A ROOM OF A HEART

元同じクラス(今は違うクラス)のR君に恋をする、中③の女の子です。
一方的な片思いを語る、R君との出来事です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近過去を振り返りまくり...

2006年09月17日 02時31分19秒 | Weblog
書いた記憶があるのに、掲載されてなかったから書くねw
(長ったらしいけど...)

今から何ヶ月前でしょう...半年前の事だと思うけど
うん。バレンタイン終わってからだからそうだそうだ。

まぁ、前の記事見たら分かると思うけど、バレンタインの時悲惨でした。
あれから、ぅちの人生感180度変わりました...
R(哉也)の事結構冷めたかな?って思ってたけど、やっぱ無理でずっと想い続けてた。
で、それから本当にK(美姫)とぅちは不安定で、毎日が辛かった。ぅちにとって。
哉也と話してたりしても、やっぱFFの話や犬の話とかぅちの分からない話に行っちゃって
哉也に
「お前話わからんよなぁw」
とかすっごく楽しんでて
美姫もやっぱ好きな話だから、結構テンションあげて話してて
やっぱぅち的に居ずらくなって、
「ちょっと行ってくるゎぁ。」
って何処に行くとも伝えづ、外のいつもの場所に座って冷たい風と雨に打たれながら
呆然と突っ立てました。
いつも考える事は
【美姫でも、哉也でも...誰でもいい。ぅちの事心配してくれないかな。
 ぅちが何処にいるのかとか、探したりしてくれない...ょね。】
寂しさと悲しさ、虚しさだけが心をいっぱいにして、しんどかった。
チャイムが鳴って、教室に入った時まだ話してて楽しそうにお互い笑いあって
羨ましかった。ぅちも、趣味の事とかでもなんでもいいから
哉也と普通に話がしたいよ... でも、私生活の中で虐められていても構ってくれているのなら
喋りかけてきてくれるのなら...贅沢なんかいえないよね。
そして、それが一週間ぐらい続いて私はカッターで遊ぶのにはまってしまって
カチカチならしながら、紙を切ったり...友達とカッターを交換して紙切ったり...。
いつも、ブレザーの内ポケットに直して、持ち歩いてました。帰る時も登校する時も
制服を着ている時は必ず持ち歩いてた。
それからですね。ぅちが“死”という言葉を自分自身に使い始めたの...
美姫との交換ノートや手紙で
「ぅちはとも(ぅちです。)がいてくれたから、今のぅちがぃるの。
 ともはぅちにとって、めっちゃ大切な存在になったの。
 もし居なくなっちゃったら、時間は進んでても、ぅちの心の時間は止まったまんまだよ。」
って言ってくれてたけど、美姫の事を内申信じる事が出来なかった。
ぃゃ、誰も信じる事が出来なかった。
そして、美姫はひーに相談をしたっぽくて別室に呼び出し。
そこで、軽く言い合いになってひーになって言われたか忘れたけど
怒りと、どうでもいいと、生きる力を無くしたと、死というのが頭によぎり
内ポケからカッターを取り出し、刃を出して自分に突きつけ
「ぅちなんか、生きてたってしゃーないやん!しんどいねん。生きてたって...
 生きてたって良い事ないし、おもんないし、つらいし...もうめんどいしダルイねん!」
って叫んでて、ひーはぅちからカッターを取り上げて顔面思いっきり殴られて
その場に倒れて、カッター没収。
その瞬間殴られたのが引き金で、ナミダが溢れて止まらなくなって...
ひーは無理やりぅちの腕を取ろうとしたからはらって
「トイレいってくる」そう言って出て行こうとしたとき
ぽぽかきりに
「あいつ、4階飛び降りそう!!」
とか、冗談半分で言ったぽかったけど【その手があった。】
と思って、走って4階行ったけど先客が居てNO。
3階の理科室前誰も居ないwOK。
ぅちは、手洗い場の窓のふちの手前に座って下を見たいしてて
「生きてたって...意味なんかないやん。」そう言いながら泣いてた。
そして、本当に飛び降りようとした時、チャイムが鳴って失敗。
今から下に行ったら、会うから行きたくなかったけど
いかなしゃー無くて、階段を下りて一階。
そこで、男子一人女子一人から
「美姫(ちゃん)、お前(智)の事めっちゃ探してたで!」
同じ事を言われまして...なら、男の方が結構前の方にいる美姫に
「お~い、美姫、ともおったぞ?」
呼んでくれるなよっとか思ってたけど、美姫は走ってくるんすよ。
美姫は足悪くて走れないはずなのに、一生懸命。
そしてひーも部屋から出てきました。
2人がぅちの前に集まった時、ひーに絶対殴られるって思って覚悟したんだけど
されなくて
ひー「何処行ってたんよ!」
自「・・・・・。」
美姫「本当に...心配したんやから...」
美姫は声を上げながら大泣きし始めて
美姫「とも...が...居なくなっ...た時...本当...に死んじゃ...うんじゃないかって
   心配で...怖かった...お願いだ...から...死な...ない...で...ぅぅ..」
声が震えながら、必死で言ってて。
ぅち的に、馬鹿な事したんだ...って思った。
で、ぎゅっと抱きしめられて、その瞬間ぅちも泣いちゃって
自「ごめん...」
その言葉を言うのが精一杯だった。
そして、教室に戻ったけど泣き止む事が出来なくて
ずっと授業中も泣いてて、その時間有宗先生♀(数学)は
ぅちを当てたり、プリント回ってきてもやってなかったけど
何も言って来なかった。

