AgathaChristie'sBlog

子供のころから愛読しているアガサ=クリスティーやイギリスに関することをミステリー中心に好きなことを書いていきたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『杉の柩』~ドラマ編

2005-08-31 | ポワロ
今日やっと2本見れました。
『ナイルに死す』はなんだかいつもと違う感じと思ったのですが、『杉の柩』、『五匹の子豚』はそんなに変わってる感じでは無かったです。
やっぱり監督や脚本で大きく変わりますね。
今回どちらもぴったりのキャストで安心して見れました。

クリスティーは『杉の柩』にポワロを出したことで失敗したといっていますが、私はこの話がとても好きです。
今回の放送した『ナイルに死す』、『杉の柩』、『五匹の子豚』、『ホロー荘の殺人』とあと『満潮に乗って』は特にポワロものの中でもラブロマンスだなと思っています。

さて『杉の柩』の話。
原作を読んだときから私はこのロディーにアーチボルト=クリスティー(クリスティーの初めの夫)が投影されていると感じています。
イメージとしてはすごく好青年でハンサムなんだけど人がつらい思いをして悲しんでるときにそういう状況が我慢できないで逃げてしまう人ってところでしょうか。
クリスティーの自伝に書かれているアーチーしか知らないのでそれだけで言ってしまうのはいけないことかもしれませんが。

ピーター=ロードの役者さんががとても格好いいのでよかったです。
とても好きなキャラクターなんです。
何度原作を読んでも、ばかロディー何ぞよりもピーター=ロードの方が絶対いいじゃん!て思ってしまうんです。
だからこの話のエンドが好きなんです(ネタばれちゃいますね

メアリー=ジェラード(私の持ってる文庫の旧版はメアリー=ゲラード)はかわいくて現代的な感じでしたね。
もっと清楚ではかない美貌のイメージがあったのです。
私はこのメアリーがクリスティーの美女たちの2番目か3番目の美貌の持ち主なのではないかって思ってるんです。
あまり性格的なことは「いい子だった」ばっかりで魅力ある感じではないのですが美貌だけで人をポーっとさせるってよっぽど綺麗でないと。

ただ個別尋問で謎を解き明かすのはいつものポワロらしくないですね。
今回同情の余地全然無いですから。
それにクリスティーの法廷物は『検察側の証人』と『杉の柩』、ほかは…ちょっと思い出せないんですが少なかったと思うんです。
せっかくなので法廷で解き明かしてもよかったのに。なんでかな?

あとドラマで好きなところはエリノアがピーター=ロードと最後に会うところで口紅の色が赤からピンク変わっていたところ。
心の変化をちょっとしたところなんだけど気を使ってるなって感じます。
肌の白と赤のコントラストがきつすぎて張り詰めた印象からやわらかくなったのが見ただけでわかりますもの。

あら気がつけばポワロのことをほとんど書いていない。
確かにピーター=ロードが探偵役でもいい内容だし、クリスティーが言っている意味もなんとなくわかる気がします。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ナイルに死す』~ドラマ編 | トップ | 『五匹の子豚』~ドラマ編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
杉の柩(名探偵ポワロ) (ミステリ通信「みすみす」blog)
NHK-BSホームページ (´ヘ`;)ハァ。今日も本題に移る前に。。。 この日は放送1時間前から視聴録画準備万全でした。余裕をかまして、WOWOWで放映していたルパン三世を見ていたくらいでした。 しかし、、、眠ってしまったんです。 視聴録画準備万全だったのだから、眠って