに行動し、若者に明るい未来を示していかなければならない。
そう強く感じました。

例会の様子



11月29日(土)

この日はNPO法人すんべやぁ勝浦主催「勝浦市移住体感ツアー」を開催しました!
都市部から勝浦市への移住希望者を対象に、お寺でのヨガ体験や、アジの開き作り体験、移住実践者との対談などを実施しました。
雨にもかかわらずご参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
勝浦へのお越しをお待ちしています!

アジの開き作り体験


アジの開き作り体験2


移住実践者との対談
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小惑星探査機「はやぶさ2」打上げ成功おめでとうございます!

2014年12月04日 22時58分54秒 | 宇宙開発
皆さんこんばんは。

昨日平成26年12月3日午後1時22分、小惑星探査機「はやぶさ2」を載せたH2-Aロケット26号機が、種子島宇宙センターから無事飛び立ちました!
はやぶさ2は今後、地球近傍惑星「1999 JU3」への着陸およびサンプルリターンを行い、2020年に地球に帰還する予定です。

先代「はやぶさ」の帰還から4年。
先代はやぶさの帰還当日、私はその様子をずっと衛星生中継で観ていました。涙が止まりませんでした。
数々の絶望的なトラブルに遭遇しながらも、決して諦めず、それを乗り越えてきた「はやぶさ」自身の奮闘ぶり。
どんな困難にも敢然と立ち向かい、的確な指示ではやぶさを地球から支え続けた技術者の皆さんの熱い想いと執念。
はやぶさの帰還は、宇宙開発史、そして世界史に残る偉業であったと思います。

そしてその遺伝子を受け継いだ「はやぶさ2」が今旅立ちました。
6年間、52億キロに及ぶ宇宙の旅が今始まります。2020年、はやぶさ2が帰ってくる頃自分は何をしているでしょうか。
はやぶさ2の活躍と頑張りに負けない様、今一度初心に立ち返り、夢に向かって精一杯職務に邁進したいと思います。

明日は議案質疑。頑張ります!


小惑星探査機「はやぶさ2」、打ち上げ成功(朝日新聞DIGITAL)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成26年勝浦市議会12月定例会が開催されます!(& 第3回千葉県海洋エネルギー研究会ついて)

2014年11月26日 01時43分52秒 | 議会報告
皆さんこんばんは。
先日発生した長野県神城層地震において怪我をされた方、被災された方に対し、衷心よりお見舞いを申し上げます。
あれほどの大きな地震にも拘らず、1人の死者も出なかった事は不幸中の幸いです。
被災者の皆さんの一刻も早い回復と、被災地の復興を願っております。

さて、来週12月1日から平成26年度勝浦市議会12月定例議会が開催されます。

会期日程、および審議される議案は下記のとおりです。

平成26年12月勝浦市議会定例会会期日程表
http://www.city.katsuura.lg.jp/div/syomu/pdf/nittei/kaikinittei26.12.pdf

平成26年12月勝浦市議会定例会議案一覧
http://www.city.katsuura.lg.jp/div/syomu/pdf/gianitiran26.12.pdf

また、私は今回も一般質問を行います。
今回の私の一般質問のテーマは大きく分けて2つです。

1 子ども・子育て支援新制度について
2 勝浦市内小学校の再編計画について

いずれも市民の皆さんからの陳情・要望に基づく質問であり、勝浦市の教育・子育て環境の充実にとって重要なテーマとなります。
私の任期中、残す議会もあと2回。市民の皆さんからの負託に応えるためにも、しっかり準備をして議会に臨み、執行部から前向きな答弁を引き出して行きたいと思います。

私の一般質問は、12月4日(木)、順序表によれば4人目ですので、午後2時頃からの登壇予定です。
議会の傍聴はどなたでも可能ですし、難しい手続きも要りません。
市役所5階に来て頂ければ簡単に傍聴可能ですし、途中退室も可能です。
皆さん、是非お気軽に議会傍聴にお越し下さい!