授業が終わる頃には大分ましになって、帰る用意してたら哉也がきて
哉「なんでお前ら泣いてたん?特にお前(ぅち)ずっと泣いてたやん。」
ぅちは何も言えず黙ってて、美姫も何も言わなかった。
哉也的には????って感じだった。
まぁその日とかは終わったんだけど、その後も結構沈んでる日が多くて
哉也が美姫に
哉「なんでこいつ最近元気ないん?」
とか、心配してくれてたそうです。それは嬉しかった。沈んでたからかせいか
一生懸命ぅちをわらかそうとしてくれてた。
そう思ったら、優しいんだなって改めて感じた。
その時思った。ぅちの周りにはたくさんの友達が居てくれてるんだ。って...





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めっさ久。

2006年09月10日 00時38分52秒 | Weblog

なんか久しぶりだな、このブロ。

まぁ、Rの事は終わっちゃったっぽいんすけどねぇ。(・∀・)ァハ

この長い間、誰かと付き合い、別れ誰かに告られわけのわからんまま話が終わり...orz

それからというもの...最近Rの夢が多いんだよ(>Д<*

何だよ!

このブログ思いっきり更新してるときに出てこればいいじゃんかょ!!

内容はなっがたらしいし、2~3個あるので気が向いたら書くけど...

見て、めっさ勘違いモードのスイッチONになりそうだよ...orz




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々こうしーん!!! しかも今日は七夕ww

2006年07月07日 18時39分10秒 | Weblog
最近ぁっぃょね!?
こぅぃぅときは、シャヮーぁびて
クーラーっけて、ァィス喰って
寝るに限る!   ぇ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々の投稿ww

2006年04月15日 01時06分14秒 | Weblog

                      


ぇっとですねぇ、更新するのがめんどくさかって全然してませんでしたッッ
見てくれてた人はごめんなさぃ...@@ィナィカラ...
㊥③になって忙しぃってのもぁるんですけどねぇ
今から書く事は2月14日の事です

私はこの日をどんなに待ちゎびて待ちゎびて待ち続けて、
一人ときめぃてぃました@@キモッッ
しかし、悲惨な悲劇とぃぅものはぃっでも付きまとってきますねぇ...
まっ、知りたかったら読んでくださぃってか読んで
一生懸命短くまとめて書くからッッッ(>_<。

まぁ私は14日の前日、クッキーとマドレーヌとチョコを4分の1日使って作りました。
こってこってこりまくった自信作小さな籠っぽぃ箱につめてOK
そして、14日
KちゃんゃOちゃんらに
『家まで持ってっちゃぃ
ってぃゎれて、学校で渡すのは諦めて、放課後...すこぉしぉ洒落()して
ぃざッ鎌倉へ@@シネッ
ぃざッR宅へ@@ダルッ
Rの家までEちゃんとMちゃんに来てもらぅつもりだったのですが
行ってる最中にRがチャリ横を素通り...
Rと私は思わずそろえて
『あ...
そのままBYE-BYE
で、EちゃんとMちゃんには帰ってもらって私は6時までR宅前で待ってました
15分してから、R帰ってきました
私の片手には紙袋、帰ってきた瞬間ときめぃてしまって
渡そぅと思って行こぅとしたら...
『俺ぃらんで
ぅゎぁぁぁ...ショック
でも負けずに
自『ぉ願ぃ、貰って
R『ぃらんし、元彼にでも渡せゃ
自『ぁぃっに作ったんちゃぅし
R『ぁっそ。っか帰れ。バィバィ
そぅぃぃ残して家の中へ...
ショック...ヶドこのまま帰ったら女がすたる
帰らずに作戦練ってました
そしたら...
R『ぉ前まだぉったんか...ぃぃかげん帰れ
自『一生のぉ願ぃゃからもらってゃぁ
R『俺甘ぃもん嫌ぃゃねんぃらん。』
自『ぉ願ぃ捨ててもィィから貰って
R『捨ててぇぇねんなぢゃぁ貸せ。捨てたるから。』
家の横のゴミ箱に本気で捨てょぅとしたから
自『捨てるなら家で捨てて
R『なんで
自『ぅちが見たくないから
R『知らん。そんなん俺の勝手ゃ。』
そぅぃって、家の中に入ってぃってしまぃました
それから、二度と出てきませんでした...
私は仕方なく帰りました作ったぉ菓子とともに...
もぅ明日渡そぅ。そぅ思ぃながら...
Kちゃんからだったら絶対もらっただろぅなぁ...
そぅ思ぃながら虚しく一人で、トコトコ歩ぃて帰りました
家にっぃてKちゃんに電話。今さっきぁった事を暴露。
私は泣き...そしたら、酷ぃ奴だと怒ってました
ヶド...なんかKちゃんの様子がぉかしかったのですが、疲れてぃるのかと思ってぃました。
そして電話を終え、次はAちゃんに電話をかけ、成り行きで私の家にAちゃんLet's go
そして家にっぃてなぜか説教から始まって、時間は夜の9時。
晩飯&テレビを見ながら時を過ごしてました
そしたら、
『これ言ったらTショック受けるよなぁ...
って横で言われたから
『何言って。』
そして、メールで送ってきました。
『今日、RがKに告ってんて
私はショックを受け、ぉこたの中へ入って、泣きました
夜寝る時もずっと泣ぃてました
真実を知ったその時、明日どんな顔でKちゃん、Rと会ぇばぃぃのか...

