アガサとお茶を

ウィンザー城の近くにあるちっちゃな村から、イギリスの何気ない毎日をお届けします。

マドリッド食べ歩き 

2017年05月12日 | 旅行記‐海外編
マドリッドの街には魅力的なお店が溢れてました。特にイベリコハムのお店が多い! さすが本場だね。でも中には『これってホントにイベリコ?』って言いたくなるくらいお安いものもあってちょっとあやしかったな。笑 教えてもらったところによると、本物のイベリコかどうかは足の爪を見ると分かるらしいですよ。
  

まずはメトロで繁華街の中心SOLへ。そこからぶらぶら食べ歩きをしながら帰ってこようという計画を立てました。
  

SOLはロンドンのピカデリーサーカスみたいなところだね。夕暮れをバックにライトアップがきれいです。
 

何がいくらで食べられるか一目瞭然の親切なお店だな。イベリコハムとイカフリットとビール5本で10ユーロってめちゃくちゃ安いよね。
  

このバルはエビが専門みたい。
 

このお店は貝専門。美味しそうなマテ貝のディスプレイに思わず足が止まりました。入りたかったなー。でもダンナさんが貝類苦手だからね…。


さて、ついに一杯飲み屋に初挑戦! 店の中に入ったはいいもののどうやって注文したらいいのかとかよく分からなくてちょっとドキドキ。。。
 
 
とりあえずメニューを見る。なんかとってもお安いんですけど!? 言葉が分からなくても指でさせばいいから楽チン!
 

それにしてもビールもサングリアも1杯1ユーロってロンドンじゃ考えられない安さだね。
このコロッケのプレートも6ユーロしないんだよ⁉ 普通においしいし、見ての通りのボリュームだし、マドリッド万歳‼
 

ちょっと慣れてきてメニューにないものもオーダーできるようになりました! 
このちっちゃいパスティの盛られたお皿はなんと1ユーロ!安いっ‼そして激ウマっ!!! そのせいか常連さんぽい人たちはみんな頼んでました。


ふ~、満足満足♪ お腹が落ち着いたところで次を求めて移動します。どこもライトアップがきれいだなー。
  

アトチャ駅の近くにあった一杯飲み屋に入ったけど、うーん、残念ながらイマイチ…。他にいい店はたくさんあります。
 

マドリッドの隠れ名物『イカフライサンド』を試せたのは良かったけど、これはもっともっと美味しいはず。つくづく残念だわ。。。
ちなみにもう一つの隠れ名物は『金魚鉢くらいある大きいグラスに入ったジン&トニック』なんですよ。わかります?この大きさ?
 

気を取り直してホテルから歩いて数分のところにあるスーパーに行ってみました。結構夜遅くまでやってるみたいで便利。
トマトジュースの種類の多さにびっくり。
  

ZENという飲み物があったので名前に惹かれて買ってみました。味は生姜と梨とリンゴの組み合わせ。結構おいしかったよ。
ワインは赤と白を一本ずつ、こちらはあくまでも見た目がかわいいからという理由のレーベル買い。笑 ハズレではなかったよ!
 

マリオの人気は不動ですね。スペインの人たちって本当に日本のゲームとかアニメとか好きよね。右はセールになってたので買ってみたデザート。ライスプディングのようなものかなーと思って食べてみたけど、不思議な味過ぎて形容できん。。。
 

お土産に定番のタコと、興味本位でピーマンの詰め物の缶詰を購入。右はヌガーのようなお菓子。クリスマス時期に売られるみたいでスペイン人の中にこれを嫌いなはいないんだとか。確かにオフィスの同僚にも大好評でした。
  

滞在中どーしてもナゾだったのがこれ。バーガーキング。いたるところにあったのよ! いや、私もバーキンは好きだけど…。こんなに安くておいしいものがあふれている街でなんで!?って思わずにはいられなかった。結局は『ないものねだり』なんでしょうかね…?








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AC Hotel by Marriott Carlto... | トップ | Casa Nicasio マドリッド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。