一般質問順序表
http://www.city.katsuura.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=29279


一般質問通告書その1(画像クリックで拡大)



一般質問通告書その2(画像クリックで拡大)





追伸:


11月18日

この日は、第3回「千葉県海洋再生可能エネルギー導入可能性研究会」に出席しました。

今日のテーマは「地域の合意形成・漁業協調について」。
海洋再生可能エネルギーの活用に関しては、海を使う事業である以上、海を生活の場としている漁業者の皆さんとの合意形成が大前提となります。
海洋再生可能エネルギー導入が、地域振興だけでなく漁業振興につながるものでなければ意味がありません。
今や漁業者が最大の応援団となっている岩手県釜石市の導入成功事例もあります。様々な漁業協調メニューを活用すれば、必ず漁業にも新しい道が開けると信じています。
勝浦沖の豊富な海洋エネルギーを使った地域振興が出来ないかと市議会で提案してから2年。
国や県との折衝を何度も繰り返し、千葉県においても、ようやく実現に向けた道筋が見えて来ました。
まだまだ研究段階ではありますが、市担当課や漁業者の皆さんとの情報共有を密にし、勝浦市の新しい可能性を探って行きたいと思います!

会議の様子





追伸2:

今朝は漁師さんから獲れたての「ドンコ」を頂きました。
見た目はちょっとコワイですが、とっても美味しいお魚です。
特に、濃厚でとろけるような肝は絶品!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成26年度 建設経済常任委員会視察に参加しました(&今週の活動報告)

2014年11月15日 23時11分19秒 | 議会報告
皆さんこんばんは。
すっかり寒くなってきました。
私の周囲でも風邪を引く方が多くなっています。体調管理にはくれぐれもご注意下さい。

さて、11月10日、11日の2日間は建設経済常任委員会の視察で、長野県佐久市に行ってきました。
視察のテーマは、岩村田本町商店街振興組合の実施する「地域密着顧客創造型商店街づくり」についてです。
こちらの商店街では、自らの役割を「地域住民のコミュニティの場」として位置づけ、イベント誘致型の街おこしとは一線を画した地域に根差した様々な街おこし事業を展開しています。

例えば、

1.本町おかず市場
 空き店舗対策事業として、「日常の食料品を手軽に買いにこられる店が欲しい」との住民の声に応え、平成15年4月にオープンしたお惣菜屋さん。商店街直営。
 「地産地消」をかかげ、安全安心な手作りのお惣菜を常時50種類そろえているほか、地元の特産品をつかった新しいメニューの開発もおこなっている。
 地元の台所として、また地域の主婦の職場として、無くてはならない存在になっている。

2.本町手仕事村
 岩村田本町商店街新興組合が募集した、2.5坪のミニショップ開業支援の企画に応募、組合の審査を無事通過した手技系の6つの小さなお店が、チャレンジャーとして営業。
 商品の販売だけでなく、店舗内でいつでも製作を行っていて、手仕事で出来あがった商品をその場で客に提供しているのが手仕事村の特長となっている。
 手仕事村の奥には、良縁成就の「こんこん神社」が奉られ、村内の通路は神社の参道をイメージしている。
 こちらで経験や実績を積んだ店舗は、商店街の空き店舗に引っ越し、営業を開始する事も出来る。

3.岩村田寺子屋塾
 岩村田連合商店会として、そして地域全体で子育て世代を応援し、元気なまちづくりにつなげようと立ち上げた「子育て村」。
 さらに、子育て支援の一環として岩村田本町商店街が立ち上げたのが「岩村田寺子屋塾」。
 この寺子屋塾は、小学生の子どもたちが個々の能力や必要性に応じた個別指導教育を受ける場としてばかりでなく、高齢者を交えて、伝承したい文化・風習を三世代、四世代にわたって学び、
 自発性、社会性の備わった子どもになるための学びの場として運営している。