そして15日...(次の日)
ぃっも通りに登校。すると目の前にKの姿。
『ぉはょぅ
『ぉはょぅ・・・
普通にしてればぃぃかと思ってたのですが
ゃっぱり、Kちゃんの口から言って欲しかったとぃぅ気持ちがぁったから
遠まわしに聞こぅと思った時に
『T、ぁとでぃぃたぃ事ぁんねんけど...』
恐る恐る聞ぃてきたヵラ絶対この事だと思って
『ぅちがショック受ける事
って聞ぃたら
『ぅん。知ってるの
『ぅん。ごめんね
そぅぃって洗ぃざらぃ聞きました。
14日の日の4時間目の数学の時間に手紙が回ってきたらしく、最初...
R【ぉ前って好きな奴ぉるん
それを無視してたら
R【T?Y?U?D?R?S?】
などとぃろんな名前出して来たらしくその中には実はぁったそうです。
ってぃぅかRはKちゃんの好きな人の名前とか知ってます。
嫌味ったらしくぃぅなぁぁぁ
そして、Kちゃんは無視してぃました。しつこぃから。そしたら...
R【俺ぉ前の事好きゃねん】
K【冗談ゃろ
R【本気ゃから】
それから、無視し始めたのですが後ろから
『返事ゎ?返事ゎ
ぉ経のょぅに言ゎれてぃたらしく怖ぃのぅざかったのぁって無視し続けたそぅです。
頑張って...
5・6時間目総合なんですが、災難な事にRとK、場所が一緒
RはずっとKの傍にぃて返事を求めてぃたそぅです
私はなんか嫌な予感がして5・6時間目間の休み時間様子を見に行ったとき
やっぱテンション下がってて休み時間ぎりぎりまで傍に居ました
ずっと、Kはどぅしょぅか迷ってたそぅです
その話をしてる時
『ごめんね...』って言って泣き出しちゃって
私はプチンッ
ぶちぎれて
『ぉぃ、F行くぞ。』
っつってRの席まで行きました。@@オトコ化!?
自『ぉぃ、R。』
無視。
ょけぃにブチブチ切れて
自『ぉぃ、聞ぃとんか
R『何やねん。ぅっとーしぃなぁ』
自『もぅ、Kちゃんに不愉快な思ぃさせんのゃめてくれへん
  返事返事ってしつこいねん。ぉ前のせいでないてんゾ
R『知らんわ。ってかお前だって昨日俺に不愉快な思いさせたやんけ
自『誰も昨日話なんかしとらん。今後一切Kちゃんに近づくな、触れるな、喋るな
って怒鳴って(教室)廊下へでてKちゃんの元へ。
Fは、自分の身の危険を感じたらどっかいってしまう子だからKちゃん所へ非難してました。
(私が怒鳴ってた時軽く静まり返った気がしたのは気のせいだったかな...)
その後のHRの時間Rから手紙が回ってきたらしくて
R【昨日はごめんちゃい。160°土下座。冗談やから
K【わかってるよ】
R【なんで、冗談てわかったん
K【騙されるのなれてるから】
R【ってか、なんでT切れてたん
K【わからへんの?そっとしといて下さい。(ぅちもTも)】
って返したら返事が返ってこなくなって、ずっと後ろで舌打ちされてたらしくて
それにずっと切れてて(席から見えてたから分かる。(馬路切れ))見ててある意味楽しかったざまー見ろって話
Kは右足が悪くて、部活が行けない状態で少しでも物が当たったりしたら腫れちゃうんです
それしりながらRは紙を丸めた奴をKの右足に狙って投げる
そして、Kの様子を伺う。っていうのを3回も繰り返し。うざったいってったらありゃしねぇ
それから、私達はRを無視してました。
さすがにあいつも無視されるとだめっぽいので
『ハイチュ-は
っといって接近。
KもちゃんとRに返事を出して一件落着。
かと思いきや
『もしさぁ、あの告白が本気やったらなんて返事だしてた
しつけぇ
しかも紙に書いて出せだと!
いっぺんころしにいこうかなぁっておもったぐらいっすよ
まぁ、当然NOと答えたのですが
もしやで?もしやで?ってうるさい
うちも複雑だよ!?
ぅちの気持ち知ってるくせに...って話
少し冷めたかな...

