いわき市・子年生まれの”オヤジ”

草莽崛起
日本人よ、歴史を取り戻せ!

鳩山由紀夫元首相が再び珍妙な持論を雑誌で披瀝

2017年05月17日 12時21分25秒 | 国際・社会
封印していなかった「日本列島は日本人だけのものではない」

 「日本列島は日本人だけのものではない」。鳩山由紀夫元首相(70)がこう発言したのは、旧民主党幹事長時代の平成21年4月。国家意識の希薄さをうかがわせるだけに、この発言を耳にした人の多くはあきれかえったに違いない。あれから約8年。その考えは不動のようで、最近も同様の発言を繰り広げている。幹事長当時、日本列島は「すべての人間」のものとも語っており、その発想は不安定な東アジア情勢を考えると空恐ろしくなる。

 「もともと日本列島は日本人だけのものじゃなくて、それは海外からこっちに住んでくださってる方も、あるいは日本列島に住んでいる人間以外の生物、みんなのものなんですよ」

 この発言は約8年前のものではない。今年4月15日に発行された、変革のための総合誌『情況』春号に掲載されたインタビューで語った内容だ。

 21年4月17日にはインターネットの動画サイト「ニコニコ動画」に出演し、「日本列島は日本人だけの所有物じゃない。もっと多くの方に喜んでもらえるような土壌にしなくてはだめだ」と強調。その真意を問われた鳩山氏は同月24日に党本部で行った記者会見でこう語り、聞いている者を驚愕させた。

 「これ(発言)は大きなテーマ。まさに愛のテーマだ。(自らが)友愛と言っている原点がそこにあるからだ。地球は生きとし生けるすべての者のものだ。日本列島も同じだ。すべての人間のみならず、動物や植物、そういった生物の所有物だと考えている」

 もっとも、その使われ方は約8年前と今では異なる。幹事長時代はニコニコ動画で「定住外国人は税金を納め、一生懸命頑張っている。その人たちに参政権ぐらい当然付与されるべきだと思っている」と語っており、「日本人だけのものではない」ことを、永住外国人に地方参政権を付与すべきだとする考えの根拠にしている。

 ちなみにこの主張について、国士舘大の百地章特任教授は21年10月23日付の本紙朝刊「正論」欄で「国家とは政治的な運命共同体である。それ故、わが国の運命に責任を持たない外国人に対しては、たとえ地方参政権であっても認めることはできない」と喝破している。

 追い打ちをかけるように、ジャーナリストで元旧民主党衆院議員の木下厚氏は、27年1月10日に発行した著書『政治家失言・放言大全 問題発言の戦後史』(勉誠出版)で「納税は道路、水道、消防、警察などの公共サービスを受けるための対価であって、参政権付与とは関係がない」と指摘している。

 さて、今回はというと、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設について「1300のまだ分類されていない生物種があるんだという。その中には当然絶滅危惧種とか、あるいは新種だってあるかもしれない。それが全く分類もされないまま、強引に基地、飛行場を作るために埋め立てられようとしている」と主張。

 その上で、日本列島は「日本人だけのものじゃなくて(中略)人間以外の生物、みんなのものなんですよ。そういった声なき声を無視するような、強引なやり方ということで進めている」と話している。生物の声にも耳を傾けよといわんばかりだが、市街地に位置する普天間飛行場の危険性を早急に取り除くことがいかに重要かは、もはや論をまたない。

 普天間移設をめぐり、あれだけ混乱に混乱を重ねたにもかかわらず、鳩山氏の沖縄に対する「愛情」は相当なようで、『情況』ではこんなことを口にしている。

 「ありがたいことに、わたしは今どこを歩いていても、沖縄の方々が一番優しいなと感じるんですよ。肌身にやさしさを感じますね」

 「本土の人から見ると沖縄なんかに、鳩山はもう二度といけないだろうとみたいに思ってるんじゃないかと思うんですけど、ところが一番あったかいんですよね」

 鳩山氏の不動の持論には「東アジア共同体」の実現もある。昨年6月10日に発行された共著『沖縄自立と東アジア共同体』で「構成国は固定する必要すらないと思っている」「必要に応じて米国やロシアなどを加えるべきとも思う」と記しており、どうにもイメージがつかみづらい。鳩山氏はこの東アジア共同体の会議体を沖縄に誘致したいと考えている。

 そんなことを考慮してか、旧民主党沖縄県連は鳩山氏に対し、26年6月に同年11月の同県知事選への出馬を要請した。だが、鳩山氏は「民間人の立場で活動に専念したい」として出馬を拒否した。次期県知事選は早くも来年末に行われる。同書では「総理在任中に『最低でも県外』も『東アジア共同体』も実現することはできなかったが、けっして諦めたわけではない。今でも方向性は正しいと思っているので、その実現に向けて、微力であろうとお手伝いしたい」とも明記している。

 沖縄県民に歓迎されていると感じているのなら、この際、「お手伝い」と言わず、来年の知事選に出馬してはどうか。そんな皮肉の一言でも言いたくなる。

 蛇足だが、昨年6月23日に発行された共著『誰がこの国を動かしているのか』(詩想社)で鳩山氏は首相時代に菅直人元首相(70)にこんなことを言われたことを明かしている。

 「普天間問題はたいへんだ。でも普天間を忘れさせるためにはもっと大きな問題を言えばいいんだよ。それが消費税増税だ。だから消費税増税を提案しなさい。そうすれば普天間は忘れられるから」

 鳩山氏は「そんなことはできない相談だ」と提案に対し首を縦に振らなかったという。菅氏が首相に就任した途端に、消費税増税を訴えたのは周知の事実だ。

 普天間移設で迷走した鳩山氏に、その問題に真正面から向き合わなかった菅氏。民主党政権が終焉してから約4年半。当時を思い出すたびに虫ずが走る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「9条は日本を危険にさらす... | トップ | 動き出した憲法改正 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。