このように、岩村田商店街では地域活性に向けた様々な事業を展開しています。
中でも特に、子育て・教育環境の充実を志して開設された商店街直営の学習塾「岩村田寺子屋塾」の取組みには感銘を受けましたし、また多くの事を学びました。
10年後、20年後の街の未来を見据え、商店街が一丸となって地域の子供たちの教育・子育て支援に取組むというこの事業は、多くの示唆に富んでいます。

私のひとつの「夢」として、いつか勝浦市内に、子供たちに日本の歴史や文化、国語の美しさを教える「寺子屋」を開きたいというものがあります。
学習塾ではどうしても成績重視・理系重視の指導になってしまいがちですし、現状の小中学校の教育課程では、重要な日本の近現代史や、国語の大切さを教える教育が十分になされていない面があります。
(この点については過去の議会にて2回の一般質問を行っています)
平成23年6月議会一般質問 P70~教育問題について
http://www.city.katsuura.lg.jp/div/syomu/pdf/kaigiroku/kaigiroku-23-6-3.pdf
学校教育の充実を図りつつ、それを補足する様な形で子供たちに「学ぶ事」の大切さや楽しさを伝えられるような場所を作りたい、とずっと考えていました。

岩村田寺子屋塾の理念や取組みは、大変素晴らしいものですし、政策としても勝浦市において十分実現可能なものです。
視察結果や頂いた資料をしっかり研究し、視察の成果を皆さんに報告すると共に、今後の勝浦市の街づくりにも活かして行きたいと思います!

岩村田商店街オフィシャルサイト「いわむらだこむ」
http://www.iwamurada.com

岩村田商店街の様子


つどいの館「こてさんね」


寺子屋塾


視察研修の様子




追伸:今週の活動報告


11月14日(金)

この日は荒川テニスコート研修室にて、第14回目となる会派市政報告会を実施しました。
新聞折り込み等で報告会の開催日を公表しているものの、なかなか参加者が増えないのは悩みどころです。
もっと沢山の方に市政報告会にご参加頂き、市政について胸襟を開いて語り合いたいと思っています。


11月12日(水)

この日は財団法人日本釣振興会役員の皆さんと共に、勝浦漁協・新勝浦市漁協の市内両漁協を訪問しました。
釣り客のマナー改善に向けた啓蒙活動や、漁港清掃・注意看板設置などの支援活動を実施することや、漁港施設の有効活用などについても協議しました。
漁港は公共施設であると同時に、漁師の皆さんにとっては大切な生活の場でもあります。
お互いに尊重し合いながら、海という財産を活用できる方法を探って行きたいと思います。






11月7日(金)

この日は鵜原法蓮寺のお会式にて「遠見亭団一郎」として落語を披露してきました。
人生3度目となる人前での落語披露でしたが、緊張するやら恥ずかしいやらで何が何やら…
でも、とっても楽しかったです!
鵜原の皆さん、お粗末様でした!




今日の名言:

だから同胞たるアメリカ人よ、国家が何をしてくれるかではなく、国家に何が出来るかを問え。
ジョン・F・ケネディ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議会報編集委員会に出席しました(&かつうら魅力市が開催されました)

2014年11月04日 22時53分23秒 | 議会報告
皆さんこんばんは。
また台風が近づいています。
先月の台風直撃により家屋に被害を受けたり、敷地内の土砂崩れがあったりと被害を受けた方も多いと思います。
前回の台風からまだ日も浅く、家屋や土地へのダメージが回復していない方もおられると思いますが、今回の台風にもしっかりと備えて、被害の無きようくれぐれもご注意頂きたいと思います。

さて、去る11月1日、かつうら魅力市が開催されました。
途中雨に振られたりと残念な天候でしたが、多種多様なイベントやブースの出店があり、その名のとおりとても魅力的なイベントでした。
私は、勝浦市自衛隊協力会として自衛隊ブースの展示のお手伝いと、所属するNPO法人南外房環境クラブのブースのお手伝いをしました。
自衛隊ブースで展示したLAVこと軽装甲機動車は大人気!ご家族連れやカップルの皆さんにも多数ご見学頂きました。
手作り自衛隊カッピーもとってもキュートでした(笑)
また、南外房環境クラブのTシャツも好評。ロゴは私のデザインです!
雨の中、ステージ上で様々なパフォーマンスを披露して下さった出演者の皆さん、出店者の皆さん、全ての関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした!