それでゎ!!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです。

2006年02月22日 16時05分45秒 | Weblog
PCが壊れてて投稿出来ませんでした。
ッて言うことで、続けてたくさん投降していきたいと思います!!
指を切られて数日後、いつもと変わらない日々を送っていました。
しかし、私は席から見えるKちゃんとRを見ていました。
いつも仲良くしゃべっていて、私はRにKちゃんをとられたっていう嫉妬と、
Kちゃんに対する嫉妬が入り混じって、テンション
私がだといつもKちゃんは
『T大丈夫??何かあった?!』
って言ってくるので
『ううん!何もないよ!?
 どうしたん!?』
って誤魔化してばっかり...
もし私がKちゃんに嫉妬しているって事知られたら、もう親友では無くなってしまうのでゎ!?
っという恐怖があったので、誰にも言わず心の中にしまっていました。
しかし、ある日授業が終わり終礼。
終礼が終わりいつものメンバーと帰ろうと靴箱に行き靴に履き替え
玄関を出ようとしたらRッッッ
私はFとRと並び学校の敷地内の曲がり角までチンタラ歩いてRと言い合っていました。
しかし、築けばRとFだけで喋っていて、他のメンバーが居る状態。
後ろもほっとけなくて、R・Fと他のメンバーの間に一人ぽつん…。
私はFの嫉妬が
そして、
『F~~~~~~!!!!!』
っと叫び止めたりしてたんですが
『Tさんな~に!?』
って言うだけで、築いてるのか築いてないのか知りませんが
二人で先々行っていくんです。
だから私はぶちぎれて、
『本間…お前ら死ね…』
ってなぜかRにまで言っちゃって...
そして、私は
『あぁ、もう死にたい…』
って言いました…なら、
『あ、そんなら俺が殺したろうか?!』
ってRに言われて
『あぁ、もういいよ、殺して…』
っていいました。
一瞬彼の目は驚いたようにも見えましたが
すぐに、
『なら殺したるわ!ちょい来い!』
って言われ、Rは枯れ木を拾いました
『あぁ、R、やっぱ心の準備できてないから…やめとくわ!』
『そんなえんりょうすんなって!!』
みたいなで話してたのですが…
やっぱり、FとR二人で歩いて喋っているみたいな感じだったのです。
私は後ろの人たちと軽く喋りながらいつものたまり場に着いたとき…
『Tさ~ん!R帰っちゃうけどいいのぉ???』
ってFが言ってきて
『あんたが喋ってたから喋れなかったんだろ…』
っていって、私は切れたままでみんなで喋ってました。
そして、みんなで帰って・・・
家でずっと切れてました!笑
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日から学校ッッ!!

2006年01月10日 19時19分05秒 | Weblog
やっと冬休み終ゎりましたぁ
今日は朝カラスを見たんです。
朝登校する時にカラスを見ると私は不運がおとづれるんです。
それは予想的中しました。

朝から始業式ゃ提出物回収、クラスで生徒会選挙に出る人からのぁぃさっ【自分】など
大変大変
それに、学校に登校してR君を待ってたんです。
ならキター(゜∀゜)ーー!!
結構テンション
しかし、今年初のRの声は
『いなずみ~!③』※男子の名前
いなずみかょっとちょっと
始業式を終え教室へ帰ってきて友達と話していたら
私達の所にR君キター(゜∀゜)ーー!!
私と始めて会話した時の最初の言葉
『は?』
以上
酷くなぃ!?そのぁと
『ぉ前誰!?』

まぁ、そんな事はぃっもの事だから気にしてなぃけどぉ!
問題は次ッッ!
最初の方に投稿した文にミサンガを作ったとぃぅのがぁりましたょね?
それが...Fのせぃで、自分で切りました。
Fがぁnな事ぃゎなかったらこんな事ならなかったのに...
切ったのはカッターで。
ミサンガを切ったぁと
『ぉッ!このカッター切りゃす!!!』
そぅぃって、私の机に置ぃてぁったカィロ袋を切ろぅとして
『ダメッ!』
ってぃって、手を出した瞬間
スパッッ
Rが持ってたカッターで指を切りました
最初は
『あぁ、切っちゃった!』
ってぃってずっと笑ってたんですが心の中では痛がってます
それを見てぃたKちゃんゃF、その他の人は
『T大丈夫!?ぅゎぁ、めっちゃ血でてるぢゃん!!』
『ちょっと私手洗ってくるね!』
そう言って私は手洗ぃ場に行こぅとしましたが染みるのが嫌で引き返しました
私は友ダチにティッシュを借りて血を拭ぃたりしたんですが
血は止まらなく、Kちゃんに連れられ保健室へ
そこで、担任の先生や隣のクラスの先生に会ぃ
『先生、指切ったから保健室行って来ます!』
と、元気よく行った後保健室...
先生にRのカッターが当たって切れたと説明し治療してもらいました。
先生は
先『怪我さした本人は
K『教室にいます
先『本人こないんかい!?
  何とも思ってないんかいなぁ
K『さっき【俺は何もしてない】って否定してました!』
先『本当にあきれた!Tも、Rをちゃんと怒りなさい!
  笑ってちゃダメやで
自『はぁぃ
先『もう少し傷深かったら縫ってたよ
そして教室に戻って、Rにその事を言ったら
反省する気なし
ムシロ、開き直った

始業式そうそう怪我させらて最悪でした。
ケド、R君がつけたきずだから、
許せます。
今手に少し包帯巻いてるんです。
巻きつけとかないと痛くて
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうッッッ!!

2006年01月02日 20時02分43秒 | Weblog
今日初夢はR君の夢でした
彼の家の前になぜかいて
突っ立っていたんです。
そしたら、彼が出てきて最初は驚いていたんですが
そのあと笑顔になった夢を見ました。
そのあとは、妹と同じ歳でよく家に遊びに来る
ちびッ子2人組み(男)が出てきて
追い掛け回された挙句、クラスの男子1人加わって
一緒になって追いかけられてました…
追いかけられるのなら、彼に追かけられる方が
私にとって、もっと幸せになれたのにと。。。
そう思いました。
けど、初夢で良い夢を見ると縁起が良い
その年は幸せになれるというので
例え、誰かに追い掛け回される夢を見ようが
彼に殺される夢を見ようが、
彼が出てきただけで、十分幸せです。
皆さんは、幸せな夢を見ましたか?
見たんなら、コメント宜しくお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日連続の投稿ww

