アガベシロップレシピ

万能甘味料のアガベシロップ。
健康と美容のために、簡単お料理、一緒に作りましょ!

アガベで自家製トマトケチャップ

2017年04月25日 23時26分38秒 | フードコーディネターが教えるアガベレシピ

爽やかで過ごしやすい季節にになりましたね。

そして店頭の野菜や果物も春から夏にむかい変化しています。

1年を通じてだいたいの野菜や果物は手に入りますが、やはり旬を迎えたものは

安くて美味しいですよね。中でも身近かで、よく使われるトマトも旬を迎えています。

夏が旬に思われている事がありますが、トマトは本来

高温多湿に向いていない為、真夏のものは味的にはベストといえなく、

春から初夏にかけてのトマトが味的に旬と言われています。

そしてトマトは栄養価の高い野菜ですが、なかでも注目すべき栄養素のリコピンが

豊富に含まれています。

リコピンは強い抗酸化作用を持っており摂取することで、シワやシミの予防や

またアンチエイジング効果もある為、肌の老化防止などの効果が期待されています。

他にもリコピンは身体に脂肪が蓄積するのを防ぐので

ダイエット効果があると言われています。

今月のレシピはそんな栄養たっぷりのトマトをギュッと濃縮した

自家製のトマトケチャップをご紹介します。

市販のケチャップによっては色々な添加物や沢山のお砂糖が入ったものもあるので、

自家製で、さらにアガベで作れば心配がなく食べられますね。

お料理にも、食卓にも欠かせないケチャップ。

自家製でトマトたっぷり、深い味わいを実感しみてください。

そしてケチャップをたっぷり使った懐かしのナポリタンもご紹介致します。

 

アガベで自家製トマトケチャップ

<材料>

完熟トマト 1㎏弱(大6~7個)

玉ねぎすりおろし40g(中1/4個)

アガベシロップ・・・・・大さじ4

バルサミコ酢・・・・小さじ2

塩・・・・・・・10g

ベイリーフ・・・・・2枚

鷹の爪・・・・・1本

シナモン・・・・・1/3本

こしょう・・・・8粒

クローブ・・・・3個

タイム・・・・小さじ1/2

 <作り方>

①    トマトは湯むきし、半分に切り種を除き、ざく切りにしてフードプロセッサーにかける。

②    鍋に➀、他の全ての材料を入れ強火にかけ、沸騰してアクが出てきたら取り除き、

   弱火で1時間~1/3量に煮詰まるまで焦さないよう時々混ぜながら加熱します。

③    ②の鷹の爪、ベイリーフ、クローブ、黒胡椒、シナモンを取り除きをフードプロセッサーにかける。

④    ③を鍋に戻し、中火弱で焦さないよう3分煮詰める。

   保存容器に入れ粗熱がとれたら冷蔵庫で保存。2週間以内で食べきる。

 

 懐かしのナポリタン

<材料 2人分>

ウインナー・・・4本

玉ねぎ・・・・・1/2個

人参・・・・・・20g

ピーマン・・・・・2個

にんにく・・・・・・1かけ

スパゲッティー・・・・160g

塩・・・・・・適宜

こしょう・・・・少々

自家製トマトケチャップ・・・1/2カップ

サラダ油・・・・適宜

バター・・・・・8g

お好みで タバスコ、粉チーズ、粗びき黒胡椒

 

<作り方>

➀玉ねぎはスライス、人参、ピーマンは千切り、にんにくは薄くスライス、

 ウインナーは斜めにスライスする。

②スパゲッティーはタイミングをみてゆでておく。

③フライパンにサラダ油、にんにくのスライスを入れ弱火で炒め香りがたってきたら、

 人参、玉ねぎ、ウインナー、ピーマンの順に中火炒める。

⑤ 具材を端に寄せて、ケチャップを加え強火で水分を飛ばすように炒める。

⑥ スパゲッテ―、バターを加え全体をムラなく炒めあわせ塩、こしょうで味を調える。

 器に盛り付けお好みで粉チーズ、タバスコをかけていただく。

 

<レシピ提供:柳瀬真澄>

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アガベでフルーツビネガー | トップ | アガベでジンジャーシロップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。