熱血!!勝浦タンタンメン船団のステージパフォーマンス


新鮮な魚介類を焼いて楽しめるバーベキューコーナー。雨が本当に残念です...


軽装甲機動車の展示。国防を担う自衛隊の装備品に触れ、自衛官と直接触れ合い、その活動を知る機会を持つ事は、日本国民として非常に重要であると思います


手作り自衛隊カッピー。こちらも大人気!


JAXA勝浦宇宙通信所ブースにあった鉄鍋アンテナ。実際に使用可能です!


クラブのTシャツ。レアものです。



今日は議会報編集委員会に出席しました。
いよいよ、次々号第152号から、全編リニューアルした全く新しい議会だよりを皆さんにお届けすることになります。

市議会だよりは、市民の皆さんと市議会のより良い関係づくりに寄与する事を目的として発刊されています。議会だよりは、開かれた議会、市民に身近な議会を実現するための重要なツールです。
しかし、これまでの勝浦市議会だよりは文字数も多く、文字も小さく、イラストや写真等も少ない為、非常に読み辛い印象でした。
数週間に及ぶ議会での議決事項を、事務的に全て知らせる事は誌面上不可能でありますし、それを実現しようとすれば字数ばかりが増え見辛くなってしまいます。
市民の皆さんに読んで頂ける議会だよりにするには、必要な情報を絞り、分り易く表示する事、また、「議会でしか出せない情報」「より議会に親しんで頂くための情報」の掲示を心がける事が重要となります。
勝浦市議会の活動状況を市民の皆さんに分り易く伝えると同時に、皆さんが知りたい市議会の情報を提供し、市民と市議会との橋渡し役となる、そんな議会だよりが必要です。
議会報編集委員長として、紙面構成やレイアウトのひな形作成等、やる事は多くまたプレッシャーも感じますが、委員会の先輩議員の皆さんから様々なご助言やご協力を頂き、ようやくここまで辿り着きました。

明るく、読み易く、親しみやすい。そんな新しい議会だよりの発刊に向け、委員会メンバー一同精一杯頑張りますので、皆さんご期待くださいね!
発刊は3月頃の予定です。

写真は現在建設中の芸術文化交流センター、通称「QUSTE」。
こちらも12月20日のオープンに向け着々と建設進行中です!




過去記事:

勝浦市議会だよりが変わります!(2012年2月1日)
http://blog.goo.ne.jp/aggui/e/e314549f9805139fb00bbcc76bb6529b

議会報編集委員会が開催されました(2013年8月6日)
http://blog.goo.ne.jp/aggui/e/e1b4858714318300f69cc2ea9ed49c54
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「かつうら魅力市」が開催されます!(&今週の活動報告)

2014年10月31日 18時18分52秒 | 活動報告
皆さんこんばんは!
すっかり寒くなってきました。日が落ちるのも早くなり、あとは冬を待つばかり。
空気にも少しづつ、冬の匂いが交じってきました。

さて、明日はかつうら魅力市が開催されます!
市営駐車場を中心に、勝浦タンタンメンの出店はもちろん、勝浦の海産物やスイーツなども食べられる「勝浦うまいものまつり」が開催されるほか、バルーンの打ち上げや伊勢エビ釣り体験など、盛りだくさんのイベントが用意されています。
みなさん是非遊びに来てくださいね!

また、明日の魅力市には、自衛隊から「軽装甲機動車」が来てくれます。
これは国連の平和維持活動にも使用されている特殊車両で、現在は陸上自衛隊と航空自衛隊が使用しており、隊員からは親しみを込めて「ラヴ」の愛称で呼ばれています。
海上保安庁付近にて、他の緊急車両と共に展示予定ですので、ぜひ観に来てくださいね!