2005年12月30日 00時13分22秒 | Weblog
えぇっと、今回の話は、少し前の話をしてからじゃないと無理っぽいので話します
ちょっと前にR君が休んだり、早退したりって③~④続いた事があって
私はお休み電報書いたりノートかいてあげたり(いつもですが...)して
R君のお休み電報持っていきましたァァァ
一日目は早退で帰宅。
私はRの家に行きました。
道に迷いつつ無事到着。(不安で友達も来てもらいました)
インターホンを押して、R君本人が出てきて
『なんでお前俺の家しっとん?教えたっけ
【教えてもらってませんッッッ友達と探しました
なんて言えないので
『あ、それはちょっとねまぁ、うん
誤魔化してました。
『先生にでも教えてもらったん
といわれ思わず
『あ、うん...』
【嘘つきたくなかったのにいっちゃったぁ
『あっそうなん。』
の一言でお休み電報を受け取り、
『お前くるんやったら一人で来いよなぁ。Mなんてつれてくんなよ
と少し切れ口調で怒られ、家に入っていきました
お礼の一言なしぃぃぃ?
その夜、R君からメェルがきました!
《今日はありがとう》
幸せ感じたメールでした
そして2日目またまた迷いつつ、行きました
今回は無言でしかもめっちゃ機嫌悪そうでした
やっぱりこないメールはきませんね
3日目結構道を把握してきたようで、スムーズにいけました
インターホン押しました。
しかし、出てきません。
少し待って2回目。
やっぱり出てこなかったので、ポストに
【お休み電報と、手紙です。お大事に。
と書いた手紙とともにお休み電報等入れました。
しかし、やっぱり、最後にっと思って3回目
出てくる気配がなかったから移行と思って家を離れようとした時、出てきました
(居留守)
R君の手には紙袋。
それを渡され
『何これ
って聞いたら
『知らんわ
って怒られ家へ帰っていきました。
家帰ってみると手作りカステラでした。
手紙も入っており
『いつもありがおつございます。カステラを焼きましたので食べて下さい。
 今後とも宜しくお願いします』
って書いてアッたんすよ!(おばちゃんから)
お礼のメールを送って終了!
とまぁこんな事がありました!!
えぇ、本題に入りまして...
終業式の一昨日からクッキーとマドレーヌの材料を買いに行き、
次の日家に帰って買い忘れのものを買いに行き、
2~3時から作り始め、全部焼き終わったのが6:45。
その日は水曜。
毎週水曜日6:30~ピアノなんです、遅刻しましたが
そっちの方が大切でピアノは2の次でした
そして、家に帰ってご飯を食べラッピングして紙袋に入れ玄関に置いておきました
次の日雪...
めっちゃ寒かったんですが、いつもより少し早めに家を出ました。
R君だけじゃなくRのお母さん(↑のお礼をかねて...)
KcとOc、Ocのお母さん(めっちゃお世話になってるから)Fに持っていきました。
4人分は朝に渡しました
残るは約一名
私は渡そうと思って私の席の方に来た時に
『これ作ったから
『何?金?金じゃなかったらいいわ!』
敗北...
私は諦めずに言い続けました
『金?札束?金目のもの?』
そんなんばっかり...
私は帰りにもう一度言いました
すると、
『今日荷物多いから持ってきて
私はううんとは言えず仕方なく持っていきました
しかし、私が帰るときには彼は雪合戦して遊んでました
すぐ返って来ると思い、私はいつも帰っている仲間と別れ
そのまま一人で彼の家まで行きました。
行く道危険でした
すべるし濡れるしこけそうになるし...
しかもスカートで生足っすよ
やばかった
ようやく家に着き、外で待ってました
しかし、一向に来ないのでもう既に家に帰って居るんじゃないかと思い
インターホンならしました。
ならおじちゃんが出てきて
『あのぉ、R君帰ってますか
『いや、まだ帰ってきてないよきっとまだ学校で雪合戦してるんちゃうかな
そういわれてなっとく...
私はしばらく待つことにしました
しかし一向に帰って来なく私は雪だるまを作りながら待っていました
そして2時間ちょっとしてからヤット帰ってきました
すると彼はとってもビックリした様子で行き成り
R『家親おった
自『おったよ
R『親に荷物渡して帰ればよかったんちゃん
自『手渡しで渡したかったから
R『お前ここでずっと何してたん
自『ずっと待ってた
すると、めっちゃビックリしてて、プレゼント渡して、
自『じゃぁ、バイバイ
そういって私は帰りました
私は心臓バクバクでした...
その次の日、R君からメールがあり
【母さんがおいしいっていってた。】
みたいな内容でした...
まぁ、来ただけましかな
なんて
幸せでしたぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日二回目の投稿

