普通にエイジングラボルテマスク

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

最後に銀行

2017-07-27 09:22:42 | 日記
一般的にペイオフとは?⇒不幸にもおきた金融機関の経営破綻による破産をしたことに伴い、預金保険法の規定によって保護の対象となった預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事を指します。
結局「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」以上、3機能を銀行の3大機能と言うことが多く、「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業、最も肝心な銀行自身が持つ信用力によって機能できるのだ。
昭和48年に設立された日本証券業協会は、こんなところです。証券会社等の株券などの有価証券に関する取引(売買等)を厳正、そして円滑にし、金融商品取引業の堅調なさらなる成長を図り、投資者の保護を目的としているのだ
そのとおり、第二種金融商品取引業者(一種業者とは取り扱い内容が異なる)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、運営するには、本当に想像できないほど大量の「やるべきこと」および、「やってはいけないこと」が法律等により決められています。
西暦2000年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を統合したうえで平成10年に誕生した金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁に改編。翌2001年1月、金融再生委員会は廃止され、、現在の内閣府直属の外局となった。
間違えやすいけれど、株式とは?⇒社債などと異なり、出資証券(有価証券)であり、企業は出資されても出資した者に対しては出資金等の返済しなければならないという義務は発生しないのです。そのうえ、株式は売却によってのみ換金できる。
つまり「金融仲介機能」に加えて「信用創造機能」と「決済機能」の3つの機能の総称を銀行の3大機能と言うのである。この機能は「預金」「融資」「為替」という銀行の本業、そしてその銀行自身の信用力によってこそ実現できていることを忘れてはいけない。
まさに世紀末の平成12年7月、大蔵省から金融制度の企画立案の事務も移管しこれまでの金融監督庁という組織を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)に組織を変更。そして2001年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となった。
2007年に誕生したゆうちょ銀行のサービスの多くは古くからの郵便貯金法に定められている「郵便貯金」の扱いではなく、銀行に関して規定する法律である銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)に定められた「預貯金」を適用したサービスなのです。
約40年前に設立された預金保険機構の保険金の補償額の上限は"預金者1人当たり1000万円以内(但し当座預金など決済用預金は全額)"ということ。預金保険機構に対しては日本政府、民間金融機関全体がほぼ同じくらいの割合で同じくらいの割合で
普段使っているバンクという単語は実という単語はbanco(イタリア語で机、ベンチ)に由来している。ヨーロッパ最古といわれる銀行には驚かされる。600年以上も昔の西暦1400年頃に現在のイタリア北部のジェノヴァで生まれたサン・ジョルジョ銀行という説が有力だ。
簡単にわかる解説。外貨両替について。海外への旅行、その他外貨が手元になければいけない人が利用することが多い。近頃は円に対して不安を感じているのか、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。
ここでいう「失われた10年」という言葉は、どこかの国とかどこかの地域の経済が大体10年以上の長い期間にわたる不況並びに停滞に襲われていた10年のことを指す語である。
巷で言う「失われた10年」という言葉は本来、その国全体の、あるいはひとつの地域の経済が大体10年以上の長期間にわたって不景気と経済成長の停滞に襲われていた10年のことを指す言い回しである。
1946年に設立された日本損害保険協会は、日本国内の損害保険業界の正しく適切な発展と信用性のさらなる前進を図り、安心であり安全な社会を形成することに寄与することを協会の事業の目的としている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 判断することな »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。