かつうら魅力市
http://www.katsuura-sanpo.com/news/post-8714/

軽装甲機動車。コマツ製です。




追伸:写真で活動報告


10月26日(日)

この日は(一社)勝浦いすみ青年会議所主催「バルーンサッカーワールドカップ」に参加しました。
良い様に転がされまくりで、運動不足を痛感しましたが楽しかったです!

競技の様子








10月29日(水)

この日は、財団法人日本釣振興会、福井県内各漁協の皆さんと共に「熱海港海釣り施設」を視察しました。
熱海港海釣り施設は、もともと釣りスポットとして人気であった熱海港防波堤を、港湾施設の開放と釣り人の安全管理充実を図るために海釣り施設として整備し、安心安全に釣りが出来る観光施設として活用を図ったものです。
市役所や地元の漁協とも協力し、現在、年間4万人近い観光客を受け入れる人気のスポットとなっています。
この施設では、釣り客の安全性とマナー改善に真剣に取り組んでいました。その評判が評判を呼び、熱海有数の観光施設になったのだと思います。
こちらの施設責任者の方も非常にアイデアマンで、また漢気のある方で、色々な事を教えてくれました。
海、そして港という資源を上手く活用し、市民や観光客に安全で快適な憩いの場を提供するというこの事業は、勝浦市においても有効な事業となり得ます。
今後も情報交換を密にして、また、関係者と十分に協議し、勝浦市での実現に向け研究して行きたいと思います。

熱海港海釣り施設の様子


施設管理棟。こちらの管理棟はなんと移動式。台風等の災害の際にトレーラーに接続して移動可能とのこと。合理的!


水道も完備しています!


実にきめ細かいルールが定められています。施設内にはゴミ一つなく、ルールが徹底されていると感じました。


会議の様子。熱海の施設の事はもちろん釣り業界の現状や、その取組みなども学べ、非常に勉強になりました!



10月30日(木)

この日も前日に引き続き個人視察。この日は大磯港を視察しました。
こちらは西堤防を釣り場として釣り人に開放し、時間を決めて管理しています。
投げ釣り禁止、撒き餌禁止、などルールは厳しいですが、それでも平日にもかかわらず沢山の釣り客がマナーを守って釣りを楽しんでいました。
また、漁協直営の食堂「めしや大磯港」はこの時間すでに大盛況。
私は生しらす丼を注文しましたが、お手頃な値段、漁港直営ならではの新鮮な生しらすの風味、大満足のボリュームと、まさに観光客が求める全ての条件を満たした素晴らしいメニューでした。店構えもとっても瀟洒。
勝浦市にも、手頃な値段で美味しい魚が食べられる、漁協直営店を作るべきだと感じました。
大磯漁協組合長の加藤さんも、進取の気鋭に溢れる真面目で素敵な方でした。
組合の敷地内で獲れたてのしらすや加工品も販売しており、販売員の漁師さんも物腰柔らかく親切。観光と漁業がうまくマッチングした素晴らしい港だと思います。
とても勉強になりました。ありがとうございました!

大磯漁協。新鮮なシラスの販売も行っています。


大磯港西堤防の様子。こちらもルールを定め釣り場として解放、管理しています。


めしや大磯港の生しらす丼。絶品です!



また、夜は(一社)勝浦いすみ青年会議所の第2回次年度理事会に出席。
理事長所信や役員人事、定例会日程等の重要事項が決まり、いよいよ本格的に次年度に向けて動き始めます。
私も理事として出来る限りの事をしていきたいと思います!

我々青年会議所メンバーは、地域活性、青少年育成の為に日夜様々アイデアを出し合い、活動しています。会議は毎回深夜に及びます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

教育民生常任委員会視察報告(&勝浦中学校文化発表会に出席しました!)