2005年12月28日 17時28分26秒 | Weblog
それから数日後、私はいつもの様に詩書いていました。
なら、Rはその書いた詩を盗って行くんです。
挙句の果てにはノートに書いていた詩でさえちぎっても持っていくんです
『返して
って言えば
『嫌
それが何べんも続き、
『返して
っていったら
『しりとりに勝てば返したるゎ
と言う事で勝負を挑んできたので受けました。
一回戦時間切れで負け。
二回戦“ん”が付いて私の勝ち。
三回戦負け。
泣き泣きの負けでした。
その日は懇談でろーかでしていたんですが、
Rがつってあった消火器にぶつかり消火器落下+粉が四方八方に...
粉はRの足にかかり隣のクラスの女子と私とRと一緒に片付け...大変でした。
5回戦目に突入して少しした時、R逃走。
私とKちゃんで追いかけました。
しかし、Rは男子トイレに入って
ノートを個室に置いた後上から出てきて取れなくなってしまい大変。
しかしRの鞄をモノ質に!:笑 
Rもさすがにネ返して欲しかったのかよじ登って返してくれました。
が、次は私のキーホルダーを盗って...
で、又鞄をとったのですが
『いらない』
と言われました
Kちゃんは帰り、私とRだけに。すると...
『俺の家まで来る勇気あるかぁ
といわれ
『行こうと思えばいける
と言ったのですが、Rは鞄を奪い又もや逃走。
気が付けば遠い所まで。
『返せぇ!』
と叫んだら手を振られました
心臓バクバクでした。
で挑発されたのもあって行かなきゃ後悔すると思って
走って行ったのですがRと英語の先生が喋っていて行くにもいきづらく...
途中で止まって話をし始めはなし終わるの待ってました。
気付くと2人は別れ別々の道へ行ってました。
慌てて私は走っていったのですが、
R君は家に入ってしまっていてすでに遅し...
ケド私は後悔しませんでした。
行けた事だけで満足でした。
その日父親がいるのを知っていたので、そのままおばあちゃんの家へいきました。
付いたのが3時頃、家に帰ったのが5時30分。
『ただいま
って言ったら
『どこいっとんたんじゃ!遅いわ!
と父親の怒鳴り声...
『学校今までおったよ!?
っと平然といったら
『嘘付け!なんかしらんけどなぁRって奴から電話あったぞ!?』
と切れ口調で言われ、Happyな気分の怒りへと変化。
部屋に入り、どうしてRから電話着たのか、
それよかなぜ電話番号知っているのか不思議でした。
私は携帯からRの家へ電話をかけました。
しかし、相手は出ません。6時頃電話しました。
『はいOですけど!?』
【えっ!?
まちがっていたっぽくて
『あ、TですけどOちゃんですか?』
『あの、どちら様でしょうか?』
完璧間違えた。
『すいません間違えました。
焦りましたよ...
そして次の日、
『用はなんやったの
と聞くと
『Kの好きな人ってRやんなぁ』(※Rとは又別人です)
『はぁ?そのために電話したん
Rはうんと言いませんでしたがニヤッと笑いました。
『あんた絶対他の用事あったやろ
といっても無視。
それをKちゃんに言ったら...
『あいつ殺す:笑 きっとTにこくるきだったんよ!?
 最近R様子変だもん!』
私はそうならいいなぁっと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです♪

2005年12月28日 17時02分46秒 | Weblog
最近Pcの調子が悪くて最近更新できてませんでした。
行き成りですが、この前生徒会選挙というのがあって、
選挙に出たのですが惜しくも落ちてしまいました。
私が受けた整備部長は私しか受けていなかったのですが
皆さんに認めてもらう数が少し足りなく㊦㊦。
朝その結果を見たとき私はショックで泣きました
号泣です。
その時にR君が私の方を見ながら選挙がどうのこうのと言っていて
私は悔しいし、ショックだしムカムカしていてついR君に向かって
中指を立ててしまいました。
それを丁度見られてしまって、
あたり前ですが怒ってしまって音楽室へ行ってしまいました
【一間目音楽
私は選挙に落ちてショックを受けていた事も忘れ、
R君の事でいっぱいになってしまいました
音楽室へ向かう途中Kちゃんに、
『どうしよう...あほな事しちゃった...
『ちゃんと誤りよ!?ケド、いつもあいつから喋りかけてくるねんから、
 Tから喋りかけてゴメン。て謝りな
『ケド、前みたいな事あるから...心配やぁ
『大丈夫やってTが泣いてた時、ずーっとR、Tのこと見てたよ
 いつもR、Tの事見てるけど、今日はすっごい心配そうに見てたよ
 今さっきも見てたよ
『ありえへんよぉ。ケド謝るゎ。勇気を出して喋りかける
そう言って音楽始まって終わりました。
で、教室に戻る道を歩きながら
『T、T頑張れ。
と言い聞かせ教室入ってふと前を見るとRッッ!!
R君と目が合って目を逸らそうにもそらせなくて、心臓バクバク...
知らずに口が開いてしまい、
『さっきはごめん。Rにあたっちゃって...本間ゴメン。本心じゃないから...
って言いました。
そしたら、ニヤッと笑って
『絶対許さん。
って言ってくれました。
彼の許さないは許す。
だと思っています。
その日はいつもより優しく感じました。もっと好きになりました:笑






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あれからぁ

2005年11月16日 17時53分22秒 | Weblog
私はあれからもち諦めてません!!
相手も普通に接してくれるしww
で、最近私はミサンガを作るのにはまっていて
学校でも作っています!
そしたら、なんとR君が
『あ、俺にも作ってや!』
注文のままに作りました!
出来最高ww
そして、今日あげましたww
私は見れなかったんですが
友ダチに聞いたところ、さっそく付けてくれていたそうですww
馬路嬉しかったです!
明日もついてればぃぃのになぁww
今日は多分これで以上ですww
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちゎぁす☆きいて...そして、ありがとう。

