気ままなひとり言のページ

日常の出来事など気ままに日記帳風に書き込んでいます。

故郷への旅 大震災から6年

2017年07月23日 22時24分31秒 | お出かけ&外食

朝から久しぶりに小雨が降りだしました。一時的に本格的な雨にも。
一日はっきりしないお天気の日曜日でしたが 昨日までの暑さから解放された気分です。

先週の日曜日16日から一泊で帰省して 見てきた故郷を レポートしています。
今日は 2011年3月11日の大震災から6年たった被災地の今を報告いたします。
7月17日、10時頃に宿泊のホテルからタクシーに乗りました。
BRTバスの時間まで1時間半ほど時間があったので運転手さんの案内で市内観光をしてきました。


松原海岸のそばにあった 道の駅です。この近くには宿泊したホテルの旧建物があったのです。
津波避難場所としても建築されたそうですが 14.5mの津波に水没してしまいました。

 
震災遺構として 保存してあるそうです。観光客も見えていて地元のガイドさんの説明を受けていました。

 
建物の中は悲惨な状態でした。この中にもたくさんの松の木が流れ込んで来たそうです。

 
復興を象徴するモニュメントとして「奇跡の一本松」も 震災遺構として保存されています。
この松の近くにあった中学校の建物も震災の爪痕を残し まだそのままでした。

 
液状化となり地盤沈下してしまった海岸通りには 堤防が着々と築かれて来ているようですが
沼地となった地区は まだ整備が遅れているようです。海の日のこの日海は 穏やかできれいでした

 
かさ上げされた土地の上に ショッピングモールが完成したようです。
ここでタクシーから降りました。施設内をひと回りしてきました。図書館も入っていました。

 
ショッピングモールの名前のアバッセ」ってどこの国の言葉?って思うほどでしたが
この町の方言の一つだそうです。「皆で行こうという誘いの言葉。」
この方言を利用しているのは今は高齢者ぐらいだと思うのですが。子供の頃私も使っていたのかな・・・

 
スーパーの壁に貼られてあったポスター。復興への応援メッセージとなっていました。
まずは商業施設を整備して その周りに住宅建設などを予定しているようです。
少しずつ前へと進んでいるのでしょう。かなり歩みは遅そうですが・・・ 

12時20分頃のバスで気仙沼駅へと向かいました。
次回はそのBRTのバスの車窓からの写真になる予定です。   つづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 故郷への旅 ホテルの朝食編 | トップ | 故郷への旅 BRTバス車窓から編 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (アキです)
2017-07-24 20:35:52
市は、防災マップ作成してくださいと云われても
我が町は、海に近く橘湾で地震が起こると
ひとたまりも無いですね。海抜5㍍くらいだからね
台風も超、怖いですが、最近は、反れて行ってるので
でも、日本の何処かで災害が起きるか分かりませんね
北九州に秋田と・・・
長崎水害時は、家の下の人達3世帯10人ほど
亡くなられました。遺体捜索もしました。
おはようございます (fuu)
2017-07-25 09:50:32
アキさん
このところあっちこっちで大雨強風の被害が発生しているようです。
今私がすんでいるところは海も山も川もないです。
だから災害は無い・・・とは言えませんねぇ。
地震雷火事親父?最近は親父に代わって豪雨となるのでしょうね。
アキさんも大雨による被災を経験されていましたね。
防災マップ、ハザードマップは常日頃から見る習慣を付けておきたいものです。

コメントを投稿

お出かけ&外食」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。