2014年10月25日 15時29分56秒 | 議会報告
皆さんこんにちは!
台風が過ぎてからというもの、一気に肌寒くなりました。
季節の変わり目、体調を崩さぬ様くれぐれもご注意ください。

さて、去る10月18日・19日の2日間、福島県郡山市において開催された「B-1グランプリ in 郡山~東北福島応援特別大会~」にて、熱血!! 勝浦タンタンメン船団が見事シルバーグランプリを獲得しました!

B-1グランプリin郡山(結果発表)
http://b-1koriyama.com/b-1grandprixwp/wp-content/uploads/2014/10/a621fc23f86e7f921ddf47727f40d21a.pdf

昨年の豊川大会でのブロンズグランプリに引き続いてのシルバーグランプリ受賞、本当に凄い事だと思います。
熱血!! 勝浦タンタンメン船団の皆さんは、これまでも日本全国各地のイベントに積極的に参加し、勝浦市と勝浦タンタンメンのPRに努めてこられました。
船団の皆さんはもちろん、サポーターや市職員などボランティアの皆さんも、それぞれ仕事もあり家庭もある中で、まさに休日返上で精力的に活動されていました。
今回の受賞は、そうした皆さんおひとりおひとりの力が結集した結果であると思います。
船団員のみなさん、商工会の皆さん、市役所の皆さん、そして関係者する全ての皆さん、本当におめでとうございます。
また、磯野船団長、本当にお疲れさまでした!


さて、今週21日、22日は教育民生常任委員会の視察で会津若松市を訪問しました。
視察のテーマは会津若松市が実施しているフィールドイノベーション活動「医療費削減等の取り組みについて」です。

現在、多くの地方自治体において高齢化の加速による医療費増大が大きな課題になっています。
こうした状況の中、福島県会津若松市では、地域住民の健康増進と医療費の抑制を目指してフィールド・イノベーションを導入しました。
これは、外部の第三者機関である「イノベーター」による客観的観点から市の特定健康診査・特定保健指導の在り方を見直し改善することで、市民の健康増進を図り、以て医療費の削減を実現しようとするものです。
実際に、会津若松市では保健指導率の大幅な改善により年間の医療費を前年度比で約3500万円も削減したという試算も出ています。

役所の仕事はなにかと硬直化しがちです。
行政の政策を第三者機関が客観的な観点から見直し、改革改善を図るという手法は、勝浦市においても様々な事業に応用可能ではないかと感じました!

株式会社富士通 フィールドイノベーション活用事例(会津若松市)
http://jp.fujitsu.com/about/corporate/philosophy/businesspolicy/fieldinnovation/casestudies/case23/

視察の様子


会津若松市議会議場。昭和12年に建設されたこの議場は非常に重厚な造りで、当時市議会が市民にとって如何に重要な組織であったかを物語ってくれます。


会津若松市庁舎。東日本大震災でもびくともしなかったとの事。



追伸:写真で活動報告


10月25日(土)

今日は勝浦中学校の文化発表会でした。
生徒会行事・部活動の紹介から始まり、各学年の活動発表や、英語スピーチ発表、吹奏楽部の演奏等、盛りだくさんの内容でした。
特に吹奏楽部の演奏はハイレベル!
ジャニーズの「ええじゃないか」に始まり、ボカロ曲の「千本桜」、ジャズの定番「Sing, Sing, Sing」など、選曲も演奏も素晴らしい!
遊び心のある指揮やソロパートでの生徒の活躍などきちんとエンターテインメントしており、アンコールを聞きたい!と思わせるだけのパワーがありました。
3年生有志のダンスも外連味があって素敵でしたよ!