2005年11月09日 22時12分16秒 | Weblog
私はこりずR君の事を想い続けてました。
この前からの
「諦めろよ!」
って平然と言ってくるのです。
けど私は無視し続けました。
毎日毎日
「諦めろよ!」
「早く他の奴みつけろよぉ!?」
「俺なんかやめとけ!」
って、平然といってきて...
私はどうすればと悩んでました。
そんなある日。
R「お前さぁ、いい加減諦めろって!!
 俺の家ヤクザとか、ヤバイ系に関わってるねんで?!」
私「ケド、私は諦めないから。
  そんな言われたぐらいで諦めるような軽い奴じゃないし...」
R「ほんまに諦めてくれって...
  俺彼女おんねんで!?」
私「証拠あんの?付き合ってるって証拠!」
R「あるよ!?本人つれてきたるわ!お前の目の前に!まぁこの学校じゃ無いけどな」
私「写真みしてや!?」
R「写真なんかないし!だから、つれて来るって!」
私「ならもういい。」
私は、実際彼に彼女がいるって信じてません。
絶対嘘です。あれは...
ホントだとしても信じたくありません。
そして、その会話は続き...
R「おい、お前諦めろ!
  じゃないと、お前刺すで?」
手にはカッター。私は脅しだとおもっていました。
私に突きつけるどころか、自分の手首まで切ろうとするんです。
私は、
私「やめてっ?!」
R「なら、諦めろ!」
私「私にやるならとにかく、自分にするのはやめて!?」
そう言ったら、自分にするのはやめてくれました。
しかし、ずっと諦めろといい続けていたので
私は無理と言い続けてました。
けど、やはり突きつけるのはおさまらず...
私は恐る恐るかれの目をみた。
彼の目を見たとき、本気だったんです。
私は彼の目見たときゾクッってしました。
絶対、殺される。
ケド私は諦める事をせず授業中だったのでノートに
私【諦める訳無いやん!】
R【なんで?理由は?】
私は少し悩みました。
このまま私の気持ちをぶつけてしまっていいのか...
そして...
私【私は馬路だよ!?
  Rに、少し虐められただけで泣いたり
  あんたの事で泣いたり...
  今までこんな事無かった。
  だから、私は諦めない。】
R【はぁ?ざけんなよ!? 
  お前、放課後体育館裏来い。
  リンチする。】
私【なんでやのよ...】
R【諦めな馬路ですんぞ?
  女やからって容赦せぇへんから】
私は困った。
リンチされるのは嫌。けど彼を諦めるのもだめ。
すると...
R「2択で答えろ!
  1,諦める 2,放課後リンチする。」
私は彼に。
私「HRまで待って!?
  HRの時に返事だすから。」
R「Kが前にでるまでに答え出さんかったら
  リンチやぞ。」
私「わかった。」
R「俺がカッターもってこんな事してる事Y(担任の先生)にいうなよ?」
私は了承してしまった。
そして、授業は終わり
仲良しのKちゃんの元へ行った。
そして、さっきの事を洗いざらい話し秘密にしてくれるよう頼んだ。
Kちゃんは。
「Tが諦めたくないってのは分かった。
 なら、今だけ答えを諦めるっていいな!?
 私はTが大事だからボコボコにされて欲しくないの。
 だから...その代わり表情に気持ちをだしちゃダメだからね!?」
その時の、いや、今の私でもKちゃんの言うとおりにするしか
道はないと思いました。
そして...HRの時がやってきた。
R「諦めるん?リンチか!?」
私はこの「諦める」って言葉を言い出すのに
時間がかかった。
たった一言なのに、何かが止めている。
すると...
R「おい、はよいえって!」
怒鳴られた拍子に私は止まっていたものが外れてしまったが
声までは及ばず紙に
【あきらめる】
書いてしまった。
すると...
R「お!馬路でやったぁ!」
今までの険悪な感じはなんだったのかといういつもの
Rのテンションに戻った。
そして、私は家に帰って男友達、まぁ言ってみれば元彼に電話をしました。
彼は、小学2年生の頃からの付き合いでお互いの事はわかっているつもりです。
そして、男友達の中で話しやすく、何でもいえ、良き相談相手なのです。
私「もしもし、私。Y?あのさぁ、相談に乗って欲しいねんけど...」
y「どうしたん!?」
そして、私は大体のことを言いました。そして、好きな人の名までいいました。
私は話している間、何回も泣きそうになりました。
y「俺はお前みたいな事なった事ないから分からんけど、あんま気にすんなよ!?
  前もすっごい落ち込んでたしさ!元気出せって!?」
私「うん。ありがとう。」何回も泣きそうになったけどなんとか持ちこたえた。
いついしか、音楽の話になって元気をもらった。
そして、私たちは電話を切った。本当に彼のお陰で元気になれたと思います。
本当にありがとう。K・Y...