中でも一番感心したのは、1人の生徒の研究発表です。
展示コーナーには「興味・関心を持った最近のニュースから」というコーナーがあったのですが、ある1人の生徒が「オスプレイは危険なのか」というテーマで記事を書いており、アメリカの輸送ヘリコプター「オスプレイ」について独自に調査した結果が発表されていました。

それによれば、
→「ニュースでオスプレイが話題になっている」
→「開発段階で事故が多発した事から、安全性を疑問視する声もある」
→「しかし、調査の結果、事故率は他の航空機よりも低い事が判明した」
→「反発する人もいるが、事故率も低い事から配備に賛成」

と、簡潔にして要を得るまとめ方をされており、実に感心しました。
「マスコミの報道を鵜呑みにせず自分で調べ上げる」という姿勢も素晴らしいと思いますが、特にすごいと思ったのはデータの活用です。
事故率等は他航空機との比較も含めしっかりとしたデータが揃っており、データの裏付けにより結論も説得力のあるものになっていました。
論文の書き方としても、問題提起の序論からデータの検証、持論の展開といった本論、そしてそれを受けた結論と、簡潔ながら実にしっかり書かれており、A4一枚のレポート上から、溢れる様な才気を感じました。
私も含め、大人でも、こんなにしっかりと持論を展開出来る人はなかなかいません。
この能力を活かして、将来是非大きく羽ばたいて活躍して欲しいと思います。

他の展示物や発表も、若者らしい才気を感じる素晴らしい文化発表会でした。
勝浦中学校生徒の皆さん、本当にお疲れさまでした!皆さんの今後のご活躍を心から期待しています!

吹奏楽部発表の様子


海外派遣事業の発表


ミニチュア制作の発表。かわいい!



10月23日(木)

この日は勝浦市環境審議会が開催されました。
今回の議題は「勝浦市環境基本計画」の内容検証と、平成25年度千葉県緊急雇用創出事業「勝浦の豊かな自然を確かめる事業」についての内容検証です。

まず環境基本計画は、勝浦市の自然環境や生活環境を将来にわたって守り、育てるための基本的な考え方や取組の方針を総合的かつ計画的に定めたものです。
いわゆる環境まちづくりのための指針であり、今後10年間に渡り。市に環境施策の方向性を示す分野別計画であるとともに、まちづくりを環境の視点で捉え直した分野横断的な計画としての性格も有しています。

「勝浦の豊かな自然を確かめる事業」は、その名の通り勝浦市内の動植物の調査を行うもので、稀少生物の保護や自然環境の保全を目的に作成されました。
いずれも中身が厖大な内容となりますので、本格的な検証は次回の審議会からとなります。
私からは、
1.今後勝浦市における環境保全はますます重要となって行く事
2.観光地としても農業・漁業の拠点としても、河川や海の環境改善無くしては今後の発展は有り得ない事、
3.そして、この環境審議会の役割も自ずと重要になっていく事、
4.環境審議会がその役割をきちんと果たす為にも、稀少生物の生息地や汚濁河川の実態を視察に行き研究検討する必要がある事


など意見を述べさせて頂きました。

いずれも本文を読む事が出来ますので、リンクを載せておきます。
皆さんも是非ご一読下さいね!

勝浦市環境基本計画(PDF)
http://www.city.katsuura.lg.jp/div/seikatsu/pdf/kankyou-keikaku.pdf

勝浦の豊かな自然を確かめる事業~概要版~(PDF)
http://www.city.katsuura.lg.jp/div/seikatsu/pdf/kankyo/yutakanasizenn-gaiyou-.pdf
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成26年勝浦市議会9月定例会が終了しました(&ひまわり8号打上げ成功おめでとうございます!)

2014年10月08日 01時01分12秒 | 議会報告
皆さんこんばんは。

台風18号は全国に大きな被害を齎しました。
勝浦市においても、市内各所で家屋損壊や倒木などの被害があり、2000戸以上で停電が発生しました。
台風通過後に市内を巡回しましたが、こうした災害時に議員として何が出来るか、また何をすべきか、毎回考えさせられます。
色々難しいところですが、被害箇所や市民の苦情を迅速に把握し、関係各所と情報共有を密にすることが大切と考えています。
他市町村の様に災害時の議員の行動指針・マニュアルを策定することも必要であると考えます。

週末には台風19号の通過も予想されています。
引き続き土砂災害等に十分ご注意下さい!

台風通過後の市内の様子。信号も機能停止するなど市民生活に大きな影響が出ました


さて、先週25日に勝浦市議会9月定例会が終了しました。
今議会では、子ども医療費の助成対象を中学生3年生まで拡大する事や、名誉市民推戴事業、認定こども園の基本設計・実施設計業務委託料など重要な議案が採択されました。
各議案や予算の詳細については、今後の市政報告会や会報で報告させて頂きます。

また、今議会では私は決算審査特別委員会に所属し、平成25年度決算について審議致しました。
委員会開催中には、「千葉県富津市が財政破綻のおそれあり」という衝撃的なニュースが流れました。
委員会でも、この話題を取り上げさせて頂きました。

千葉県富津市が2018年度に財政破たんの恐れ、佐久間市長「従来の取り組みでは困難」
http://irorio.jp/agatasei/20140921/163020/

最新の富津市決算カードの中の各財政指標を見ても、財政力指数は0.96と高く、経常収支比率や公債費負担比率も近隣市町村と比べて際立って高い訳でもない。
確かに将来負担比率(145.3%)は高いものの、早期健全化基準である350%には及ばない。
では何故こんな事になったのでしょうか?
自治体の貯金である財政調整基金の異様な少なさに疑問を抱くものはいなかったのでしょうか。議会のチェック機能はどうなっていたのでしょうか。
様々な疑問を感じると共に、自治体破綻の時代がやってきたのだという事実を目の当たりにし、勝浦市の財政についても議会がこれまで以上にしっかりチェックしていかなければならないと感じました。

勝浦市の財政状況は下記リンクから確認出来ます。
https://www.city.katsuura.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=29304



追伸:これまでの活動報告


10月5日(日)

この日は勝浦市自衛隊協力会の主催により「木更津航空祭見学会」を開催しました。
台風の接近に伴い、残念ながら雨天での開催となってしまいましたが、37名の方にご参加を頂き、日本最大のヘリコプター基地である木更津駐屯地を見学しました。
今回も老若男女様々な方からのご参加を頂き、自衛隊の活動に関する様々なご質問も頂きました。
この体験が、参加者の皆さんが自衛隊や安全保障について考えるきっかけとなれば幸いです。
ご参加頂いた皆さん、木更津駐屯地の皆さん、本当に有り難う御座いました!




10月4日(土)

この日は館山航空基地開隊61周年記念式典に、会長と共に出席しました。

日向錦次郎基地司令と共に



9月28日(日)

午前中はNPO法人すんべやぁ勝浦大楠農園で農作業。ジャングルと化した畑の草刈りと、収穫作業を行いました。
午後は、勝浦市内で養鶏を営む「PAドリームファーム」を訪問。
こちらでは、山の斜面を利用して約100羽の鶏を全て放し飼いされています。広い敷地内でのびのび育った鶏たちは、丸々太ってみんな本当に幸せそう。
もちろん卵は全て有精卵。飼育方法、餌、環境、鮮度にこだわった卵、美味しくないわけがありません。
ご主人の鶏への愛情が伝わる素敵な鶏舎でした。ご主人の、「勝浦市を盛り上げる為に頑張りたい」という想いにも感動しました!

今回の収穫は、南瓜と里芋と金時草です


鶏舎の様子


鶏はみんな幸せそうです



追伸2:

静止気象衛星「ひまわり8号」を載せたH-2Aロケット25号機が、本日無事打上げに成功しました!
この成功によりH-2Aの打ち上げ成功率は96%(25機中24機)となり、改めて日本の技術力の高さを証明する結果となりました。
打上げに係わった皆さんに心から敬意と感謝を申し上げます。はやぶさ2の打ち上げは観に行きたいなあ!

H-ⅡAロケット25号機 / 静止気象衛星「ひまわり8号」 打ち上げ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加