今回は絵文字が入っていません。ごめんなさい...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんばんゎw

2005年11月02日 22時30分35秒 | Weblog
昨日、私はいつものメンバーの
M.M、E、M.Tと一緒にユニバーサルに行って来ました!
昨日は学校が創立記念日で休みだったんです
平日といっても、人はまぁまぁ多かったです。
学校を休んで来ている人とかも結構いました
私は、USJでR君のお土産買っちゃいました
しかも、オソロなんです
もち彼は知りませんがね
スパイダーマンのクロのシャーペンなんです
かっこよく、重さも丁度良くて私的にも好きなシャーペン
で、今日の今朝渡しました
『ありがとう。』
だってぇ
もぉ最高でした
ケド...
『お前本気なん!?』
又言われました
無視し続けていたら...
『お前付合いたいん!?』
顔が赤くなりつつも無視
すると...
『付き合って欲しい!?』
って連破してくるんですよ!?
しかも授業㊥
私は
『付き合えるなら付き合いたいけど...』
と、ボソって呟いてしまいました。
なら
『えっ??なんて!?』
って聞かれましたが誤魔化しました
まぁ、そこを切り抜けなんとかいつも通りに持っていきました。
私はすっごい嬉しかったことがあります。
それは、R君が私があげたシャーペンを使ってくれていた事です
私も使いたいけど、さすがに無理なんで
肌身離さず持っています
ちょっとおまけ
最後の学活で、R君に漢字の問題をだされました。
そのあとに、都道府県の問題も...
Q1,九州は何個県がありますか?
という問題で私は、沖縄、鹿児島、長崎、大分、熊本、までしか答えれなくて馬鹿にされました。

話を変えて...

今日は私の誕生日です
イェイ
クラスで仲のいいKちゃんと同じ誕生日で
プレゼントもらっちゃいましたぁ
私もあげちゃいました
他の人からもプレゼント貰いました
皆さんありがとうございました

それでゎwww
R君 R君 R君  私
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんばんはww

2005年10月29日 23時08分06秒 | Weblog
た、大変な事が起きてしまいました。
授業中いつもいつも
『好きな人誰!?』
の連発で飽き飽きしていました。
と、この前行き成り
『なぁ、お前の好きな奴ってM・Rで7文字やんなぁ...』
っていわれて、私は動揺してしまい思わずうんと言ってしまいました。
すると
『返事はNOだから。』
はい?
いきなりの事にあぜんでした。
あっさりと言われ泣きそうになりました。
私は何も言えなくなり、授業すら聞いてもいなかった。
するとR君は
『え、お前本気やったん?』
と聞いてきたのですか、私は轟然としていて返事できませんでした。
何回か同じ質問をされ、私は言いました。
『う、嘘に決まってるやん!私の好きな人は○○だよ!!ねっ』
と、同様を隠せない態度で後ろのfmさんに言いました。
ちゃんとあわせてくれていて
『そうそう!!○○やで!!』
笑顔で私は言っていたけど、心の中ですっごく泣いていました。
休み時間とかフツーに
『M・R』
だなんて、自分の事なのに平然とし何事も無かったかのような態度でビックリ。
そして、最もショックな事を言われました。
『他の好きな男みつけーや!』
心のどこかに大きな穴を無理やり空けられたみたいに痛かった。
しかも笑顔でいうんですよ!?
あの時は耐えれなくて笑える状態じゃありませんでした。
だから、私は言ってやりました。
『私はそんな軽くない。諦めたりなんかしない。』
まぁ、声は小声でだけど...
それに、私は彼に告白もしていないのに諦めるなんて絶対無理!
告白してふられたって言ったら、あきらめなきゃしょうがないかなって思うケド
告白してないから諦めない。
まぁ、ふられても諦めないと思いますが...
まぁ、そう言うことです。
また連絡します!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちわーっす!

2005年10月25日 23時46分02秒 | Weblog
最近私は、とっても幸せです。
喋れるだけでも幸せなんですけどね!?
最近R君は、ちょっと(?)
調子乗りすぎで最近ムカっとしてる時が良くあるんです。
まぁ、内容は物を取ったり、ちょっとした暴力を振るったりと
ガキのする事同様なんですけどね...
しかし、私の家の環境もと同様ガキのする事しまくりなんです。
親も対外そうです。
夫婦喧嘩なんてガキの喧嘩。それ+暴力ですかね
だから、私はR君の暴力とかは別に大丈夫なんですけど
まぁさすがの私でも溜め込んでる袋がそろそろ限界なんですよ...
親にR君に...
それに、その暴力とかが友ダチにたまにいったりするので
さすがにそれはですよ!
たまに、
【なぜ、好きになっちゃったんだろぉ
って後悔もしてしまう時もあります。
ケド、好きという気持ちは変わりません
話は変わりますが私の幸せを聞いて下さい。
学校では、R君はいつも授業中寝ています。
今日は2時間30分ぐらいでしょうか!?
休み時間を入れてずっと寝ていました。
その寝顔が私は何となく好きなんです
たまに授業が暇な時R君の寝顔をノートに書いちゃったりしていて
自分自身やばい奴と確信しています
最近では授業中R君は寝ているので彼からノートを借りて私がノートを書いています。
彼のためになる+自分自身勉強になる=一石二鳥
嫌いな教科で寝たいのですが彼のためって思えば起きていられるという
私がある意味凄い気がします。
それに私は一昨日友達と一緒に彼の家を放課後探しにいきました。
最初に私は何かの罰ゲームで探しに行かせるよ!?って言ったら
じゃぁ探しに行こうという話になったのがきっかけでした。
私にとっては家を知らなかったので、ラッキーでした。
しかし、一向に家はみつからず諦めていた時友達が見つけてくれたのです。
葉っぱに表札が隠れていて、文字も見にくかったので
私は友達が見つけてくれなければすどうおりでした。
友ダチに感謝です。
まだまだ私の幸せはたくさんです。
見てくれた人はあきれ返っている人も少なくないと思います。
ケド、私の幸せを皆に知って欲しい=自慢?
こんな想いなどしている人とお話してみたいと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加